ロゼッタストーン解読

  • 新潮社
3.67
  • (4)
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105416010

作品紹介・あらすじ

ナポレオンのエジプト遠征以後、ヨーロッパの学者たちは神聖文字ヒエログリフの謎を解明しようと熾烈な競争を開始。20年の歳月をかけて解読一番乗りをしたのは若き言語学者シャンポリオンだった。ヒエログリフを解読した天才的言語学者の怒涛の生涯。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 個人的にはロゼッタストーン解読からその結果までを知りたくて入手したのだが、時のフランス政治のドサクサ記事が多すぎてなかなか集中できずに1年以上経った今でも読み終わることが出来ない。こんな難解な本は初めて。政治的背景・どさくさは一切省いて純粋に学問的な記述のみであったらどれ程心地よく読めたであろう!

  • 2002年刊行。古代エジプト文字ヒエログリフを解読したシャンポリオン。彼とその兄の解読にかける道程を、当時の時代背景(フランス革命後の動乱、ナポレオンの出現と失脚)を交えつつ解説していく。良くも悪くも、シャンポリオンの天才ぶりには吃驚するやら、呆れるやら…。

  • ノリとしてはサイモン・シンとかの自然科学ドキュメンタリーに近い感じ。ロゼッタストーンはナポレオンのエジプト遠征の時に見つかったってのは知ってたけど、研究だけしたいと思っても人生って政治に左右されるんだなぁ、大変な時代やなぁ、という。
    邦題なぁ、本文中に「ロゼッタストーンは破損してたためヒエログリフ解読にはあまり訳に立たなかった」って書いてるのにこのタイトルはどうなんやろ。訳者あとがきに説明はあるけど、何か釈然としない。

  • ヒエログリフの解読に挑んだひとたち。のちに参戦するシャンポリオンの活躍。

    おすすめ本として紹介されていた。

    序盤いったいなんのはなしなのかわからなかった。読むのは2回目だけれどたぶんもうよまない。

    C0020

全4件中 1 - 4件を表示

ロイアドキンズの作品

ツイートする