沈黙の春

  • 新潮社
3.51
  • (41)
  • (47)
  • (149)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 546
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105197032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1960年代に書かれたもの(古典)とは思えないほど、現代にその危機は通じていると感じてしまった。この頃にまかれた農薬は自分たちの親や祖父母を通じて、どんな影響を及ぼしているのだろう。空恐ろしくなる。天敵での対策は、固有生物への影響の問題もありそうな。何も考えずに使用していた、害虫スプレーの使い方から見直さなくちゃと思いました。思わず成分表読んだけど、うん。わかんない。けど無関心のが怖いね。この著者様が癌で亡くなったとは、皮肉な話・・・。

  • 原著は、SILETNT SPRING by Rachel Carson 1962。
    本書は新装版であり、初版は1964年に『生と死の妙薬』であったという。
    既に40年以上前の本だ。農薬による影響、生物濃縮の影響を警告した書である。
    では、この40年の間にどうなったのか。農薬の使用に変化が見られたのか。
    むしろ、この辺が気になるところだ。

  • 海洋生物学者レイチェル・カーソンが、1962年に化学物質汚染に警鐘を鳴らし、世界中で環境問題を社会問題として捉えるきっかけとなった環境論の古典的名著。

  • 三葛館一般 519||CA

    本書は化学物質による環境汚染への警告が書かれています。「沈黙の春」は、DDTを始めとする農薬などの化学物質の危険性を、鳥達が鳴かなくなった春という出来事を通し訴えた環境問題の原点となる本です。環境についてとても考えさせられ、じっくりと読んでもらいたい1冊です。
                                  (ゆず)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=32412

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:519.79||C
    資料ID:50100930

  • 明日のための寓話
    負担は耐えねばならぬ
    死の霊薬
    地表の水、地底の海
    土壌の世界
    みどりの地表
    何のための大破壊?
    そして、鳥は鳴かず
    死の川
    空からの一斉爆撃
    ボルジア家の夢をこえて
    人間の代価
    狭き窓より
    四人にひとり
    自然は逆襲する
    迫り来る雪崩
    べつの道

  • 40年程前に、中学の科学の先生に勧めらて読んだ本。当時は環境問題と言えば、公害問題がメインで、身近にある自然環境とかには、ひどく無関心だった。あの本のお陰で、化学洗剤や殺虫剤を意識するようになったな。

  • 一度は読んておくべき名著というので手に取りました。

    冒頭から、50年代以降のアメリカにおいて、化学物質による汚染状態が非常に酷いという事実を知りました。

    当時の殺虫剤メーカーのビジネスモデルは、それほど脅威でもない外来種を害虫に仕立て上げ、有力者を抱き込んでの、ロビイスト活動によって、広範囲な殺虫剤散布の必要性を強く訴えるというもの。

    こういった危機を煽って利益を上げる企業活動は今も一緒。

    こうした利益至上主義の企業群が環境を破壊する構図。

  • 化学物質による生態系破壊を訴えた本。一方で、この活動によりレイチェルは大虐殺をしたという見方もある。DDT(農薬の一種)廃止のメリット・デメリットを通して、もう一度環境や化学物質の扱いについて考えるきっかけにしてほしい。

  • 真実を知ることは、本当に苦痛だ。
    私がしたことじゃない。
    でも、
    私たち人類がしたことだ。
    ニンゲンは自分がしたことを、
    目を閉じずに見つめなければならない。

    この本、
    一度それで挫折している。
    最初は、死の羅列が耐え難く。
    今度は己らの罪の重さが耐え難い。

全58件中 1 - 10件を表示

レイチェル・カーソンの作品

沈黙の春を本棚に登録しているひと

ツイートする