旅の終わりの音楽 (クレスト・ブックス)

  • 100人登録
  • 3.74評価
    • (10)
    • (9)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
制作 : Erik Fosnes Hansen  村松 潔 
  • 新潮社 (1998年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (589ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900021

作品紹介

タイタニック号の楽団員の生涯。沈没が始まっても演奏を続けていた伝説的な彼らは、その瞬間まで、何に悩み何を喜びにしていたのか。史実と想像力が渾然一体となった希有な長篇。

旅の終わりの音楽 (クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新潮クレストのたぶん創刊ラインナップ、その中でも一番売れてた気がする。まだタイタニックブームもちょっと引きずってた頃やったかな。そのうち読もう、文庫落ちしたら読もうと思ってたら文庫落ちしないまま出版社品切れてたのを古本で発見。
    沈んでいくタイタニックの中で最後まで演奏してた楽団の話は聞いたことあって、てっきりその最後の演奏の話かと思って読んでたら、楽団員各々が楽団にたどり着くまでの話やった。「旅の終わりの音楽」の話やなくて「旅の終わりの音楽に至るまで」の話。タイトルにやや偽りアリかな。
    で、楽団員各々の話、けっこう読みでもあっておもしろいんだけど、基本的に当時のヨーロッパの状況にかぶせるような没落していく物語で、ちょっとかぶり気味なところもあったり。
    こちらの勝手な思い込みではあるんだけど、最後の航海、最後の演奏の部分をもっと読みたい、ってのは正直残るなぁ。

  • 哀しくて、繊細な音が聞こえそうな文体。
    邦題もきれい。個人的に大当たりだった。

  •  タイタニック号が沈みゆく中、演奏を続けた楽団員たち。その美しい伝説の枠組を借りて、書かれたのが本作である。楽団員のみが全くの創作だが、丹念に描かれるのは、むしろ、その五人が船にのりこむまでの来し方。 彼らの生涯が突然断ち切られることは、先刻承知だ。成功や幸せと縁遠い彼らの人生は、それでも人一人分が生きてきた重みと輝きを放っていて、厳粛なきもちになる。様々なものに負け、孤独で、無駄に死んでいく人生もあるってことをなかなか認めたくない私には、少なからず衝撃的だった。   ちなみに、世間でいうところの感動作ではないので、ご注意を。

  • かなり前ですが、村上春樹さんがどこかで勧めてくれていて読みました。
    ノルウェーの作家による、タイタニック号で演奏していた楽士たちひとりひとりの人生にスポットを当てた物語。
    彼ら全員の人生は、この船に乗り合わせたことで同時に終わってしまうことを読者は知っているわけで…、最後のページを読み終えた時の切なさは今でもよく覚えています。

  • 久しぶりに読み返してみた。
    タイタニック号に乗った楽士達の事はあまりにも有名。一人一人の物語と、船の運命、あの頃のヨーロッパの背景、そして美しい織物のように小説はすすんでいく。音楽を愛する楽士達の奏でる旋律が聞こえるような本。

  • 最後の時まで演奏を続けたという、タイタニック号楽士たちの数奇な物語。船の楽士たちは、この航海のためにヨーロッパ7カ国から集まった。様々な生い立ちを持つ彼らの共通点は、音楽を愛し、この道を選んだ宿命を受け入れていること。年齢も出身も異なる彼ら一人一人が明かす、数奇な物語。

  • タイタニックの映画がはやったころに、出た本ですが、そういうロマンチックな話じゃない。タイタニック号が沈む時、そこに乗っていた楽団員それぞれの人生を丁寧に書いてあります。長〜い本だけど、読み終わるのがもったいなかった。読み応えあります。

  • 「ヨーロッパの衰え」を、タイタニックとそこに乗り合わせた楽士たちの人生に重ねるという構造だけでもまず、買い!だと思う(それにしても裏表紙の池澤夏樹の推薦文「今からエレガントに没落するために、ぼくたちはこれを読まなければならない」は恰好よすぎる)。<BR>
    彼らの物語が彼らを船上に運び、そこで幕を下ろすことは予め決定付けられていたのかもしれない。全てはただ物語の通りに始まり、終わったというだけなのかもしれない。物語に時間はない。過去の一瞬一瞬と、「今」、沈もうとする船の上での時間は等価だ。<BR>
    【一度存在したものはけっして失われることはない。】
    <BR>[06.05.03]<t市

全8件中 1 - 8件を表示

旅の終わりの音楽 (クレスト・ブックス)のその他の作品

Psalm at Journey's End: A Novel (Harvest Book) ペーパーバック Psalm at Journey's End: A Novel (Harvest Book) エリック・フォスネスハンセン
Psalm at Journey's Endの詳細を見る ペーパーバック Psalm at Journey's End エリック・フォスネスハンセン
PSALM AT JOURNEY'S END TPB ペーパーバック PSALM AT JOURNEY'S END TPB エリック・フォスネスハンセン

エリック・フォスネスハンセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
カズオ イシグロ
三浦 しをん
ポール・オースタ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

旅の終わりの音楽 (クレスト・ブックス)に関連する談話室の質問

旅の終わりの音楽 (クレスト・ブックス)に関連するまとめ

旅の終わりの音楽 (クレスト・ブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする