最後の注文 (新潮クレスト・ブックス)

制作 : 真野 泰 
  • 新潮社
3.64
  • (6)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900502

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロンドンのバーモンジーにあるパブ、馬車亭のカウンターに男が三人座っている。黒いネクタイをした小男がレイ。赤ら顔の男がレニー。やはり黒いネクタイをしてボール箱を抱えているのがヴィックだ。そこにロイヤル・ブルーのベンツで乗りつけてきたのがヴィンス。四人はこれからマーゲイトに行くことになっている。箱の中に入っているのは男たちの仲間で肉屋のジャックの遺灰だ。ジャックは死んだら遺灰をマーゲイトの桟橋から撒いてくれとラスト・オーダーを残していた。

    でも、なんで最後の注文がマーゲイトなんだ?それに、ジャックにはエイミーというかみさんがいるのに、どうしていっしょじゃないんだ。それにレニーは何かとヴィンスにからむし、雲行きが怪しいのは天気だけじゃなさそうだ。馬車亭で一杯ひっかけた男たちはドライブに繰り出す。途中ロチェスターによって雄牛亭でまた一杯、チャタムで海軍戦没者慰霊碑に立ち寄り、「ウィックズ・ファーム」に寄り道し、カンタベリーで大聖堂を見学してからマーゲイトに向かう。その間にそれぞれの男や女の込み入った関係が本人の口を通して語られるという趣向だ。

    この小説は七十五の短い章で成り立っている。上に地名がついている章の語り手は保険会社に勤め、みんなにレイちゃんと呼ばれているレイで、それ以外の章には語り手の名前がついている。ひらがなが多いのは、語り手がロンドンのバーモンジーに住む労働者階級で、当然その話し言葉がコックニー(下町なまり)だからだ。さかんに登場する洒落や地口の翻訳に訳者の苦労がしのばれる。この語り口調がよくてページを繰る手が止まらない。

    第二次世界大戦前から現在に至るまで英国がたどってきた「大きな歴史」と、ロンドンの下町に暮らす人々の「小さな歴史」がからみあって様々な人生模様を織りあげる。とはいっても、ワーキング・クラスの暮らしに大した出来事は起きない。どちらかといえば人生思った通りに事は運ばず、あてがいぶちでがまんして、といった冴えないエピソードばかり。その合間合間に男たちが道中繰り広げるビールとウィスキーの梯子酒、立小便、いさかいや仲直りがペーソスを湛えてたっぷり提供される。

    たとえばレニーだ。言わなくていいことばかり言う男だが、そこそこいけるボクサーだったところを徴兵にとられ、ブランクがたたった。タイトル戦でノックアウトされて望みが断たれた。ジャックは本当を言うと医者になりたかったが父親が許さず肉屋を継いだ。小柄なレイは騎手に憧れたが、くず鉄商の父親は会社員にしたがった。保険屋になった今では競馬は競馬でももっぱら賭けるほうだ。レイが好きだったのは姉のデイジーだったが、妹のキャロルと一緒になった。そのキャロルは男を作って逃げた。

    ジャックとエイミーは惚れあって結婚したが、生まれた娘は脳に重い障碍を負っていた。しかもエイミーは二度と子の産めない体になった。ヴィンスはジャックの実の子ではない。ドイツのV型爆弾の爆撃で両親が死に、一人だけ助かったのをエイミーが引き取ったのだ。それなのにヴィンスは肉屋の後を継ぐ気がない。思い通りに事が運んだことのない男たちには、自分のしたいことをして着々と商売の規模を広げていくヴィンスは気に障る存在なのだ。

    老人たちの世代は親の家業を継ぐか、親のいう職業に就くかしか選択肢はなかった。その妻にしても、働くことしか知らない男と暮らしていて、町を離れたこともない。それなのに、子どもの世代は好き勝手なことをして、親から離れていく。同世代であっても互いの暮らしぶりに目を留めれば、いろいろと考えることはある。屋台の八百屋のレニーにはジャックのような車がない。娘を海に行かせるのに肉屋のヴァンに乗せてもらうしかない。それでも、ジャック夫婦にはいない娘が、自分にはいると思えば留飲は下がる。

    一事が万事この調子だ。レイ以外の語り手の視点はほぼ内言だから、全部本音だ。仲間には言えないこともぶちまけている。長年の友達付き合いだが、本音はちがう。隠しごともあれば、嫉みもある。それでも、なんとか表沙汰にせず、ここまでやって来たし、これからもやっていかなければならない。なぜなら、彼らにはそれしかないからだ。今でも夢見てはいるが、今さら新しい人生が始まるわけもない。今までやって来たように続けていくのがいちばんだ、と心の底では思っている。

