コレラの時代の愛

制作 : 木村 榮一 
  • 新潮社 (2006年10月28日発売)
4.02
  • (70)
  • (64)
  • (58)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :701
  • レビュー :78
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105090142

作品紹介

夫を不慮の事故で亡くしたばかりの女は72歳。彼女への思いを胸に、独身を守ってきたという男は76歳。ついにその夜、男は女に愛を告げた。困惑と不安、記憶と期待がさまざまに交錯する二人を乗せた蒸気船が、コロンビアの大河をただよい始めた時…。内戦が疫病のように猖獗した時代を背景に、悠然とくり広げられる、愛の真実の物語。1985年発表。

コレラの時代の愛の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誰しも少なからず経験があって嫌悪したくなるほどの現実的な生々しさと、ありえない幻想的奇天烈さが、喧嘩することなく馴染んで同居して、見事に昇華されている、その不思議と「心地よい異常さ」が、いかにもガルシア・マルケスだな、と思った作品。

    読むとゲンナリするのはわかっている癖に、その吸引力にどっぷり浸らずにはいられない、中毒性と言い換えてもいいかもしれません。

    80歳を過ぎた老名士の葬儀の席で、70歳を越えるその妻に、80歳に手が届かんとする男が、半世紀に渡ったその愛を告げることから始まる、それぞれに歩んだ半世紀余りを描いた物語。

    19世紀のある日の、10代の少年少女の実体の伴わない幻想まみれの数年に及んだ恋。(少なくとも同性読者にとっては、)主人公女性のいかにも「少女らしい」成長の途上、彼にとっては残酷ともいえるあっけなさで、彼女が一瞬のうちに彼らの関係を反故にしてしまいます。

    やがて町一番の若い名士と結婚して玉の輿に乗った彼女を忘れられないかつての少年は、「来たる日」に彼女を手に入れんと一人身勝手に永遠の愛を誓って彼女を偶像的に思い続けながら、仕事をして地位を得つつ、同志とも心の友ともいえそうな1人の女性をはじめとして雑多だけど印象的な無数の女たちと(彼曰く)「一線を引いた」遍歴を重ね、時々すれ違う偶像の彼女や自身の老いを噛み締めながら、半世紀を過ごします。

    彼女は彼女で、「10代の彼」を亡霊として心のどこかに置き忘れ、その彼を捨てた後にふとしたきっかけから結婚を選んだ男の妻、子供達の母、名士の奥様として、移ろう時とぶつかる現実の中で、大なり小なりの夫婦喧嘩を繰り返しながらも、夫婦互いにある種依存しあいながら愛し合い、生活を築き、半世紀を過ごします。

    それぞれの人生が再び交わるまでの51年9ヶ月と4日の過程は、彼らの体温や体臭がそのうち立ち上ってくるのではと錯覚してしまいそうなぐらい生々しくて不思議な生活感に満ちています。
    しかし、主人公2人のこころうち…特に、心の一番の場所に常に彼女を据えることに囚われた男の内面が、とにかく浮世離れしていて異常なのです。そのくせ、それがさも当然のように静かな口調で描かれていて、なんだかよくわからないけどひどく惹きつけられてぐいぐい読み進めてしまいます。

    狂気の沙汰ともいえる半世紀にわたる幻想を現実のものにしてしまうバイタリティとその非現実なラストには、もはや、嫌悪感というよりも、諸手を挙げて降伏するしかない、静かだけど凄まじい作品でした。

    最後に。この小説の書き出しの見事さには感服します。
    「ビター・アーモンドを思わせる匂いがすると、ああ、この恋も報われなかったのだなとつい思ってしまうが、こればかりはどうしようもなかった。」
    物語はこの蠱惑的な書き出しを、よくぞここまで、と思うほど、とことん裏切る方向に進むのです。そんなとこも、マルケスの魔力な気がします。

  • ★★★
    「ビター・アーモンドを思わせる匂いがすると、ああ、この恋も報われなかったのだなとつい思ってしまうが、こればかりはどうしようもなかった。薄暗い家の中に踏み込んだとたんに、フベナル・ウルビーノ博士はその匂いを感じ取った」
    老いが来る前に自殺したジェレミア・ド・サン・タムールの検視に駆けつけたフベナル・ウルビーノ博士は、その翌日庭のマンゴーの木に逃げた鸚鵡を捕らえようとして転落死する。博士の妻フェルミーナ・ダーサは夫の通夜の席に記憶から消し去った男、フロレンティーノ・アリーサに気付く。フロレンティーノ・アリーサはフェルミーナに告げる。「私はこの時が来るのを待っていた。もう一度永遠の貞節と変わることのない愛を誓いたいと思っている」それはフロレンティーノ・アリーサが、フェルミーノ・ダーサに拒絶されてから51年9ヶ月と4日後のことだった。
    ★★★

