運慶 仏像彫刻の革命 (とんぼの本―やさしい仏像の見方シリーズ)

  • 新潮社
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106020544

作品紹介・あらすじ

南都炎上、世は末法-平安から鎌倉へ、あらゆる価値観が崩壊し、新しく生まれようという時、日本彫刻界に一大革命をもたらした天才・運慶。人生の節目節目で重なる不思議な縁をもつ著者が同じ仏師の立場から人間・運慶を縦横に語る。慶運はどんな家に生まれ、どんな環境で育ったのか?そのデビュー作は?代表作として名高い東大寺南大門仁王像が発する"気"とは?晩年に到達した理想の世界とは?国宝一家・運慶一派(慶派)の革新の技とは、何だったのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東大寺南大門仁王像を作った運慶。
    仁王像の解体写真が嬉しい。
    仏像を修復するための情報があるといいかも。

  • 運慶の見方。「仏像の見方」よりだいぶおもしろい。

  •  信仰心を身近なものにするために求めた写実性。

     玉眼を入れた、潤む眼差しの人間よりも人間らしい表情(偽りのない感じというか。)


     仏像、美しい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1915年、大阪府に生まれる。40年、東京美術学校(現東京芸大)彫刻科卒。
(財)美術院国宝修理所所長を長く勤め、千数百体の仏像を修復。52年に得度した後、愛宕念佛寺の住職となり信者による五百羅漢像の彫刻を進める。
86年、天台仏師法印号を授かる。仏教伝道文化賞、勲三等瑞宝章、東方文化賞など受賞。
東京芸術大学名誉教授、吹田市立博物館館長、著者に『仏像の見分け方』『祈りの造形』『ほとけの姿』など多数。2003年 逝去。

「1998年 『なにわ塾第71巻 祈りの造形物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村公朝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

運慶 仏像彫刻の革命 (とんぼの本―やさしい仏像の見方シリーズ)に関連するまとめ

ツイートする