    泣きたくなるような暮らしぶりはお互い様。東洋の島国に住むこちとらだってさほど変わりはない。やってられないような毎日を、何とか家族や友達と顔突き合わせてやっていくしかない。夢見たことはかなわない。好きな相手とは結ばれない。大事に育てた子どもたちは勝手な暮らしをはじめている。過去のモラルは見捨てられ、新しい時代は自分を無視してはじまっている。どうしようもないが、そこで何とか生きるしかない。うだつの上がらない老人の悪戦苦闘を見守るような小説世界がなぜかとっても身近に感じられる。老人だって、死ぬまでは生きていかねばならない。

    映画にしたらいいロード・ムービーになるな、と思っていたら、ジャックをバーモンジー出身のマイケル・ケイン、エイミーをヘレン・ミレンというキャスティングで2001年に映画化されているという(<Last Orders>フレッド・スケピシ監督)。日本未公開らしいが、TVかどこかで見られないものだろうか?「レイちゃん」と訳されているところ、本当は何と呼んでいるのか知りたくてたまらない。

    • abraxasさん
      sifareさん、こんばんわ。マイケル・ケインはずっと好きだったんです。やっぱり映画は難しそうですね。映画ではレイという相棒がボブ・ホスキン...
      sifareさん、こんばんわ。マイケル・ケインはずっと好きだったんです。やっぱり映画は難しそうですね。映画ではレイという相棒がボブ・ホスキンスだったらしいのですが、これは原作とはイメージがちがいます。近頃ではマイケル・ケインもコックニーという感じじゃないですし、ヘレン・ミレンも上品な役が増えましたからね。小説を読みながら、役者を頭に思い描いて楽しむに限ります。
      2018/05/07
    • sifareさん
      abraxasさん、こんばんは。お返事有難うございます。ホスキンスは様々な役柄をされているから、こちらの思い入れがそれらのニュアンスと違うと...
      abraxasさん、こんばんは。お返事有難うございます。ホスキンスは様々な役柄をされているから、こちらの思い入れがそれらのニュアンスと違うと変に思えますよね。ケインは「探偵スルース」でめちゃハンサムだったのですが、良い感じに歳を重ねられほんと男性は得だなとw
      自分のイメジに合った映画化やドラマ化に巡り会った時はほんと嬉しいですよね。有難うございました~
      2018/05/08
    • abraxasさん
      sifareさん、こんばんは。sifareさんも『探偵スルース』ご覧になっていたんですね。名優ローレンス・オリヴィエを相手に堂々と立ち向かう...
      sifareさん、こんばんは。sifareさんも『探偵スルース』ご覧になっていたんですね。名優ローレンス・オリヴィエを相手に堂々と立ち向かうマイケル・ケインにしびれました。いい役者ですね。お返事ありがとうございました。
      2018/05/08
  • これは、大人版「スタンド・バイ・ミー」。亡くなった親友の遺骨を海に蒔くため、古い友人たちが旅をするのだけれど、途中で明らかになる、それぞれの過去。晩年の切なさが漂います。

  • 一人の男の遺灰。海にまいてくれという彼の遺志を受け
    飲み仲間が小さな旅に出る。
    少しずつ語られている過去の物語。
    紡ぎだされて、気がつけば一つの流れになる。

    洗練された文章。いい本だと思う。

  • 出版社/著者からの内容紹介
    「おれが死んだら、マーゲイトの海にまいてくれ」亡き友の願いを叶えるため、4人の男が海へと向かう――。苦い想い出と秘密を胸に。ブッカー賞受賞作。

    内容(「BOOK」データベースより)
    ロンドンのパブの止まり木に、うだつのあがらない男が三人。カウンターにはグラスと並んで壷がひとつ。肉屋のジャックの遺灰である。そこにジャックの義理の息子がベンツで乗りつける。「死んだら、マーゲイトの海にまいてくれ」―亡き友の“最後の注文”を叶えるため、弔いのドライブが始まった。挫かれた夢、嫉妬に裏切り…次第に明らかになるそれぞれの過去。思い出は哀調を帯び、秘密もまたあらわになるが、男たちの結びつきはかえって強まっていく。ほろ苦い人生を陰影ゆたかに描きだす傑作長篇。ブッカー賞受賞。

全4件中 1 - 4件を表示

グレアム・スウィフトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル ガル...
イアン・マキュー...
有効な右矢印 無効な右矢印

最後の注文 (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

ツイートする