    おそらくここまでが序章だが惹き込まれ方はまさしく大作家の面目躍如。
    舞台は19世紀のコレラ時代。女を51年間待ち続けたという寓話的主題がガルシア・マルケス饒舌な語り口で現実世界に溶け込む。
    物語では二人の人生が振返られるが、主体がいつの間にか入れ替わっている手法で、それが現実なのに夢の中を漂っているかのような雰囲気を生んでいる。
    そして愛が主題ではあるけれど、恋愛ばかりが存在しているわけではない。
    フロレンティーノ・アリーサはフェルミーナの影を心に抱きながらも何十人もの女性と関係を持ち、フェルミーナ・ダーサとフベナル・ウルビーノ博士との関係はけっして恋愛とはいえないが人生に必要な相手としての愛情関係を築いていた。
    「しょっちゅう喧嘩をし、色々な問題に悩まされ、本当に愛しているかどうかも分からないまま何年もの間幸せに暮らすことができるというのは、いったいどういうことなのかしら」

    本物の小説家が書いた小説世界にどっぷり浸れる作品。

  • 2006年刊行の本。原作は1985年発表。
    映画化されたというので読んでみました。
    ガルシア=マルケスはコロンビア生まれ、田舎町で育つ。
    ジャーナリストを経て、1967年に貧乏暮らしの中で書き上げた39歳で「百年の孤独」を発表しデビュー、世界的ベストセラーに。
    凄い作家ですが、気合いを入れないと読めないので…
    コピーの印象では、ろくに話したこともない美女を51年待ち続けた男性のあり得ないような恋の話ととらえていましたが、読んでみるとあり得ないというほどでもありません。
    彼女フェルミーナ・ダーサは少女時代にフロレンティーノ・アリーサからの熱烈な手紙を何年も受け取り、自分も恋しているつもりでいた。
    ところが、親に引き裂かれ、遠方の親戚のいる地方へ山越えして1年半旅行し、成長してから戻って間近に出会い、蒼白で陰気な彼にショックを受け、いきなり振ってしまう。
    ストーカー気質のフロレンティーノが案外やり手で、ユニークな人生を送りつつ、愛に飢えた風貌を逆手にとって?やたらと女関係を積む方が珍しいかも。
    フェルミーナが結婚したのは親も認める家柄の良い医師フベナル・ウルビーノ。
    コレラが不治の病ではない時代、流行が広まらないように手を尽くし、催し物なども企画して町の大立て者となった人物でした。
    結婚生活はリアルで、ガルシア=マルケスの作品の中では読みやすい方だと思います。
    18世紀に一番栄えた港町。独立は果たしたが内戦が続き上流階級は没落、コロニアル風の邸宅の並ぶ界隈もさびれていく…マンゴーの木やコンゴウインコ。アナコンダまで飼うフェルミーナ。ねっとりした南米の風物も魅力的です。

  • ひとは愚かだと言うかもしれない。でも愛してくれるひとよりも愛したひとに愛されたいのだ!2つの大きな愛とたくさんの小さな愛。51年9ヶ月と4日間の片思いはマコンドの100年よりもずっとずっと長かった。若かったあの頃、ほんの少し勇気があれば…。終りよければすべてよし。最高のラヴロマンス。鬱蒼と茂るバナナの木にたわわに実ったマンゴーの木々、むせかえるようなオレンジ、クチナシ、ジャスミンの花の香り、クァバの味。ヒースの茂みや大理石や石畳で出来た街や紙と木で出来た街では紡ぎだせない物語。作者の眼差しが暖かい。

    打算で始まった夫婦愛が日照りや嵐に合い、座礁しかかっても無事に航海を終えるところも見所だ。フロレンティーノ・アリーサと肩を組んでいる身としては辛かったけど。〈記憶は悪い思い出を消し去って、いい思い出だけをより美しく飾りたてるものであり、その詐術のおかげで人は過去に耐えることができるのだ〉


    〈つかの間の恋を楽しむ相手と腕を組んで散歩しながら、焼き栗のどこか懐かしい薫りをかぎ、物憂いアコーディオンの調べに耳を傾け、オープン・テラスで飽きることなくいつまでもキスをしているカップルのいる、黄金色の午後ほど純粋な喜びをもたらしてくれるものはほかにないと考えていた。〉では華やかなパリが思い浮かび、〈船の手すりから、コロニアル風の地区のある白い岬や屋根の上でじっと動かずにいるクロコンドル、バルコニーに干してある貧しい人たちの洗濯物を目にしたとたんに、〉でカリブ海に一瞬で引き戻される。これもマジックか。

  • ガルシア=マルケスはこの作品が一番すき。どこがどういいかというのは壮大な物語すぎてなかなか上手く言えないし書けない。かつて愛した少女は老女となり、しかし伴侶が亡くなったあとに「時がきた」と現れる男。マルケスの描く人物は執着の権化でもある。

