LAヴァイス: トマス・ピンチョン全小説 (Thomas Pynchon Complete Collection)

  • 新潮社
3.74
  • (26)
  • (29)
  • (28)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 444
感想 : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105372118

作品紹介・あらすじ

目覚めればそこに死体。LAPDの警官の群れ。顔見知りの刑事。んで-おいおいオレが逮捕なの?60年代も終わった直後、街にサーフ・ロックが鳴り響くなか、ロスのラリッ放し私立探偵ドックが巻き込まれた殺人事件。かつて愛した女の面影を胸に、調査を進めるドックが彷徨うは怪しげな土地開発の闇に拉致とドラッグ、洗脳の影。しかも、えーと、"黄金の牙"って?なに?ドックが辿り着いた真実とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こんな切ないピンチョン知らない。山積みのガジェットの様に溢れた固有名詞とモクモクと立ち込める煙の向こう側に浮かび上がるのは過ぎ去った文化への追悼であり、高度化すればするほど個人の感情や繋がりがシステムへと回収されてしまう社会への抵抗の証だった。内在する欠陥とはマンソン、そしてニクソンを生んだLA文化そのものに他ならない。警官にはヒッピー崩れと罵られ、仲間からは刑事の小間使いと揶揄される―そんな探偵ドッグが無数の人々の一人として生きながら、誰も否定しようとしない奴なのって最高にグルーヴィだと思わないかい?

  • 以前、ピンチョンブームだったときには学生だった。『V.』がドラマ化されて「ようわからんなー」と言い、『重力の虹』の邦訳が出て、さらに「ようわからんなー」と言いつつも、それらに「触れた」という実績がカッコよくみえたような気がする。これはそういった思い出話とは別に、アメコミ調の表紙が気に入ったのと、都甲幸治さん『21世紀の世界文学30冊を読む』で、あまりにも面白そうな解説を読み、夏の読書用に買ったもの。原題は“Inherent Vice”と、テクニカルタームがらみ。なかなか訳しにくくてこの邦題になったと思われるけど、『マイアミ・バイス』っぽくて、まあいいでしょう!

    開いてみると、もういろいろコテコテで、元ネタがわからなくても半笑いになってしまう。本筋は王道ミステリをなぞって(いると思う)おり、思ったところで「出た!」と、お約束の展開やモチーフに出会う。物語全体が、ディテクティブ・ストーリーへのオマージュというか、パスティーシュというか、パロディというか…まあ、とにかくそんな感じ。

    謎解きがイカしてるかどうかは別として、ヒッピーな探偵とセクスィーな女友達、スクエアな仕事仲間、葉っぱ友達、腹に一物ある野郎どもとの会話が大半で進み、しかも軽妙におバカで愉しい。しかも、探偵のヘアスタイルがアレで、探偵事務所の名前がコレで、元カノの乗ったクルマがソレ、ドラマに音楽…と、50~60年代アメリカ西海岸カルチャーてんこ盛り。リアルタイムでこの時代を経験し、今でもストライクゾーンのかたは多いだろうし、リバイバルとして知っている世代にも、トリビア満載で面白いかも。翻訳のためのリサーチが大変だったろうとは拝察いたしますが。

    私自身、リアルタイムでこの時代を知らないからいえることかもしれないけれど、物語の本筋よりも、小ネタの物量作戦に軸足を置いて楽しむ小説だと思う。訳者お二人による解説も緻密で、ピンチョン作品へのガイドとしては、少々のネタバレ感に目をつぶれば、ダレ気味になってきたときにつまみ食いしながら読める構成かも。

    『ディスコ探偵水曜日』や『敵は海賊』の軽快なかけ合いがお好きなら、このポップな仕立ての物語はきっと楽しめるだろう。個人的には、時代がちょっと下るけど、『マイアミ・バイス』や『ビバリーヒルズ・コップ』の会話も思い出した。乾いた感じは『私立探偵 濱マイク』だったり、軽やかさに『うぬぼれ刑事』を感じる。それだけ、こういった探偵ものにインスパイアされた作家さんは多いということだと思う。うーん、でも、この感じに近いのは、やっぱり『探偵物語』とか『俺たちは天使だ!』かなあ。「運が悪けりゃ死ぬだけさ」ってのは、いかにもドック・スポーテッロが言いそうな、グルーヴィーなセリフだし。

