ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)

制作 : 沼野 恭子 
  • 新潮社
3.72
  • (105)
  • (163)
  • (204)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 1342
レビュー : 185
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 追悼記事をあらかじめ書く仕事を始めたヴィクトル。動物園からもらいうけたペンギンのミーシャ、知り合いから或る日突然預かった幼い少女ソーニャ、そのベビーシッターのために雇ったニーナとの暮らしは擬似家族のようでいて、物語はずっと大きな何かの片隅で巻き込まれているようないないようなところで始まり、終わっていく。

    ミーシャとソーニャが出てくるところはかわいらしくて好き。

  • だだめやった…カバー買い題名買いだったのにダメだった読みきれなかった。途中で挫折。色が無いよ色が!(負け惜しみ)

アンドレイ・クルコフの作品

ツイートする