ハリネズミの願い

  • 新潮社
2.86
  • (32)
  • (85)
  • (186)
  • (125)
  • (46)
本棚登録 : 1973
レビュー : 219
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105069919

作品紹介・あらすじ

親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。さっそく招待状を書き始めるが、手紙を送る勇気が出ない。もしクマがきたら? カエルがきたら? フクロウがきたら? ――臆病で気難しいハリネズミに友だちはできるのか? オランダで最も敬愛される作家による大人のための物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作者はオランダの国民的作家。
    本屋大賞の翻訳小説部門で1位ということで、読んでみました。

    森の中に住む一匹のハリネズミ。
    自分の針が大嫌いで、自信がなく、友達がいません。
    ある日、森のみんなを招待しようと思い付きますが‥
    「‥だれも来なくてもだいじょうぶです」という招待状が傑作。
    しかし、それを出すことも出来ない?
    もしも誰かが来たら。
    クマが? フクロウが? ゾウが‥?
    えんえんと取り越し苦労で悩み続けるハリネズミくん。
    そういう気持ちは、わからないでもないですよ。

    想像がおかしくて、けっこうありえそう。
    前もって考えておくのも、必ずしも悪いことじゃないでしょう。
    ただ、長すぎる‥
    カタツムリとカメが面白いんだけど~え、これもまだハリネズミが妄想しただけ、実際には起きていないの?と思うとシュゥ~‥と、しまいには気持ちがしぼんじゃう。
    カタツムリとカメは、他の話にも登場している人気キャラクターだそうです。

    元々は子供向けに、ひとつずつ話して聞かせたものらしく、子供にとっては、こんなふうに長く続くお話って面白いのかも。
    大人が一気に読むには‥と気づいて、ちょっと一息入れつつ読みました。

    リス君と会えて、良かったねえ‥
    でも、この下りが短すぎるわ! なので星一つ減らしました(笑)
    わざとそうした意図はわかりますけどね☆

  • オランダ人作家による、大人向けの絵本小説。
    とある一匹のハリネズミが自宅に森の動物たちを招待しようと手紙をしたためる。

    どうか遊びに来てください。ーーでもやっぱり、だれも来なくても大丈夫です。

    矛盾しているようだが、私にはまさにこのハリネズミのジレンマというやつが分かってしまった。
    かまって欲しいけど、かまわれると嫌になる。
    愛して欲しいけど、愛されると重く感じる。
    卑屈で、自意識過剰で、被害妄想のはげしいハリネズミの脳内では次から次へと動物たちが彼の元に訪問してくるが、そっけなくあしらってしまったり、しどもどともれなく気まずい雰囲気になってしまう。
    仲良くなりたいのに、なれない。
    自分以外の者を追い出し、自分の殻に閉じこもり、ひとりぼっちになることは、とても安全なことだ。
    孤独と絶望は、とても心地いいのだ。
    でもそれじゃいけないことは分かっているけれど……というネガティブループが延々と繰り返されています。
    ちょっと長すぎでは?さすがにいい加減イライラしてきた、なんて思ってしまったけれど、だからこそ最後の章のあっけないほどの端的な希望には驚かされたし救われた。
    そうだ、こんな簡単なことなんだ。ただ、ほんのわずかの勇気があればいい。
    コンプレックスはコンプレックスであると同時に、個性でも誇りでもある。
    どれだけ優柔不断に迷い迷っても、自信がなくても、それだけは確かなこと。
    自分の子供にも、そういう風に人間関係について教えていけたら素敵だなと思えました。

  • 私は悩む人間だ。
    「考えないで」と言われる。
    考えすぎて不安で動けなくなる。
    同じことをぐるぐる考えて
    苦しんでいると自分でもわかっている。
    考えてはいけないのか。
    考えているだけになるからだめなのか。
    私がいけないのか。でも
    考えるのが私だとも感じるのだ。


