贖罪

制作 : Ian McEwan  小山 太一 
  • 新潮社
4.06
  • (47)
  • (39)
  • (33)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 293
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105431013

作品紹介・あらすじ

1935年夏、13歳の少女ブライオニー・タリスは休暇で帰省してくる兄とその友人を自作の劇で迎えるべく、奮闘努力を続けていた。娘の姿を微笑ましく見守る母、一定の距離を取ろうとする姉セシーリア、使用人の息子で姉の幼なじみのロビー・ターナー、そして両親の破局が原因でタリス家にやってきた従姉弟-15歳のローラ、9歳の双子ジャクスンとピエロ-らを巻き込みながら、準備は着々と進んでいるかに見えた。だが練習のさなか、窓辺からふと外を見やったブライオニーの目に飛び込んできたのは、白い裸身を晒す姉と、傍らに立つひとりの男の姿だった…。いくつかの誤解、取り返しのつかぬ事件、戦争と欺瞞。無垢な少女が狂わせてしまった生が、現代に至る無情な時間の流れの果てに、切なくももどかしい結末を呼ぶ。ブッカー賞最終候補。全米批評家協会賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みながら、いつものマキューアンらしくない語り口に不思議な懐かしさを感じていた。まるで、一昔前のイギリス女流文学でも読んでいるような気がしてくるのだ。時は1935年の夏、舞台はロンドン郊外に建つネオゴシック風の屋敷。

    不在がちの夫に代わり一家を守るのは妻エミリ。それとケンブリッジ帰りのセシーリアと13歳になるブライオニーの姉妹。今日はロンドンで銀 行に勤めている兄のリーオンが友人を連れて帰省する日。ブライオニーは兄に見せようと叔母の離婚が原因で家に来ている従姉弟たちを使って自分の戯曲『アラ ベラの試練』を上演しようとするのだったが…。

    セシーリアと庭職人の子のロビーは幼馴染み。二人は互いに惹かれ合っていることにこの日まで気づかなかった。花瓶に水を汲もうとして取り合 ううち、誤って割ってしまうという行為を通して、二人はそのことに気づくが、妹がそれを盗み見ていたことから話がややこしくなる。作家を夢みる少女は、出 来事に別の意味を見出したのだ。姉を毒牙から守ろうと暗闇で従姉を襲った人影をロビーだと証言するブライオニー。

    「人間を不幸にするのは邪悪さや陰謀だけではなく、錯誤や誤解が不幸を生むこともあり、そして何よりも、他人も自分と同じくリアルであると いう単純な事実を理解しそこねるからこそ人間の不幸は生まれるのだ」というブライオニーの言葉通り、祝祭的な真夏の噴水の前での愛の情景から始まった物語 は、錯誤が誤解を生み、その連鎖が一つの家族を崩壊させ、恋人たちを引き裂くという悲劇的な結末を迎える。

    五年後、兵士となったロビーはダンケルクにいた。恋人の待つ故国に帰るためドイツ軍の爆撃の中を逃げ続けるロビーの視点で描かれる第 二部は極めてリアルな戦争小説になっている。第三部はブライオニーの視点で描かれる。かつての自分の行為を後悔し、戦下のロンドンで見習い看護婦として働 くブライオニー。ゆるしを求め、姉のもとに向かうのだが、果たして贖罪は果たされるのか。

    純粋な愛の物語としても、作家志望の少女が犯した罪の物語とも、或いは一人の作家が自分が作家として立つきっかけを作った事件を、一生懸け て書き直し続けた未完の小説とも読める。果たして少女を陵辱した真の犯人は誰だったのかというミステリーとして読むことも可能だろう。作者はその手がかり をはっきり残している。

    それだけではない。小説形式に意識的なマキューアンらしく、この作品、特に第一部はヴァージニア・ウルフへのオマージュとも思える仄めかし に満ちている。ケンブリッジで学位まで取りながらも、まともな学位授与式も女性にはないとセシーリアが不満をもらすところなど、いかにもと思わせるし、晩 餐の支度に花を探しに行くのは『ダロウェイ夫人』冒頭の引用だろう。食事の支度における使用人との確執、ロビーを襲うシェルショックもそうだ。

    これまで、巧いなあとは思いながら、読後に何か苦味のようなものを感じていたマキューアンの小説だが、その正体は自分の創り出す世界に対す る作家のアイロニカルな視線にある。確かに現代において小説の中で衒いなく「愛」を描くことはマキューアンならずとも難しいにちがいない。舞台を大戦前に 置いたことで、それが緩和され、居心地のいいものになっている。末尾に、「ロンドン、一九九九年」という一章が来る。それまでの安定した小説世界をひっく り返してしまうような仕掛けで、このあたり、やはりアイロニカルなのだが後味は悪くない。小説の名手イアン・マキューアンの代表作と言うべき作品である。

