みいら採り猟奇譚

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106006500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初の河野多惠子。
    谷崎にハマっていたころがあったので、サドマゾに興味を持ち。
    意外とセックスシーンは激しくないし、サドマゾについても抑え気味な気もする。
    ただ、初め性行為に臆する娘がどんどんサドになっていう過程はすごい。
    最後、殺してしまう時の「お許しください、10秒だけ」は官能的

    あと、戦時中の描写から、当時こんな感じだったのかと驚き。ヒトラーへの尊敬とか
    あと戦時中はサドマゾ増えるって本当なのかな

    サドの殺したい欲は反復性があるけど、マゾの殺されたい欲は一度きりで複雑である、と。なるほど、納得な気持ちと、マゾは殺されたいの?という疑問

    谷崎とか他の河野多惠子作品を読んでみようかな

    まぁまぁ長い割に読みやすくて良かった

  • 初版
    箱あり
    附録付き

  • 思い出の本。純文学の大家・河野多恵子によるサドマゾ調教小説。戦時下の日本で、年の離れた夫と結婚した若い娘は、筋金入りマゾの夫にサドの喜びを体で教え込まれていく・・・若かりし頃、赤面しながら読んだ一作です。

全3件中 1 - 3件を表示

河野多恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
倉橋由美子
恩田 陸
又吉 直樹
三島由紀夫
ウンベルト エー...
ジョルジュ バタ...
谷崎潤一郎
三浦 しをん
ポール・オースタ...
三島由紀夫
今村 夏子
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×