「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (108)
  • (175)
  • (177)
  • (55)
  • (8)
本棚登録 : 1303
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104738045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 苦笑・爆笑・微笑。何回もニヤニヤしたり噴き出したりしながらページをめくりました。(電車で読むのは厳重注意!)コントみたいに噛み合っているんだかいないんだかわからない会話。クールなんだか熱いのかわからないキャラクター。超進学校のそこそこ強い野球部をテーマにした時点で作者は勝利していたのかもしれません。勝利といっても高校生と一緒になってモヤモヤヤキモキしてるだけなのですが…その柔らかな取材スタンスにLOVEを感じます。それぞれ自分を客観視しながら自己分析する開成野球部員のコトバとステレオタイプな頑張りに自分をうずめる普通の野球部員のコトバの違いがこの学校のユニークネスを明らかにしていると思いました。ただ、客観的な「は」を主観的な「が」にしなければ!という壁も感じている訳で、そのジレンマも面白い。生徒もそうですか青木監督もハッキリ言ってヘンテコです。色んな野球を存在させるために甲子園ってあるのかな、と思いました。愛すべきヘンテコ開成野球、いつか甲子園に出る日を待っています!

  • 開成高校野球部にノンフィクション作家の著者が密着して、その野球に対する独特な誉れを追いかける内容です。

    個々の力が弱く、練習量も圧倒的に少ない開成高校野球部は、それを十分自覚した上で野球のセオリーを逸脱して勝つ戦略を模索します。開成高校生の自然と野球からも何かを学び取ろうとしたり、自主練にもそれぞれの理論を持ち込んでそれを実験しようとする姿は純粋でした。あくまで強豪校に勝つことを目的とする姿勢は読んでいて心地よかったです。

    野球が好きな僕はもちろん面白く読めましたが、あまり興味のない人でも楽しめる内容だと思いました。

  • なんか面白い。

    あの有名な進学校の開成高校野球部の一風変わったルポです。

    一言で言うと下手なんですが、頭の良い子達が下手なりに一生懸命野球をやってます。

    コンセプトは大量得点でどさくさ紛れに勝つ!

    これで東京で二、三回勝つというのだから凄いです。

    その戦術の紹介もありますが、 秀才が真剣に野球やると、こんな面白いこと考えてるんだよ!っていうのがメイン。

    頭が良い分、理屈が先に立ち、変なことばかり考えてる様子や、監督とのやり取りが可笑しくてしょうがない!

    頭が良い子って、普通の子と思考回路が違うんですね。

    この可笑しさは読まないとわからないので、野球をやったことがある人は是非読んでください。

    オススメです。

  • 「チームに貢献するなんていうのは、本能じゃないはずです。思い切り振って球を遠くに飛ばす、それが一番楽しいはずです。生徒たちには「自分が主役」と思ってほしい」という監督のユニークな指導方針で超進学校である開成高校野球部の苦闘?ぶりを描いたドキュメント。
    自分自身はこんな指導者の元で野球がやれていたら、さぞかし楽しかっただろうなと思いながら一気読みでした。
    それにしても、自分の高校時代の野球って一体なんだったんだろう

  • 開成高校野球部だったらさぞやデータに基づいた頭脳を生かした練習や作戦を立案しているだろうと思いきや、ほぼ全く逆。実名で登場する生徒達が明晰な頭脳でいろいろな問題や自分自身を分析しながらもうまく行かず、でも最後は「野球が好き!」と明るく言っているのがとてもホッとさせられました。同時に生の優秀な高校生の生活が垣間みられるのも面白かった。ああ、本当の秀才ってこうやって暮らしてるんだ、考えてるんだと思うと、自分が高校生の時に(っていうか今も)いかに時間を無駄にしているのかと思い知らされた。たぶん監督が求めてるのは秀才の野球部員に対する「天才が持つ爆発的なパワー」。そして、高校生というまさに青春真ッ只中、失敗や理屈を飛び越して思いっきり好きなことを楽しめという教え。それが出来た時「天才的な爆発」が生まれて甲子園出場になるのかもなあ。笑って考えて、ちょっと自分の青春も思い出しちゃう本。

  • 弱くて練習時間も短く、環境的にも劣ってるチームがどうしたら勝てるのか、目から鱗の話で面白かった!
    野球を知らないとどうなのかなぁと思うけど、考え方としてはすごく面白いと思う。
    強豪校と同じようにしても勝てるはずがないし、無駄。
    潔くバッサリ要らない所は切り捨て、とにかく思い切り降って当たるのを待つ。野球以外にも通じるものはあると思う。

  • この本は文字通り開成高校野球部のノンフィクションであり、どうやって強くなってき…、否、開成高校は強くない。そして、勝ってない。
    『弱くても勝てます』なんてタイトルを付けられたら、ストーリーのエピローグには勝ち試合の後の選手たちの清々しいインタビューでも読めたらいいのだがそんなのもない。
    でも、来年の夏の楽しみがひとつ増えた。野球は9回2アウトからというが、試合すらまだ始まっていない。弾けろ!開成高校野球部‼︎

  •  何度も笑ってしまい、妹にうるさいなと怒られた。野球で勝つために必死なんだけれど、必死のポイントが他の強豪校とは違っていておもしろい。守備は、大きく崩れない限りエラーをしてもオッケイ。それより、どさくさに紛れて得点するという野球。思いっきり振る。ボールに当てるのでなく物体に当てる。賢い子たちなので何事も論理的に説明し、練習は、仮説と実験の場。発想が面白い。週に一度の練習でいかに勝つかいろいろ考えて試しているところがおもしろい。根性論でないところもいい。

  • 秀実さんらしい着眼点がおもしろい。
    他の高校じゃ絶対レギュラーにはなれないよね。
    普通、スポーツって感覚重視で、あまり理屈や理論を
    考えてやらないけど、頭のいい人は何事も考えすぎちゃって、
    考える前に行動ってのが苦手らしい。
    そんな子たちを指導する監督がやっぱすごいわ。

  • 開成高校の野球部をモチーフとし、戦略構築の考え方が学べる一冊です。開成の野球部というだけで、本になってしまうとうこと自体が、すごいことですよね。
    「苦手と下手は違うんです。苦手は自分でそう思っているということで、下手は客観的に見てそうだということ。」(P13)、「甲子園の常連校がある意味異常な世界で、開成が普通。」(P16)、「俺のところに来るな!はいい。来るな!というのは割り切った強い気持ちですから。割り切った時点ですでに強い気持ちになっていますから。」(P58)、「ムダだからこそ思い切り勝ち負けにこだわれるんです。じゃんけんと同じです」(P87)が印象に残りました。

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリーのその他の作品

高橋秀実の作品

ツイートする