シャドウマンサー

制作 : 亀井 よし子 
  • 新潮社
2.70
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105051716

作品紹介・あらすじ

舞台は18世紀イギリス。全世界を支配できる力が手に入るという魔法の品"ケルヴィム"が暗黒の牧師の手に落ちた-。世界は、暗闇にとざされてしまうのか?13歳の少年トマスと幼なじみの少女ケイト、そしてケルヴィムの鍵をにぎる謎の青年ラファーが、いま立ちあがる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリアスな物語展開で、登場人物にまつわる環境や人間関係、そしてこの物語の大黒柱である宗教観に惹かれました。ラストの展開まで引っ張られていたのですが、最後はちょっと展開がせっかちだったような気がしないでもありません。読了後、物足りなさが残りました。

  • トマス、ケイト、ラファーの3人で、世界を支配することのできる、ケルヴィムをめぐって、悪に立ち向かう、冒険ファンタジー。ハリポタよりすごいとか、43カ国で話題沸騰!なんて、前評判が良かったわりには、実際どうかといえば、ちょっと、考えてしまう。

  • とりあえず牧師がこんなもの書いちゃいけないんじゃないかな……。あ、でも何教の牧師とかって書いてないねこの作者紹介。

  • 感想は<a href="http://naotya.exblog.jp/d2006-07-10" target="_NEW">ブログ</a>に。(06.07.08読了)

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする