朗読者 (新潮クレスト・ブックス)

  • 新潮社
3.65
  • (97)
  • (125)
  • (189)
  • (16)
  • (10)
本棚登録 : 977
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900182

作品紹介・あらすじ

学校の帰りに気分が悪くなった15歳のミヒャエルは、母親のような年の女性ハンナに介抱してもらい、それがきっかけで恋に落ちる。そして彼女の求めに応じて本を朗読して聞かせるようになる。ところがある日、一言の説明もなしに彼女は突然、失踪してしまう。彼女が隠していたいまわしい秘密とは何だったのか…。数々の賛辞に迎えられて、ドイツでの刊行後5年間で、20以上の言語に翻訳され、アメリカでは200万部を超える大ベストセラーになった傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 終始、主人公ミヒャエルの視点である。
    ある点では、愛という感情の話であるがナチスドイツを題材としている。

    ハンナという歳上の女性と15歳の時に出会った。
    ミヒャエルとハンナというキャラクターは共感できるかと言われたら、出来ない。

    だが、当時のことに思いを巡らすのには良い作品であり読者はよく考えることが出来る。

    非常に文学的で、興味深い。

  • 会話はできても、文字を読めない、文字を書くことが出来ない。文盲とはつまり、会話でしか言葉を生み出せない、ということだ。会話でしか生まれないハンナの言葉は、できては直ぐに消えゆく泡のようなものだ。ハンナとミヒャエルが愛し合う場面で入浴の光景が多いのは、水や泡のように流れてゆき、そしてすぐに消えゆくものを暗示している。

    文盲を隠し、そのために世界から、そして周りから置き去りにされ、ナチス第三帝国の戦犯として、いつのまにやら裁かれるものとなってしまい、自尊心のために(文盲を明かさないために)牢獄に入れられてしまったハンナ。ハンナと溺れるように恋をし、ハンナに身を捧げ、ハンナに裏切られたにもかかわらず、愛だけはなくならずにそこにあったミヒャエル。

    社会は罪を生む。
    文盲、それ自体は罪であるわけはない。
    社会が文盲を罪とし、それを十字架としてハンナに背負わせた。ハンナはその十字架と共に生き、十字架を隠し、愛する人にも見せないようにした。ミヒャエルは十字架を取り除こうとした。そしてそれは不可能だった。もしかすると、牢獄にいる間だけは、ハンナの背から十字架はなくなっていたのではないか。牢獄でのハンナはまるで教祖のようだった。出所してまた罪人になること、また背負うことになるだろう十字架を、ハンナは拒絶して、だから牢屋で自死したのではないか。



    愛とはなにか、罪とはなにか、裁くこととはなにか、あらゆる問いが波のように押し寄せてくるが、著者は「答え」を求めて、これを書いたのではないと思う。
    心の解放、そして思い出がなくならないように。


    一文、次の文、その次の文と、示唆に富んだ言葉の波。私にとって『朗読者』は、何度も手にとって読むべき本の1冊だ。


  • 十五歳の主人公ミヒャエルは、年上の女性ハンナと恋に落ちる。ほどなくふたりは付き合うようになり、幸せな日々が続くかに見えた。しかし、ある日突然、ハンナが失踪する。ミヒャエルには何ひとつ告げられていない。そして時が経ち、ミヒャエルが大学生になったとき、思いがけない場所で彼はハンナと再開する。そして、当時は知りえなかったさまざまな事実が明らかになる。

    この本の邦訳が出たとき、私は大学生だった。どれだけ売れたか知らないが、訳者あとがきにアメリカで二〇〇万部売れたと書いてあるから、日本でもそのくらいは売れただろう。
    私はドイツ文学を専攻していたので、ドイツの文壇におけるこの久々の快挙は、当然ながらホットなトピックだった。しかし、一方でナチズムや強制収容所などの非常にセンシティブな話題を含んでおり、単なる恋愛小説で終わらない、考えさせられる作品でもあった。

    ドイツでは、ナチの問題に触れることはタブーではないが、非常に慎重を要する話題である。日本ではヒットラーの『我が闘争』の翻訳が普通に売られているが、ドイツでは販売が禁止されている。研究目的以外では、読むことさえ許されていない。
    また、日本では「大和魂」という言葉が、日本人らしさや日本人としての誇りを表す積極的な意味合いで用いられたりするが、同じようにドイツで「ゲルマン魂」などと言ったら、極めて気まずい空気になるだろう。
    「ドイツ人らしさ」というテーマでさえ、注意を要する。学部生の頃、私が「ドイツ的なもの」というテーマでレポートを書こうとしたところ、指導教官から難解な参考文献を指定され、始めは頑張って読んだが、途中でこれは「テーマを変えろ」と遠回しに言われているのだと気づいた。

