黄金の羅針盤 (ライラの冒険シリーズ (1))

  • 新潮社
3.79
  • (97)
  • (92)
  • (147)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 689
感想 : 96
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105389017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハリー・ポッターと同時期に発表されたファンタジーです。
    三部作からなる第一作です。
    一作目は私たちの世界と似ているけれど異なる世界。
    二作目は私たちと同じ世界。
    そして、三作目はそれぞれの世界を行き来することになります。
    ラストはちょっと切ないですが大好きです!

  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

  • 両親を事故で亡くし、オックスフォード大学寮に暮らすライラは、明るく活発な少女。連れ去られた友だちと、監禁されてしまった北極探検家のおじを救うべく、ライラは黄金の羅針盤をもって北極に旅立つ…。カーネギー賞受賞作。
    少女ライラは父母を知らない。守護霊のパンタライモンと共に学寮で育つ。子どもがさらわれる事件が続発。人さらいのゴブラーか。やがて学寮から姿を消したアスリエル卿を探し、真理計をとどけるという怪奇な大冒険が始まった。
    原題:The golden compass
    (1995年)

  • 2019/1/6 詳細は、こちらをご覧ください。
    『あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート』 → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1252.html
     
    2008/7/7 読了 

    3月に公開された 映画 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 を見に行きました。 

    さて、映画を見たら 原作本を読みたくなります。映画より 本がずっと面白い!
     映画では描ききれない濃い内容、複雑な関係が、わかって、これでもう一度映画を見たら *倍楽しめるでしょう。
    読み出してすぐにびっくりしたのは、ライラがすごく悪ガキなこと。
    ダイモン(守護精霊)のアイデアは わたしがこれまでに思いもしなかったことですが、その結びつきが 本では強く感じられます。
    ライラが、羅針盤を読むところもいいですね。
    映画ではここが見どころなんだろうけど 〜 イマイチさえなかった。 本では、ライラだけが 羅針盤を読める 神がかり的な 感覚が伝わってきます。

    子供向け童話 といっても 大人が書いたわけだから〜? 子供向けになりきれていない。 だから 大人が選考する 賞がとれたのかな?

    なんのかのいっても、面白かったので、第2部「神秘の短剣」、 第3部「琥珀の望遠鏡」 も読むつもりです!

  • 闘うシロクマのイオニクが格好良い。良くも悪くも野心家なライラの両親アスリエル卿とコールター夫人もすごい。魔女も。

    装画 / エリック・ローマン
    装幀 / 新潮社装幀室
    原題 / "NORTHERNLIGHTS / THE GOLDEN COMPASS"(1995)

  • 映画化したときに読んだ。まさか映画が1作で打ち切りになるとは思わなかった。

  • テレビで映画版をまたやっていたのを見て懐かしくなり、図書館で借りてきました。
    こうして読んでみると、話の順番が映画版は少し変えられているんですね。
    てか順番といえば、むかーしに読んだときはなぜか琥珀の望遠鏡から読んでしまった記憶が…。
    イオレクがすごく頼りがいがあって好き。
    でもセリフじゃない部分が小難しく感じてなかなかすいすいっとは読み進められませんでした。

  • マイバイブル。衝撃だったけど、これが無いとその後が続かない。日本語で最初に読んだけど、後から原作(英語)でも読みました。寒いところにあこがれを抱くようになったのは、この本が一役買っているかもしれない

  • 前から興味があったのとTVで映画を見たら思っていたよりかったので、原作も読んでみた。映画とは違う所も結構あったけど面白かった。1/3位でライラの両親の話が出てきたのには驚いた。
    ダイモンの設定が良いし好き。CLAMPの『ツバサ』の巧断に似てる。出てくる度に動物を調べながら読んだ。
    ライラが主人公なのに悪ガキなのも良い。ペテン師っぷりが本当にスゴイ!よくもまあ、いけしゃあしゃあと(笑)
    コールター夫人は本当に怖い。全部が嘘ってわけじゃないのがタチ悪い。アリステア卿思ってた程良い人じゃあないみたいだし、似た者同士だな。2人はライラのことどう思ってるんだろう?まだ愛しあってるの?
    考えてみると、ライラは不義の子のうえ、殺人犯の子でもあるんだ…。
    スコーズビーとイオレク・バーニソンが格好良い。1番好きなのはセラフィナ・ペカーラ。

全96件中 1 - 10件を表示

フィリップ・プルマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
畠中 恵
荻原 規子
アーシュラ・K....
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×