  • ガルシア=マルケスの小説を読んでいるとジェットコースターに乗っているような気分になる。

    次から次へと目を引く描写で彩られ、一気にエンディングまで連れて行かれてしまう。

    『コレラの時代の愛』は、51年9ヶ月と4日思い続けた女性と結ばれる話 と簡単に要約することができるが、500ページの間、ガルシア=マルケスは、全く休憩箇所を用意することはない。

    主人公の待ち続けた男と思われ続けた女は、若いときに文通メインの淡い恋に身を焦がす。
    しかし、女の父親に反対され、親の望む相手と結婚する。
    男は極めて真摯にこの恋愛を考えていたが、彼女の方は親に諭され、自分もこのあまりパッとしない男に見切りをつけ、親の勧める医者と結婚してしまったのだ。

    彼女は良妻となり、良き母ともなり、50年余り、妻として生きてきたが、夫婦というのは、どのように恵まれた条件でも幾多の年月のうちには、細かいさまざまなことがおこる。
    それらをガルシア=マルケスは丹念に描写する。唸るほどうまい文章だ。

    彼の方も独身を貫き、彼女を待っていたには待っていたが、社会的な成功も得、複数の女性関係もそれなりにあった。
    彼女と一緒になるという夢を持ちつつ、それがあまりにも長い月日だったので、彼の人生のほとんどが、詳細に描かれ、彼の人となりを読者は知り尽くすような気分になる。

    彼は、彼女と結ばれるために彼女の夫が死ぬのを待っていた。
    そして、彼女の夫が死んだ夜、彼は愛の告白をする。

    その後も暫く手紙のやりとりや、紳士的な訪問などを繰り返しつつ男は辛抱強く待つ。
    彼らがふたりで船旅に発つのは、彼女が未亡人になった72歳、彼が愛の告白をした76歳の年から1年以上たってからである。

    彼の愛は一応純愛なので、この物語をほかの作家に描かせたら、滑稽なものになるか、退屈で極まりない小説になるような気がする。
    ガルシア=マルケスが描くからこそ壮大な恋愛小説として結実する。

    この小説の舞台はコロンビア。時代は19世紀後半から20世紀前半。
    独立後50年ほどを経た国や、民衆の生活、疫病の措置など、時代背景に関する史実を作品に多く挿入し、その時代に生きている主人公や登場人物たちをよりリアルに浮かび上がらせている。

    映画化された

  • 十代の頃から老いて死を身近に感じる歳まで貫かれたひとつの愛のはなし。マルケスの語りの上手さでページは進むのだけれども男の方は女が未亡人になるまで愛を貫いたとはいいながらその間にどんだけ多くの女と寝たんだ!という下半身の締まらない人間だし、女の方もどこがそんなに魅力的だったかというとちょっとよく分からない。
    愛を貫いた話としてはリョサの『悪い娘の悪戯』の方が人物像が豊かで大分面白かったです、個人的には。

  • 相継いで出版された同じ作者の小説『わが悲しき娼婦たちの思い出』が、回想録風の裃を脱いだ形式で書かれていたのに比べ、よく似たエピソード(老人の性愛という主題)を扱いながら、全知視点を採用し時間、空間も格段に大きく展開した本作は本格的な長編小説になっている。もともと語り口の巧さでは定評のあるマルケスだが、『百年の孤独』以来彼を指す代名詞となった感のあるマジック・リアリズムの技法を封印し、19世紀リアリズム小説的技法でもって書かれた本作でも、嘘のような話を現実的な世界の中に投げ込んで違和感なく読ませてしまうという超絶技巧を駆使している。

    一度ページを開いたが最後、終わりまで一気に読み通してしまう。そうして、また始めに戻って、今度は、ストーリーを追うことにせかされることなく、地図や年表、動植物図鑑等の資料を傍らに置き(コルトー、チボーなどの古い音源を用意できればなお良し)、もう一度じっくり味読するのに向いた贅沢な一冊になっている。これほどの作品が、1985年に出版されながら、なぜ今まで邦訳されなかったのか疑問を抱きたくなるほどの出来映え。

    時は1860年代から1930年代にかけて。舞台はカリブ海に面したマグダレーナ川流域の地方都市。英雄シモン・ボリーバルの活躍により宗主国スペインからの解放を果たした南米コロンビアだが、独立後半世紀近くたち、汽船、電信などの新技術を梃子に成り上がる新興階級と没落する上流貴族との対立交代が目立ち始めている。丘の上にはヨーロッパから輸入した家具や工芸品で飾られた美麗な邸宅が建ち並ぶ一方で、海岸に面した沼沢地帯には下水が流れ込み、鼠が繁殖し、川にはコレラの死体が浮かぶという富貴と貧困、美と醜、没落と活気が対比をなし、劇的緊張を高める。