  • 大好きなマキューアンの中でも本当に大好きで大切な一冊。
    読んだ直後の感想を発見したので貼っておく。

    これ、すごい。これこそ文学。
    まだ3月だけど、今年一番印象に残る本になりそう。
    これ読んでまた初めての読書体験してしまいました。上巻読んでいるとき、あまりの怒りで電車の中の見ず知らずの人にいきなり殴りかかりそうになり。(本そのものや作者への怒りは白石一文で経験済みですが)本の内容というか出来事にこんなに怒りを掻き立てられるなんて驚きだよ。あまりに頭に血が上ったので、電車の中で日能研の問題を解いてみたりもした。その勢いで下巻も一気に読んじゃった。1時30分に帰ってきてすぐ読み出して3時30分まで一気読み。
    わたしは小説を書こうと試みたことはないけれど、小説を書きたいと思う人はこういうのが書きたいのではないかしら?文学を志しているなら読んだほうがいいと思う。

  •  田園の屋敷の心温まる光景がじわじわと破局に向けて進んでいく展開が心苦しい。幸福を目の前にして引き裂かれる恋人たちのその後には第二部と第三部で2度胸を打たれた。小説家が登場人物を物語の中で幸福にするのは、それしか方法がないからだ、というのがとても切ない。〈神が贖罪することがありえないのと同様、小説家にも贖罪はありえない――たとえ無神論者の小説家であっても〉という一節が読み終わったあとにじんと来る。

  • ひたむきな少女の狂気的な感情、若い男女の愛、戦争の生々しさなどを丁寧に描出しながら進む物語は、たいへん素晴らしく引き込まれた。

    ブライオニーは、自分のついた嘘に、大事な人たちの人生を壊してしまった罪に、時に自分に都合よくではあるが、一生をかけて向き合おうとする。
    小説を書くこととそれを読む楽しみ、そして決して償うことのできない罪の重さを考えさせられる。

  • 第一部は、読みづらかった。緻密な描写。細かすぎる心理描写。読んでいてこれは外れかと思ったくらい。
    でも、だんだん情景がわかってくると、戦前のイギリスの風景が見えてきます。
    そんな中、この本のテーマの元となる事件が発生します。
    第二部・第三部はうってかわって読みやすくなりました。
    読み進めると...まるでミステリですね。
    最後のどんでん返し。なるほどなるほど。贖罪も明確になります。
    最初のハードルは高いですが、お薦めできる本です。
    後の楽しみのため、しっかり読んでください。

  • あぁ、そういうひっくり返しなのか。

    最後の誕生日パーティーで、あの二人の登場を待っていたのは私だけではないはず。(泣)

    オースティンを再読したくなった。

  • 映画版が後味の悪い作品ベスト10なんかに入っているので、マキューアンは好きなのだけど手を出せずにいた。
    しかし読んでみたところ…いいじゃない?
    後味、悪くないじゃない?
    続いて映画も見たけれど結末は同じ。
    まあ、誰もが納得のハッピーエンドにはならないとわかった上で読んだせいもあるだろう、けれどそれ以上に、マキューアンだものこのくらいやってくれなきゃ!という爽快感があったのだ。
    「甘美なる作戦」がやや拍子抜けだったのだけど、今回は気持ちよく終われた。
    いや、確かに後味悪いと言えば悪いのだけど。
    マキューアンの魅力の一つには、陰湿さがあると思っている。
    美学のある陰湿さ。
    この作品ではのっけからそれが全開で、屋敷の説明からもう、嫁をいびる上流階級の姑みたい。
    そこから、その屋敷にいる人々が克明に、やはり陰湿に描かれる。
    物語を動かすのは末妹の嘘なのだけど、そこに辿り着くまでにかなりかかる。
    読み終えて振り返ると、その嘘とそれが呼んだ罪はこの屋敷の人々の象徴のようなもので、末妹だけでなく皆が贖うべき罪人だったのではと思った。
    結末には、小説家という職業も関わっていて興味深いのだけど、自己を正当化、美化するために記憶を改変することは誰でも多かれ少なかれやっていること。
    とすれば、結局誰もが償うべきものを償わないまま生きている、そう言われているように感じた。
    この厳しさもまた、マキューアンの魅力の一つだと私は思っている。