    ともかく、ナチスにまつわる過去は、それくらい取扱注意なネタだ。ドイツ語で小説のことを「ロマン」と言うが、本書のポイントは、非常にデリケートな要素を織り交ぜつつ、優れたロマンに昇華されている、ということに尽きると思う。
    それでは、いま改めて本書を読むことに、何か積極的な意味はあるだろうか。あるとすれば、こういうことだと思う。主人公ミヒャエルは戦後生まれで、ナチズムに直接の責任はない。しかし、ナチスの過去の非道によって、ドイツ人であるというだけで、彼らは十字架を背負わされている。したがって、彼らからしてみれば、親の世代に対して、「なぜナチスを認めたのか」という問いかけが、世代間憎悪の燃料になる。
    これは決して人ごとではない。われわれ日本人は政治についてあまり語ろうとしないが、一歩間違えればその無関心が、直接に責任がない子供や孫の世代にまで十字架を背負わせるのだ、ということである。
    正直に言って、現在の日本の政治は、ナチスの台頭を許したドイツのそれに、極めて近いと思う。『朗読者』は、美しいが、とても悲しい物語である。この物語が現代において意味を持つとすれば、この悲劇を繰り返してはならない、第二のミヒャエルとハンナを生んではならないということではないだろうか。そして、それはそのまま、われわれ日本の社会についても言えることなのである。

  • ヘッセやマンの作品に顕著であるが、少年が人生の上で経験を積み、やがては大人になって行くまでを描いた「人格形成小説(ビルドゥンクスロマン)」という文学的伝統がドイツにはある。『朗読者』もまた、その構成を借りている。15歳の主人公は気分の悪くなったときに助けてくれた母ほども歳の離れた女性に恋し、関係を持つ。逢う度に彼女は少年に本の朗読をせがみ、いつしかそれが二人の習慣になる。ある日、突然彼女は失踪し、失意の少年は心を開くことをやめ、やがて法学生となる。彼女を再び見たのはナチス時代の罪を裁く裁判の被告席であった。刊行以来5年間で20以上の言語に翻訳され、アメリカでは200万部を越えるベストセラーになったという話題作である。日本でも発売当時、多くの書評に取り上げられたことは記憶に新しい。

    ややもすればセンセーショナルな話になるところを抑制の効いた文体と感情に流されない叙述で淡々と進めていくあたり、作者の並々ならぬ力量を窺わせる。ミステリーでデビューした作家らしく巧みに張られた伏線が、平易な文章と相俟って読者を最後まで引っ張って行くところがベストセラーたる所以でもあろうか。主人公を戦後世代にすることで、強制収容所というテーマの重さに引きずられることなく、あくまでも個人の倫理観の問題にとどめたのも法律の世界に身を置く弁護士としての作者の資質から来ているのだろう。

    全編を通じて主人公の回想視点で語られている。ハンナとの別れ以来傷を負った彼の思惟と行動は外に対して閉じられたかのように見える。15歳の時の体験に彼は捕らわれ、そこから解放されずに歳をとってしまったもののようだ。彼がそこに固着するのは全幅の信頼と愛を傾けていた存在を去らせたのが自分の不誠実な態度であると感じた事によるが、彼女の秘密を知った後でも彼のとる行動は誠実なものとはいえない。彼にはハンナが理解できないからだ。

    ハンナの場合はどうか。未成年を誘惑するような仕種やその後の行動も、文字を知らないことが分かってみれば、蛇に誘惑されて林檎を囓るまでのイブのように無辜で明るい。彼女に翳が差し、暴力的な事態が現れるのはいつも文字が介入してくるときだ。ハンナが彼の前から姿を消すときも、かつて雇われていた会社を辞め収容所の看守になるときも同じである。

    文字を知るまで、ハンナにとって世界は理解を越えていた。自分の力ではどうにもならない現実に翻弄されるように生きていたからだ。だからこそ、裁判長に向かって「あなたならどうしましたか」と、問い返せたのだ。文字を知ることで、かつての自分の行為を今の自分の意識で見つめることにより無辜のハンナは消え、年老いて寄る辺のない罪人が生まれたわけである。牢獄のハンナに朗読したテープを送り続けたミヒャエルの行為は、考えようによっては残酷な行為であり、哲学者の父を持つミヒャエルは、ハンナのいる楽園に悪魔が遣わした蛇だったのかも知れない。ハンナは人間として生きることを得ると同時に死ぬことも得た。

    知らないで犯した行為を果たして罪と言いうるのか。裁かれるのは、その行為を犯すまでに当事者を追い込んだものの方ではないのか。おそらく、いつの時代にあっても問い続けられるテーマである。ナチスという悪を背負い込んだドイツ。貧困ゆえの無知という事態を引き受けた個人。他者を知ろうとすることもなしに一方的な愛を請う恋人。輻輳した主題を絞り込んだ登場人物を通じて展開して見せた点に巧さが際だつ一編である。

  • 15歳の少年の甘く切ない恋。そして21歳もの年上の相手の女性の突然の失踪。そして少年は弁護士になり偶然に女性に再会する。そして明らかになる女性の過去の秘密。ナチス時代のドイツへの批判を含みながらも「あなたならどうした?」と読者にも問いかける感動的な裁判官との対話。この中で、プライドを捨てることが出来ない一方で、健気に努力をするヒロインと「朗読者」の語り手の感動の繋がりが感動をよびます。大きく3部に分かれますが、一部の出会いと恋の場面だけ読むといきなり惹きこまれるものの、甘くて「谷間の百合」を思い出させる世界が、徐々に深刻な展開になる構成も素晴らしいです。映画化が楽しみです。