    主たる登場人物は、上流出身の医学博士フベナル・ウルビーノ、その妻フェルミーナ・ダーサ、それに私生児で後に郵船会社社長にまで登りつめるフロレンティーノ・アリーサの三人である。フロレンティーノ・アリーサは少年だった頃、電報を配達したダーサ家でフェルミーナを垣間見て以来恋に落ちる。手紙攻撃が功を奏して一時は婚約にまで至るもののフェルミーナの父親の反対で会えなくなる。冷却期間を置いてみると、フェルミーナはかつての婚約者が影の薄い男にみえ婚約を解消する。父の勧めでヨーロッパ帰りの医師フベナル・ウルビーノと結婚。幸せな結婚生活は続き、子や孫を得た現在は社会福祉に貢献する町の上流人士の妻であり、一家の采配を振るう賢夫人である。

    話は、フベナル・ウルビーノの急死によって引き起こされる。その死をずっと待ち望んでいたフロレンティーノ・アリーサは、葬儀の後、51年9か月と4日というもの、ずっと変わらず持ち続けてきた愛を未亡人に告げる。そのあまりの非常識に激怒した未亡人はフロレンティーノを追い払うが、彼は手紙を書き続ける。昔の熱に浮かされたような調子ではなく、これからの人生をどう生きるべきかを切々と説くその手紙に心うたれたフェルミーナは彼を受け容れる。果ては、二人してマグダレーナ川往復の船旅に出るのだった。

    こう書いてしまうと、なあんだと思われるかも知れないが、19世紀リアリズム小説的技法を駆使しながらもそこはマルケス。ストーリーは一気には展開しない。様々な障碍が待ち受け、隘路に分け入り、行きつ戻りつを繰り返す。一癖も二癖もある多くの個性に溢れた魅力的な人物が登場し、物語に強烈な色を添える。フベナル・ウルビーノが初めて登場する幕開けから、スラップ・スティック調のドタバタ劇が繰り返し、荘重な場面に猥雑かつ滑稽な雰囲気を醸成する。

    妄想とさえ言える愛の奇跡的な成就を描いた恋愛譚とも読めるし、70歳を過ぎても性愛から逃れられない人間の業を描いたものとも読める。しかし、60歳を迎えることを拒否して自殺する老アナーキストの死で幕を開けたドラマが、紆余曲折を経ながら、70歳をこえた男女が同衾を持続するため、コレラ患者がいることを示す偽の旗を揚げて、川を往復し続けるという破天荒な終幕に至るまで、作品を貫いているのは、ヘーゲルの言う「美しい魂」に拘ることで成熟を拒否することの虚しさであり、愚直なまでに相手との関係を求め、そのためにこそ自己を形作ることの大切さではなかろうか。読み終えた後に残る、人間という存在に感じる愛おしさこそ、本作最大の妙味である。

  • 本当に、この3月4月はいろいろなことがありすぎて、肉体・精神ともにいっぱいいっぱいになっている。

    そんなわけでしばらく小説が読めなかった。ようやく手に取った本が本書で本当によかったと心から思っている。

    この小説は19世紀のリアリズム手法を使った「総合小説」といえる。テーマは50年以上にもおよぶ一貫した男女の愛である。「百年の孤独」のようなマジカルな要素は露骨には表れないが、19世紀から20世紀にかけてのコロンビアの50年以上の男女の愛というだけで奇跡的だ。そこにはマジカルな要素が潜んでいる。リアルな文体とアンリアルなコンテンツが見事に編み上げられている。

    男女の長い長い愛を描いた小説には村上春樹の1Q84があるが、「コレラの時代の愛」のその愛はより複合的で、控えめである。主人公の男女のパーツははっきり分断されておらず、時間も激しく前後して、リアルなところとアンリアルなところの境界線もあいまいで、「読みにくい」。その読みにくさが重厚なガルシア=マルケスの美しい文章を生んでおり、それが長い長い美しい愛を描いている。1Q84も素敵な小説だったが、同じ男女の愛がテーマの本書も、それにコレスポンドする形で、すばらしい傑作だと僕は思う。文章の美しさにも、登場人物のひたむきな愛情にも胸を打たれるのである。

  • 熱病に浮かされたような初恋の、何が正しいのか分からない、消えない愛の物語。

全78件中 1 - 10件を表示

ガブリエル・ガルシア=マルケスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
安部 公房
安部 公房
ガブリエル・ガル...
カズオ イシグロ
カート ヴォネガ...
谷崎 潤一郎
遠藤 周作
ウラジーミル ナ...
ウンベルト エー...
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ガブリエル ガル...
有効な右矢印 無効な右矢印

コレラの時代の愛に関連する談話室の質問

コレラの時代の愛を本棚に登録しているひと

ツイートする