  • 映画版が大好きなので追って読了。

    序盤こそ映画でよくわかってなかったところが詳細に描写されてる〜ありがてえ〜などと思っていたけど、進むに従って映画ではカットされたシーンが増えていったり映画ではそんなに出て来ない人物が意外なとこでもう一回出てきたり、映画とは別物なんだなあと思われていきました。
    映画との明らかな違いで特に唸らされたのはコーイとシャスタの登場の仕方とラストシーンですね。

    小説においてのコーイはほとんど裏主人公と言って差し支えない活躍ぶり、というか描写されぶりでした。
    けっこういろんな登場人物が少しずつドックの影のようで、全体を通してドックがいろんな自分に会いに行く物語のようであるんですけども、中でもコーイはその気配が強かったように思います。取り返しがつかなくなっちゃったバージョンのドックというか。
    娘くらいの女の子とそのお母さんを見て何もかも後悔するシーンがせつなすぎて泣いちゃいました。最後に救われてほんとうによかった。

    シャスタは映画よりもだいぶ人間らしかったです。
    映画のシャスタはなんか麻薬の幽霊みたいで、それでこそ物語のすべてが最後にはシャスタに帰結していたんですね。しかし小説版ではすべてはシャスタではなく「黄金の牙」に帰結するようで、シャスタもそこに回収される要素のひとつという感じ。

    そしてラストシーン。
    ええ〜〜ビッグフットはひとりぼっちでシャスタも置いてきちゃってこれじゃちょっと不安でさみしすぎない??と思ったけど、この未来に向かって行くしかない不安な感じもリアルでいいのかも。吾妻ひでおの「アル中病棟」とか福満しげゆきの「僕の小規模な失敗」のラストシーンとちょっと似た味で。
    健康に生きて帰った人もいるけどこれからまだまだ死ぬほど苦しんで生きる人もいて、霧だらけの未来にただよっていく。でも不安といってもドックは相変わらずなんとなくヘラっとした雰囲気なのがたまらない。恋しちゃう。しかもラストのBGMはビーチボーイズの神のみぞ知る。
    これは……映画と小説どっちが良いと言い切れないですね……

    そういえば「インヒアレント・ヴァイス」という重要な言葉も映画と小説ではだいぶ使われ方が異なりました。
    映画では帰ってきたシャスタが「私はインヒアレント・ヴァイスなんだって」と言います。なんなんだかよくわからないけど、いきなり消えていきなり帰ってきてなんか大富豪の愛人になってた恋人から聞いて一番切ない言葉です。
    小説ではソンチョとドックが「LAが船ならサンアンドレアス断層はインヒアレント・ヴァイス」と言います。つまりサンアンドレアス断層がどうにかしてカリフォルニアが壊滅しても保険屋はお金を払わなくてもいいということになりますが、誰なんですかその保険屋は。まあそんなどうしようもない欠陥を抱えて未来に何が起こるかわからない場所で、これからも生きて行くんですね。

    ついでに 映画で何度見てもよくわからなかった手錠を外すシーンについて、シャスタが置いて行ったクレカのかけらだったとわかったのはけっこうスッキリしました。

  • 中でも読みやすいとの噂だが、どうかなー。そうかも知れないが、ぐるぐる同じ所を周回している感じで、事件?がどっちに向かってるかさっぱり。後書きまで全部読んだのち、サーファー、ドラッグ、ヒッピーカルチャーずきには堪らないとのこと。そっか。実は先頃、コンプトン発祥のヒップホップグループ(N.W.A.)のドキュメンタリー映像が出来て、超大ヒットしてるらしく、その辺探れるかな、と手に取ったあたくしがバカでしたわ。書かれてる時代違うし、黒人の、生活とか文化とか、そういうの少しでも期待してたあたくしがバカだった。

  • 久々のピンチョン。最も読みやすい長編と言われているだけあって、筋もあり、ハードボイルド調なのも面白い。だが舞台は70年代の西海岸。ポップな音楽への造詣は目を見張るが、僕らの時代のイーグルスはまだ出てこない。ビーチボーイズ全盛のアメリカってどうだったのだろう、と思いながら読んだ。

  • 500ページ超えの厚さにみあわない、気の抜けたギャグ満載のふわっとした探偵小説。何もかもが巨大組織の陰謀であるかのような妄想的な世界観に呆れつつ、優しくて遠回りなドックのふるまいに心なぐさめられた。元カレがあそこまで奮闘してくれるって、シャスタの立場で読むとたいへん気分がよい。

