言語はこうして生まれる

  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 187
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105073114

作品紹介・あらすじ

言葉は、今ここで発明されている。認知科学が明かす、まったく新しい言語の姿。相手に何かを伝えるため、人間は即興で言葉を生みだす。それは互いにヒントを与えあうジェスチャーゲーム(言葉当て遊び)のようなものだ。ゲームが繰り返されるたびに、言葉は単純化され、様式化され、やがて言語の体系が生まれる。神経科学や認知心理学などの知見と30年におよぶ共同研究から導きだされた最新の言語論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【書誌情報】
    『言語はこうして生まれる――「即興する脳」とジェスチャーゲーム』
    著者:モーテン・H・クリスチャンセン
    著者:ニック・チェイター
    訳者:塩原通緒
    ヤマダユウ/装画
    新潮社装幀室/装幀
    出版社:新潮社
    発行形態 書籍、電子書籍
    判型 四六判変型
    頁数 380ページ
    ISBN 978-4-10-507311-4
    C-CODE 0040
    ジャンル 事典・年鑑・本・ことば
    定価 2,970円

    相手に何かを伝えるため、人間は即興で言葉を生みだす。それは互いにヒントを与えあうジェスチャーゲーム(言葉当て遊び)のようなものだ。ゲームが繰り返されるたびに、言葉は単純化され、様式化され、やがて言語の体系が生まれる。神経科学や認知心理学などの知見と30年におよぶ共同研究から導きだされた最新の言語論。
    [https://www.shinchosha.co.jp/book/507311/]

    【簡易目次】
    序章 世界を変えた偶然の発明
    第1章 言語はジェスチャーゲーム
    第2章 言語のはかなさ
    第3章 意味の耐えられない軽さ
    第4章 カオスの果ての言語秩序
    第5章 生物学的進化なくして言語の進化はありえるか
    第6章 互いの足跡をたどる
    第7章 際限なく発展するきわめて美しいもの
    第8章 良循環――脳、文化、言語
    終章 言語は人類を特異点から救う

    謝辞
    訳者あとがき
    注記と出典

全1件中 1 - 1件を表示

ニック・チェイターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ヴィクトール・E...
カルロ・ロヴェッ...
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×