    『ハリネズミのねがい』の主人公のハリネズミは
    家に誰かを招待したいと願う。
    けれども「もしも○○が訪ねてきたら、
    こうなるかもああなるかも何を話せばいいか。
    どうもてなしたらいいか」と、考えはじめて
    不安にかられて、招待状を出せない。

    私とよく似ている。

    ハリネズミは、
    自分の「ハリ」のことで悩み、嫌いになる。
    でも「ハリ」なしでは自分ではないのもよくわかっている。
    「ハリ」を含めて自分を受け入れてもらいたい。
    自分を好きになりたい。

    人と関わるには、
    傷ついたり傷つけたり、
    疲れたり疲れさせたりする。
    「ひとり」いいやと思いたくなるけれど、
    さみしい。

    いつか自然に「友人」が訪ねてきてくれたら、
    いつか自然に「友人」を訪ねていけたら、
    そんな思いにさせてくれる大人の童話。

    この本がよく売れているということは、
    世の中にはこんなに考えすぎて、
    悩んでしまう人が多いということか。
    そう考えると少し心が軽くなる。

    考えるのをやめようと思うけど、
    やっぱり考えてしまう。

  • 【親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなを僕の家に招待します。……でも誰も来なくてもだいじょうぶです。
    ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。さっそく招待状を書き始めるが、手紙を送る勇気が出ない。もしクマがきたら? カエルがきたら? フクロウがきたら? ――臆病で気難しいハリネズミに友だちはできるのか? オランダで最も敬愛される作家による大人のための物語。】

    寓話、なのだけど、道徳的教訓のようなものはなく、ただただハリネズミの妄想がグルグルと描かれている。

    ああなったらどうしよう、こうなったらどうしよう、そしたらああなって、こうなって、ああなるかもしれないし、こうなるかもしれないし…、ああ、それはイヤだなあ、それは困るなあ、じゃあやっぱりやめよう、とか。みんなは僕のハリのことをどう思うかな、ああ思ってるんだろうな、こう思ってるんだろうな、とか。
    そうして手紙は何度も書き直されたり、なにか付け加えられたりして、引き出しにしまわれたまま、けして出されることはない。ハリネズミも結局また毛布をかぶってベッドの下に隠れる。だけど最後には何か大切なことがわかったような、わからないような…。

    ハリネズミがネガティヴすぎて可笑しい。あまりにネガティヴで呆れてしまうんだけど、わかるなぁって、全面的に共感。ハリネズミは私だ!私はハリネズミだ!
    途中途中に登場するカメとカタツムリも忘れてはいけない。彼らのエンドレスな言争い(?というかカタツムリが一方的に怒って言いがかりをつけてるんだけど)は、もはや出口のない共依存関係。まるでベケット演劇のよう。完全にブラックユーモアなんだけど、いやになるくらいリアルで笑っちゃう。

    出版社ホームページによると、「いかにも内気そうな、ちょっと上目使いでこちらをじっと見ているハリネズミは、祖敷大輔さんが描いてくださった日本版オリジナル」とのこと。このイラストがなんとも可愛らしい。この子じゃなかったら、ハリネズミのことをもっと「ウザい」と思ってしまいそう。挿絵はぜんぶで12枚で、個人的にはいちばん最後のリスといっしょのハリネズミがベスト。もう、この子たちときたら!

  • 極度の心配症のハリネズミ君が、家に動物を招待したいと思うのだが、できなくて妄想で色んな動物たちを迎え入れるという話だが、その想像力が旺盛でおもしろく、人間の本質を擬人法により見事に表していて、孤独は嫌なのだが、人をどう招待したらいいのか、どんな話しをしたらいいのか、不快感を表わされたら、どう思われるのか、図々しい奴が来たらと取り越し苦労をしてしまう。読んでいるうちに、他人事ではなくなってくるところが面白い。人間関係は鬱陶しいのだが、孤高を貫くのもつらいのですねという話しなのかな。