  • 深い想い。
    それしか伝えられない!
    いつの日にか触れて欲しい作品。

  • 映画を見てから読んだ。
    本は2度読むべきと書いてあったが、確かに1回ではあまり心情などが伝わってこなかった。
    映画の方が、ハンナの文盲がどんなに彼女を不幸にしていたかや、ミヒャエルの苦悩がより伝わってきた気がする。
    また同じ場面で、映画と翻訳が違う部分もあり、ちょっと消化不良気味。原作を読めて、映画を字幕なしで観れるほどの語学力が欲しいとつくづく思った。

  • 数年前に読んだ作品を再読。以前読んだときは作品中の言葉に強く共感したのを憶えている。今回は作品そのものに心打たれた。切ない恋だね。思い出に焼き付いてしまったものは、墓場まで持っていくことになるのでしょうね。歳をかさねて、そんなことがわかるようになった気がした。

  •  学校帰りに気分が悪くなった15歳のミヒャエルを助けてくれたのは、通りがかりの年上の女性。元気になり、母に言われるままにお礼を言いに女性の家に出かけるミヒャエルだったが、いつしか21歳も年上の彼女ハンナに夢中になっていく。
     ハンナとつき合うことで、自信をもち、たくましく成長していくミヒャエル。ハンナもまた、ミヒャエルを愛し、穏やかな時間が流れていく。ミヒャエルが本を朗読し、それをじっと聴くことを何より好んだハンナ。しかし、そのハンナが突然何も告げずにミヒャエルの前から姿を消してしまう。
     数年後、大学生に成長したミヒャエルは、思わぬ場所でハンナと再会する。教授に言われ、ゼミの研究のために公判に出かけた学生と、アウシュビッツの収容所で囚人たちを見殺しにした被告人として…

     
     前半は21歳も年の差のある男女の恋愛、そして後半は再会した2人のその後を…。
     いくらでも言い逃れできるはずなのに、あえて自らの不利な証言をしていくハンナ…過去の姿と重ねながら、ふとその理由に気づいたミヒャエルは、迷い、悩み、苦しみます。そして、考え抜いた彼の決断とは…
     読後は…うまく言葉になりません。ハンナの尊厳を何よりも大切にしたミヒャエルの選択は、ハンナにとってはどうだったのか…。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ハンナの尊厳を何よりも大切にした」
      悩むところですね、、、生き長らえたら、もっと苦しい毎日だったかも知れないし。ミヒャエルが尽くす事で別の...
      「ハンナの尊厳を何よりも大切にした」
      悩むところですね、、、生き長らえたら、もっと苦しい毎日だったかも知れないし。ミヒャエルが尽くす事で別の人生があったかも知れない。判らないコトです。
      きっと、ミヒャエルの選択は正しかったのでしょう。でも私なら違う行動に出たような気がする(それが正しいかどうかは別として)。。。
      2012/07/19
  • この小説をどう読めばいいだろう。
    この小説で起こった出来事を受け止め、いったい主人公達の身に何が起きたのかを、正確かつ理性的に判断することはできるだろうか。

    ハンナは「読み書きができないと知られるのを恐れて」18年の独房生活を送ることになるが、果たしてその恥の概念が、自分を刑務所に留め続けるほど罪深いものであったのだろうか?何故それほどまで長く監獄の中にいることを選択したのか?
    彼女はナチス時代とミヒャエルと過ごした時代に、朗読を所望している。これは明らかに知識を欲する行為であり、彼女も身の回りの世界を深く理解したいと感じていた。その後18年間の刑務所暮らしの中でやっと読み書きを覚えた彼女は、ナチスの被害者と看守たちの物語を読み漁った。
    私は、ここで彼女に自責の念が生じ、彼女を苛んでいったのではないかと思う。だから監獄の中で居場所が出来そうになると、逃げるように孤独の中に身を置いた。釈放間近になり、ミヒャエルとの新しい居場所が出来る寸前、自ら命を絶った。
    何故そこまでストイックな生き方をしたのか?それがナチスの被害者に対する彼女なりの贖罪だったのか?この先の真相は闇の中であり、読む人によって異なる結論に至ると思う。

    この本は多くの問を読者に投げかける。ミヒャエルが蜜月の思い出の中で美化した彼女と、ナチスの親衛隊で囚人を監視していた時の彼女は、果たして同一人物と言えたのだろうか?彼女は囚人に対して実際に残酷な仕打ちをしたのだろうか?ホロコーストは、冷酷な軍人が無実のユダヤ人を嬲る行為ではなく、判断力も知性も無い一般人が、戦争という特殊な条件下で麻痺した末に行った、ただの無考えの行動ではないのか?

    「あなただったらどうしましたか?」ハンナが法廷で裁判長に投げかけた質問は、この小説の読者にも向けられている。

全121件中 1 - 10件を表示

ベルンハルト・シュリンクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
村上 春樹
三島由紀夫
ヘミングウェイ
三島由紀夫
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

朗読者 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×