ナボコフ・コレクション ロリータ 魅惑者

  • 新潮社
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105056100

作品紹介・あらすじ

読み直すたびに新たな発見がある20世紀文学に聳える最高傑作の完全版。少女への倒錯した愛を描く恋愛小説であり、壮大なロード・ノベルであり、ポストモダン小説の先駆でもある。数々の謎を孕み多様な読み解きを可能とするナボコフの代表作「ロリータ」。ロシア語版との異同の注釈を付したその増補版に、少女愛モチーフの原型となった中編「魅惑者」を併録。ナボコフ・コレクション全5巻完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • しつこいくらいに愛を語るハンバード。彼が語り続けるこの話を愛と呼ぶかどうか、、、。愛だと自分自身にも信じ込ませようとしている可哀想な男性にしか見えなかった。ロリータに誘われた。そんな書き方もあるけれど、この小説を「手記」としてナボコフは書いている。どこまで語り手の言葉を信じるのかは読み手によって違う。だから今でも色んな論争が巻き起こる。すべて読み終わったあとに「序文」読み直して呆然とした。そこに全部書かれているのに初めは気づけない。

全1件中 1 - 1件を表示

ウラジーミルナボコフの作品

ツイートする
×