  • なかなか苦戦しながら読みました。
    臆病なハリネズミ。誰かを家に招待したいけど、来てほしくない。
    そして、いろんな動物たちがやってくる妄想が続く。

    なんとなく理解できる部分もあるかな。

    カメとカタツムリのコンビの妄想が面白かった。

  • 自分のハリが大嫌いなハリネズミ。‘臆病で気難しいあなたのための物語’に興味を持ちました。

    いくら手紙を書いてもそれを出さなければ相手には何も伝わりません。出せない臆病な気持ちはわかり過ぎるほどわかりますが、自分から何もしなければ周りが変わる事もないと。気難しいという事も他人からはわがままにしか見えないかもしれませんし。

    最後の最後にリスはなぜ訪ねて来てくれたのでしょう?リスはただなんとなく、だれか訪ねて来たらハリネズミが喜ぶかと思ったからと言っていましたが。
    リスと過ごした‘時間が止まればいいのに’と思えるほどの気持ちや、リスからの手紙の「また会おうね!」の言葉を忘れずに。二人はいつか親友になれるといいですね。
    たくさんいる友達も大切だけれど一人の親友も大切。煩わしさを我慢してまで社交的になるのも辛いですが、ずっと孤独でいるのも寂しいです。ハリネズミのジレンマですね。

  • 自分のハリが大嫌いでコンプレックスに思っている
    ハリネズミが、動物たちへ招待状を送ろうとする。

    物事が始まる前から、悪い事が次々と
    頭の中で浮かんでは消える。
    「また、会おう」って約束して、会うのが楽しみになる
    相手が一番の友だちなのかもしれない。

    途中出てくるカタツムリとカメ
    ぶつぶつ文句を言うカタツムリと、怒りもせず
    そんなカタツムリと気長に付き合うカメの
    関係も友達なんだろう。

  • 読み進めていくなかで、もし○○だったら....に辟易し始め、もしかしてこれ延々と続くの?と思い、結論が読みたかったので途中は飛ばして読了。
    うん、やっぱりそうだった。最後にバケモノがやってきて、翌日予期せぬ訪問だったリスをうっかり招き入れてしまったの。いつもなら居留守にするのに。ここ読みながら、ゲド戦記1「影との戦い」が思い出されて気になって仕方がなかった。これももう一度読んで繋げようと思います。
    つまりユングでいうところの影を受け入れたからの統合なんだろうけど、ゲドを読んだときはまだ自分の感覚でつかみきれなかったけど、いまならわかりそう。

  • 2017年の本屋大賞(翻訳小説部門)を受賞したとのことで、積読リストに入れていました。

    表紙がかわいいのでなんとなくほっこりする楽しい話を想像していたのですが、全くそんな話ではありませんでした。
    主人公のハリネズミが自分のお家に動物たちを招待しようと手紙を書きながら、実際にその動物が来たらどうなるのかという、ありとあらゆるネガティブな妄想を永遠読まされるのです。
    ゾウに家を壊されたら、魚に水浸しにされたら、穴を掘られたら、真っ暗になったら、話が盛り上がらなかったら・・・

    それだけではありません。
    ハリネズミにとってハリは怖がられるのでコンプレックスではあるけれど、それがないと自分ではないという誇りでもある。だからといって克服する努力も理解してもらう努力も怠り、ただただそのままの自分を受け入れてくれる友人を夢見ている彼はただの怠け者です。
    自信がないくせに自意識過剰で気位が高く、好き嫌いが激しい寂しがり屋ってめんどくさいなー、ってうんざりしました。

    こんなこと書くと冷たいけど、どこが面白い本か私には分かりませんでした。これが大賞?なぜ?

全219件中 1 - 10件を表示

トーンテレヘンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カズオ イシグロ
ガブリエル・ゼヴ...
村田 沙耶香
西 加奈子
川上 未映子
エラ・フランシス...
森 絵都
辻村 深月
長嶋 有
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリネズミの願いを本棚に登録しているひと

ツイートする
×