  • ある女性小説家の人生を通し、小説家のエゴと現実の相克が語られる。作品のトーンは暗く重い。

    主人公の頭の中にあった秩序と空想の心地よい世界は、その完成を見ることなく、猥雑な現実に冒されてしまう。しかし、主人公の空想こそが現実を冒そうとする我儘な欲望を秘めていることが露呈し、そこに悲劇が生じる。これが物語の発端である。

    主人公の空想が現実に生きる人間の生をかき回し、歪めてしまった。それでも、身勝手な欲望を抱えながら彼女は小説を書く。老年の彼女の、小説家というものは身勝手なものだという述懐ほど小説家(≒近代的人間)の業を照らし出すものはないだろう。

    本書は第一級の文学であり、同時にメタ文学なのだ。

  • 強烈な印象を残した文学作品です。あんなエンディングとは。。読後いろいろと考えさせられます。私のお勧め文学の一つになりました。

  • 映画を先に見たが

    はるかに奥深い。

    ずっしりと読後感がある。

  • ショッキングで悲しく、心に響く内容。誰にでもある、ちょっとした間違いが引き起こす大きな結果。彼女の場合、それが取り返しのつかない事態を招いてしまう。悪気はなかったが間違えてしまった人、それに便乗した悪意ある悪賢い人、被害者、その恋人。

    それぞれの気持ちが理解できるだけに、結果が心に迫る。戦争のシーンなど、非常にリアルで心が痛む。

    細かなディテールのせいで最初は読みづらいと感じたが、途中からずんずん引き込まれて作者の世界に連れ込まれる。

    最後に、ほんの少しの希望。作者が村上春樹と仲がよいと聞いて、なんとなく納得。

  • (?)

  • 登録していなかったので、ブクログを始める前に読んだと思われる。
    新聞の書評を見て興味を持ったと記憶しているが、緻密な人物描写に圧倒された。

  • 艶かしい文章と緊迫した苦しみそして傷みを伴う物語。

    この本の著者イアン・マキューアンはイギリスのブッカー賞を受賞した作家。
    同じく私の好きな作家カズオ・イシグロもこの賞を受賞していて、その繋がりでこの作家を知りこの「贖罪」を読んでみることにしました。
    (実際の受賞作は「アムステルダム」だが、それよりも受賞を逃した「贖罪」の方が評価は高い。)

    物語は夢見がちな1人の少女がついた嘘(間違い)と、その嘘に人生が大きく変わってしまった人達の物語を描いている。

    こうやって私の言葉で説明をするとなんて軽い物語に見えてしまうんだろうと反省する。
    この物語は凄く重厚に作られていて愛や罪をテーマに深く…時々傷みを伴うぐらいに煮詰めて描かれている。一方的な愛と一方的な誤解、そして自分が正しいと優越に浸る自己愛。
    ただ…深すぎて私が持つ言葉では表現出来ない。

    物語は第一部と第二部にわかれていて、あまり重要じゃない登場人物が多すぎるという印象を持ったが、これが実は伏線で第二部で巧妙な役回りを果たしている。
    そしてそれがより物語の内容を深く重厚にして、この嘘をついた少女を追い詰め、彼女の罪が絡めた糸のように離さず許されない。

    凄く繊細で抽象的な人物たちの心が…なんというか、言葉に出来ない。
    独特な世界観を醸し出す物語だと言うしか私には言えない。
    この登場人物たちのように苦く痛みを伴わせ、そして読み手に同じ感覚を味遇わせるのが作家の思惑なら…私はこの作家の思惑通りになってしまったのだと思う。

    私の好きな本に入るかといったら凄く難しい。
    理由は最初の100ページ程が読むのに辛く、読み終えて全体を把握するとこの100ページ程は本当に必要だったのかと疑問に残ってしまうからです…。

  •  第一部は姉・妹・母親など視点がどんどん替わって、読んでいてやや疲れました。でもそこを越えるとロビーの第二部、ブライオニーの第三部、そして1999年。いきおいで読み切りました。長い、重い。でもこの作者の別の作品を読んでみたいという気になります。
     ところで『贖罪』で検索すると湊かなえさんの方が先に出てくるんですね。

    ※文庫あり

    (図書館で借りた本)

  • 西村玲子さんおすすめ。

    登場人物の心理や行動の描写が細かい。

  • 理解できなくて、母親に結末の意味を知ったとき泣いた。ぜひ再読したい作品。

  • 第一部の少々鼻に付く自意識ぶり、第二部の戦場の描写の生々しさ、そして第三部でそれぞれ別の視点から描かれた物語が収斂し…と思っていたら、何か白昼夢のような印象。3度繰り返され、上書きされる「贖罪」の意味。そして、最終章。

    何をもって罪となし、何によってそれは購い得るのか。
    罪を購うとは何なのか。

    登場人物たちの人生を囲っている二度の大戦は、このタイトルとテーマを包括するものとして配置されているように思えた。
    個々の登場人物の罪や後悔や自己欺瞞。それら無数の思惑や祈りが太く紡がれ、戦争という大きな罪として結実し、個々の傷みや罪として再び個に還っていく。
    マキューアンは、その「贖罪」を1つの回答として示してはいない。
    読後、重い何かが手渡されたような感触を持ったのは、その問いがマキューアンによって手渡されたからなのかもしれない、と思う。

  • 久々に読んだ海外小説。面白かったのでマキューアンいろいろ読む!

