小堀遠州 綺麗さびの極み (とんぼの本)

  • 新潮社
3.36
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106021442

作品紹介・あらすじ

茶人として茶の湯を総合芸術に高め、作庭家として日本の庭の新しいスタイルを確立し、作事奉行として禁裏・幕府の建造物を担当。まさに、八面六臂の活躍を果たした小堀遠州。彼の愛した"綺麗さび"の世界とは何か?この万能の達人の全貌に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 織部の弟子で秀長の小姓、高虎は岳父、そして徳川の作事奉行を勤める遠州。茶人で建築家で庭師で政治家でマルチアーティストというか、何というか…すごい。遠州についてもっと知りたくなる1冊。鶴と亀の庭に行ってみたいです。

  • 2015/12/26ブックオフ

  • ISBN-13: 978-4106021442

全4件中 1 - 4件を表示

小堀宗実の作品

小堀遠州 綺麗さびの極み (とんぼの本)を本棚に登録しているひと

ツイートする