    ドックがじたばたしていた時代にはヒッピーカルチャーは過去の夢になりつつあって、そのさびしさも物語全体に漂っていたように思う。読み終わってみれば、70年のアメリカ(西海岸)についての小説だった。感傷的すぎるかもしれないけれど、助け合ってゆっくりと生きていくイメージが浮かぶエンディングがとてもよかった。

  • このデカさの本は通勤の満員電車(主な読書時間)で読むことができないのが非常にツラい。読み終わるまでが長かった。

    ピンチョンは2~3年前、小説を再び読み始めた頃に、文庫版「スローラーナー」を買って何度かチャレンジしたものの、どうにも目が滑って文章が全然頭に入って来ず断念した事があり、自分の手には負えないと避けていたという経緯が。海外小説を読むなら一冊くらいは読まないと……とずっと思っていたので、よかった最後まで読み終えることができて!こんなに……登場人物の多い……。人の名前を病的に憶えられないおかげでしばしば話が分からなくなりながらも、主人公ドックの魅力が私を引っ張っていってくれた。最初は「え?こんなにチャラいのってありなの?」とびっくりしたけれど、どんどん好きになっちゃってね。ラヴ&ピース。祭りの後みたいな終わり方も好き。今度は訳者の佐藤良明さんによる新訳「スローラーナー」を試してみようか……。

    恥ずかしながら音楽の知識が全然無いから、雰囲気が掴めなくて残念。そこはP.T.アンダーソンの映画に期待しようかな。

  • 探偵小説って本当かなぁ~

  • アメリカには私立探偵作家クラブなんてのがあるくらいで、「名」が付かない方の私立探偵を描いた小説も、その書き手も驚くほどいる。だから、私立探偵小説というと、ハメット・チャンドラー・マクドナルドの描くトライアングルに、スピレインを加えた歪な四角形の範囲内に大抵が収まると思ってると、足下をすくわれる。これが私立探偵、私立探偵小説なのと絶句するようなのが、いくらも転がってるのだ。そんなわけだから、ラリラリ探偵のドックもアメリカでなら、意外と収まりどころを見つけるのは簡単なのかも知れない。
    それはともかく、準ハードボイルドのミステリとして読むと、色々アラは目に付くんで、そこは突っ込んでおこう。まずはドックに都合のいい偶然が多すぎること、それからドックに緊迫感がなさ過ぎること。どうせサスペンスなんか盛り上げる気は、元からないんだろうが。それから本筋に関係ない登場人物や、エピソードへの脱線が多すぎる、なんてピンチョンに言ってもしょうがないのは分かっちゃいるんだが。

  • 星が少ないのは自分のせいだが、、、。

    ひと月かかってやっと読了。
    70年くらいのロサンゼルス近郊でドラックやってる私立探偵ドックが絡みまくった事件にはまりこんでいく。ドラック、ロック、殺人、赤狩りなどとにかく色んな事象がてんこ盛り。

    トマスピンチョン氏が何者なのかはwikiってもらいたいが、ノーベル文学賞取るかもーなんて言われていた人物。この作品は比較的読みやすい方らしいがなんのなんの。

    まず登場人物がめっちゃくちゃ多い。勿論外人なので名前が覚えられない(男なのか女なのかも!)ワタクシの腐った頭では後から出てきた時に何やった人なのかが失念している。場所やバーの名前も然り。
    車名なんかも出てきてもうカオス。

    実在の場所や人物、テレビドラマや映画なども沢山出てくるため、当時のアメリカの文化や事情に通じているなら楽しめる作品かなと思う。私は全部が分からないままで上面を流すだけで一苦労だった。

    私にとってひとついいこと。
    このブクログの読書メモを活用しながら読めば良かったのだ!!序盤で既に名前が分からなくなりそうな暗雲立ち込めていたのにそのまま読み進めてしまったのが敗因。次からは読書メモを活用!


    中高生新聞のミステリー紹介にあって。
    (いやこの本理解出来る日本人中高生そんないないって!)
    図書館

全42件中 1 - 10件を表示

トマス・ピンチョンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェニファー・イ...
村上 春樹
リチャード パワ...
ロベルト ボラー...
伊藤 計劃
三浦 しをん
リチャード パワ...
村上 春樹
ロベルト ボラー...
ブノワ・デュトゥ...
阿部 和重
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×