  • 幼い少女の純粋さ、愚かしさ、全能感、すべてが安全だという感覚、新しい世界に触れたときの眩暈がするような驚き。
    そういった「一人の繊細な少女」を形成する要素のひとつひとつが、肌で感じられるくらい近くに描かれていて、冒頭の幸福な劇準備の様子から、やがて彼女が引き起こす罪まで一気に読ませられました。

    ここまでの事を引き起こしてしまった後では、どんな行為も贖罪にはなり得ないと思いながらその後を読み進めていましたが、最後の最後に、今まで読んできたものがなんだったのかを理解したときに、過ぎ去った彼女の年月の重さ、抱えてきた思いが、堰を切るように一気にこちら側に流れ込んできて、呆然とするとともに胸を打たれました。

    彼女の「贖罪」が正しいことかはわかりませんが、年月を経て、すべての人々がいなくなった後にも残るだろう彼女の贖罪の姿には、せつなさと、祈りにも似た思いと、ある種の美しさを感じます。

  • 出だしなかなか古めかしい世界になじめず、挫折しそうになった。おもしろいといえば、おもしろいけど〜

  • 2010.1.30読了

  • 久々にずっしりくる読後感。しばらくその世界から離れられなかった。物語をめぐる物語であり、その意味ではっきりと現代文学でありながら圧倒的なリーダビリティがある。恋愛ものであり、戦争物であり、成長物語でありながら、そんな枠にはおさまっていない。構えの大きな小説だ。

  • 「つぐない」という映画の原作で、イギリスでは2001年の発表、日本では2003年発行。
    13歳の少女の誤解から姉と幼馴染みの恋が無惨に壊されてしまう。
    空想的で感性はあるが思いこみの激しい少女と、周りの人間の抱えている性格的な弱さや置かれた立場による苦しみがどう作用したか。
    真実に迫ろうとする筆致は迫力に満ちています。
    大戦によってまた人は翻弄され…一生をかけた償いという意味は次第にわかってきます。
    作者は76年作家デビュー、98年の作品「アムステルダム」でブッカー賞を受賞してます。

  • マキューアンの乾いた文体からつむぎだされる少女のみずみずしさから一変し、大人になった時世界がどれほど違って見えるか。
    映画も、原作も共に素晴らしい。

  • 洋物は苦手ですが、なんとかよみきりました。
    第1部はあたまでっかちな青年、少女がわんさか出てきて読みづかれ。
    でも2部3部とひきこまれていきます。

    そして最後にあかされるしかけに絶句。

  • 最後に、陳腐な救いがないのがいい。真ん中あたりの、敗走兵の記述に圧倒される。これを読んだ後、どんな言葉や態度で謝っても無駄とさえ思う。してしまったことに、一生かけて償うしかないのだ。

  • 映画「つぐない」の原作ということで読んでみました(映画は観てませんが…)。重厚な文章で綴られていく物語。正直なところ、タイトルのわりにあまり罪の意識を感じてないようで、ブライオニーの高慢さにちょっとイラッとします。彼女は「作家である自分」にずっと酔い続けているだけなんじゃないかと、そんな印象を受けました。/(2008.03.22読了)

  • 読み始めてすぐに偶然にも映画を見てしまいました。(もっともアカデミー賞がらみで映像を見せられ続けたら、嫌でもイメージが固定してしまいますね。)まあ、映画はエッセンスを取り出してよく映像化したと思います。自分としてはどちらも好きな作品です。印象的な言葉は‘愛と忘却’です。うーん、神さまにはこの二つしかなのでしょう。人間が人を宥すことの難しさを、小説を離れて考えてしまいました。

  • とりあえず つぐない を見に行くのはやめた。この先 テレビで放映されたら見るかも だけど。これを 映像化 出来るわけない。 

全39件中 1 - 30件を表示

贖罪のその他の作品

贖罪 (新潮文庫) 文庫 贖罪 (新潮文庫) イアン・マキューアン

イアン・マキューアンの作品

贖罪を本棚に登録しているひと

ツイートする