熱帯雨林の彼方へ

  • 新潮社
3.47
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 72
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105067113

作品紹介・あらすじ

瀧井朝世さん熱烈推薦、南米マジック・リアリズム文学の大傑作! アマゾンの密林に奇跡が舞い降りた! 万能の力を持つ物質の出現、人々の苦痛を癒す魔法の羽、幸運の予言を齎す伝書鳩、腕や乳房が三つある男女。そして物語の語り手は、日系移民の男の周囲を飛び回る謎の球体……歓喜と興奮の坩堝と化したこの地に、何が起きようとしているのか。想像力の極みで描かれた名作、待望の復刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あらゆる要素をごたまぜにしたカラフルな物語。エコロジカルなテーマはあるものの、消費社会に踊り狂う大衆の狂乱はえげつなくも朗らかだし、環境破壊の末の突然変異による動植物はおぞましくも美しい。ブラジルの敬虔で陽気な風土に巻き起こる奇怪な出来事が散々ミックスされたあげく、残滓の混濁物からの萌芽に光を刺す。いろいろ誤ったりダメージ食らって死にかけたりしてもこんくらいのことで凹たれぞ、と自然と人間の逞しさに胸躍る。羽ばたくイマジネーションに乗ってどこまでも行ける。終盤の切ないエピソードもひっくるめてべら棒に面白い。

  • 祝復刊

    新潮社のPR
    未掲載

    二つの国の視点から 第13回 カレン・テイ・ヤマシタ~自分の居場所を問い続ける日系3世作家 - WEBマガジン[KAZE]風
    http://kaze.shinshomap.info/series/japanese-american/13.html

  • 繝悶Λ繧ク繝ォ縺ォ貂。縺」縺滓律譛ャ莠コ縲∝推蝨ー縺ョ繝悶Λ繧ク繝ォ莠コ縲¨Y縺ョ繧「繝。繝ェ繧ォ莠コ縲√ヵ繝ゥ繝ウ繧ケ莠コ窶ヲ繧ゅ→繧ゅ→髢「菫ゅ↑縺?ココ縲?′辭ア蟶ッ髮ィ譫励?荳ュ縺ァ逋コ隕九&繧後◆迚ゥ雉ェ繧偵″縺」縺九¢縺ォ縺ゥ繧薙←繧鍋ケ九′縺」縺ヲ縺?¥縲りイエ驥阪↑雉?コ舌d迚ゥ雉ェ縺瑚ヲ九▽縺九k縺ィ縺薙≧縺?≧縺薙→縺瑚オキ縺阪k縲√◎縺ョ讒倥?逶帙j豐「螻ア縺ィ縺?≧縺矩仭鮠サ蜿ォ蝟壹→縺?≧縺銀?ヲ蝓コ譛ャ逧?↓縺ッSF縺ァ縲∝燕譖ク縺阪?縺ィ縺薙m縺ォ譛ャ菴懷刀縺ッ縲後ヮ繝エ繧ァ繝ゥ縲阪〒縺吶?√→譖ク縺?※縺ゅ▲縺溘′縺セ縺輔↓縺昴s縺ェ諢溘§縲√Λ繝?Φ繧「繝。繝ェ繧ォ縺ァ逧?s縺ェ縺梧ッ取律讌ス縺励∩縺ォ隕九k繝?Ξ繝薙ラ繝ゥ繝槭r荳?豌苓ヲ九@縺ヲ縺?k繧医≧縺ォ縲√◎縺ョ螻暮幕繧呈・ス縺励a繧倶ス懷刀縲
    繝槭ち繧ォ繝ウ縺ィ縺?≧縺昴?迚ゥ雉ェ縺後■繧?▲縺ィ蜃コ譚・驕弱℃縺ェ豌励′縺励※譛?蠕後?譁ケ縺ッ縺願?縺?▲縺ア縺?↑諢溘§縺ォ縺ェ繧九¢縺ゥ縲√◎繧後b繝?Ξ繝弱Χ繧ァ繝ゥ縺」縺ス縺上※濶ッ縺??縺九b縲

  • 凡作だと感じた。
    未知のプラスチックの土地マタカンを中心に、世界各地から、衛星のごとくボール(が語り手)を従えた男、予言を運ぶ伝書鳩、巡礼で奇蹟を起こす少年、腕が三本の男、などなどなどなどが集まってくる。
    筋立てを聞くと面白そうだし、奇想天外ではあるのだが、それらに脈絡がないというか、裏付けのない奇想だけをぽんぽんと放られているというか。
    ラジオやテレビで一斉に拡散して有名人になる、という各個人の在り方も、薄っぺらい感じがした。
    エコロジーにつながるテーマも、うーん。
    が、最終章での急激な崩壊と仮借ない死の連鎖は、やや琴線に触れるものがあった。

    ラテラメ文学に期待するものが、(「オスカー・ワオの……」といい、)若干ずれているのか。
    手法がポップなのはいいが内容がポップだと肩透かしに感じるのか。
    アヴァンギャルド小説はいいが単なるスラップスティックだと小説として弱いのか。
    などなど考えた。
    ネット上での好評を読むと、それぞれに納得はするのだが、実物を読んでみて血が沸き立つものが感じられない。
    要は好みからずれているのかな。

  • 三田Lib

  • 粗筋を紹介することに意味を見いだせないタイプの小説。マジックリアリズムの系譜と評するのも良い、SF・ファンタジーの一種として記憶するのも良し、現代米国文学の収穫と評するのも勿論言い過ぎではない。とにかく賑やかで、明るく心湧きたつ仕掛けに満ちている。
    眉間の前にフワフワ浮かぶ小球体を持つ男の奇想天外な物語、と聞いて抵抗感を感じない向きには、頁をめくって欲しい。

  • おもしろいと言うウワサは聞きつつ入手できずにいたんだけど、めでたく再刊。ラテン系マジックリアリズムは前から好き、というか、読んでて気づいたのが、オイラは「人間がいかに抵抗しても、もっと大きな力で崩壊していく過程」みたいなものが好きなんだな、と。「百年の孤独」のマコンド村が崩壊していくあたり、「族長の秋」「予告された殺人の記録」あと、敵も人間なんだけど、圧倒的に追い込まれるという点で「HHhH」や「チボの狂宴」の後半、日本でいうと飯嶋和一の「神無き月十一番目の夜」とかね。何だよ、暗い、暗いなぁ。でも好きなんだよね。
    まぁ、それだけの話ではないです。そこに至るまでの過程も十分おもしろい、というか本来はそこに至るまでの奇想天外なキャラクターとかが一番の見所だろうなぁ。でも、オイラはね…(以下ループ

  • 正に『ラテンアメリカ的混沌』を具現化したような内容で、長らく品切れになっていたのが信じられないほど面白かった。
    マジックリアリズムというと南米文学、というイメージがあるが、この作品に関しては、ごく初期のマジックリアリズム、『巨匠とマルガリータ』辺りを彷彿とさせる。特に色彩感覚にはブルガーコフとの共通点を感じる。

  • 旧版で既読。

  • 3本腕のビジネスマンと3つの乳房を持つフランス人の鳥類学者のロマンスなど、リアリティラインの下げ方によって、現代の物語が神話語りになる不思議な物語。最高。

全11件中 1 - 10件を表示

カレン・テイヤマシタの作品

ツイートする
×