経団連―日本を動かす財界シンクタンク (新潮選書)

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106005886

作品紹介・あらすじ

財界総本山として半世紀。自らのパワーを自覚した経団連は、官僚組織から距離を置き、政界もリードし始めた…。「民僚」と揶揄される、財界を支えるパワーエリート軍団を描いた本書は、日本株式会社を、財界の総本山・経団連の事務局サイドから分析した初の作品である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 21世紀をにらんで経団連が目指すのは、小さな政府、自己責任原則、官僚依存からの脱出、経済的規制の原則撤廃。
    経団連にはさまざまな委員会がある。
    中小企業の基盤が商工会議所で、大企業中心の経団連では利害が異なる。

全1件中 1 - 1件を表示

古賀純一郎の作品

経団連―日本を動かす財界シンクタンク (新潮選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする