神秘の短剣〈上〉 (ライラの冒険)

制作 : Philip Pullman  大久保 寛 
  • 新潮社
3.85
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105389062

作品紹介・あらすじ

オーロラの中の世界に飛びこんだライラは、大人のいない街チッタガーゼで、現代から来た少年ウィルに出会った。真理計はウィルのことを「人殺しだ」と告げる。ウィルの世界とチッタガーゼを行ったり来たりするうちに、ライラは大切な真理計を謎の紳士チャールズ卿に盗まれてしまう…。世界的ベストセラーの冒険ファンタジー、第二弾。全英リーディング賞、ガーディアン児童文学賞、英国文学賞:ブックオブザイヤー・児童文学、ウィットブレッド賞:ブックオブザイヤー、ほか、児童文学界のノーベル賞といわれる「カーネギー賞」で、創設以来70年間のベストワン作品に選ばれた作品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ライラは親友の死を知り、父親を追いかけて橋を一人渡った。そのあとのお話し。
    ウィルとの出会い、そして新しい世界での生き方。似て非なる世界。自分が追い求めているダストの正体を掴むために、そして、ウィルと二人で力を合わせて、ともに彼の父親を捜していく旅。この辺りから、どんどん苛酷になっていき、ロードオブザリングを思い出させる。

  • 情け容赦ない。
    過酷な運命とはこのことか、と思ってしまう。
    失踪した父の代わり母を守ろうとする少年・ウィルは偶然入り込んだ世界<チッタカーゼ>でライラと出会い、運命を共にする。

    作者のペン先はじりじりと少年たちを追いつめる一方で子供たちを大切に思う大人たちを描き出し、
    けれどその思いが届きにくい事実を淡々と紡ぎだす。
    グロテスクな表現じゃないのに、痛い。
    こんな筆致は初めてだ。

全2件中 1 - 2件を表示

神秘の短剣〈上〉 (ライラの冒険)のその他の作品

フィリップ・プルマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする