バビロンを夢見て―私立探偵小説1942年 (新潮・現代世界の文学)

  • 新潮社
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105127015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 京都の恵文社一乗寺店で初版帯付きが出ていたので購入。

    ブローティガンの書く探偵小説。
    話が進まない。
    100頁を越えてもまだ依頼人にも会えない。
    靴下が片ちんば。
    「おふくろに電話しなけりゃいけない」ってずーっと言ってるのにできない。
    妄想小説のタイトルが「スミス・スミス対影ロボットども」。
    何にも解決しない。
    ダメ男のダメなお話。

    予想どおりあんまり面白くなかったけど、面白くない作品もまたブローティガンらしくて憎めないし、なんだか好き。

  • アメリカ、サンフランシスコなどを舞台とした作品です。

  • これこそ私の求めるSF。
    どうしてこんな本書けるんだろう。
    ヤニくささとキラキラしたものを同じ場所に書けるのはこの人だけじゃないだろうか。

  • このころかかれたテーマ小説(5年間で5冊の長編を書く企画で書いていたらしい。)のなかで4冊目だそうです。これは結構おもしろかったよ、私立探偵小説なんて名ばかりで、ちっとも探偵小説ではないの。探偵はバビロンの夢ばかり見てるの。それに事件解決はちっとも成功もせず、事件の依頼の内容だって、ちっとも普通じゃない間が抜けた私立探偵小説。長編といっても、また短すぎる章がたくさん集まったスタイルで、そのスタイルが私はとても気に入ってる。この企画長編5冊のうち、「鳥の神殿」は、実のところ結構面白かった。内容はちょっと衝撃受けたけれど。

全5件中 1 - 5件を表示

リチャード・ブローティガンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ブロ...
リチャード ブロ...
ジェイムズ・P・...
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
ポール オースタ...
リチャード・ブロ...
リチャード ブロ...
ポール オースタ...
リチャード・ブロ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×