英国のOFF: 上手な人生の休み方 (とんぼの本)

著者 :
  • 新潮社
3.35
  • (3)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 117
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022487

作品紹介・あらすじ

「何のために働く? もちろんOFFのためさ」英国人って意外と休み上手。生活大国イギリスには日常を輝かせ、人生を楽しむ知恵がある。たとえば一杯のマグのお茶から、週末の海の家、貸し農園の庭いじり三昧、友人とのジャムづくり、アーリーリタイアを謳歌する街……ロンドン在住20年で培った幸福になるコツとは? お金をかけずに限りない贅沢を味わえる、英国人に教わった「人生のOFF」時間。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とってもマッタリとした雰囲気を味わえる一冊。
    日本人はなかなか、こういった風な過ごし方は出来ないかも知れませんが、憧れる面が多々あります。

    特にお気に入りは、ジャムOFFのオジサンたち。
    彼らのように、気の置けない仲間と1日ジャム作りとお喋りと食事を満喫出来たら最高だなぁと思った。

  • またイギリス行きたい…。

  • ジャム作りにピクニック、OFFの過ごし方は海を隔てても一様に素晴らしい。

  • 久方ぶりに、大好きなイギリスに関する本を読みました。心が安らぎます。

  •  ロンドン在住20年の著者が、仲間たちから教わったとっておきのOFFの過ごし方を紹介する。
     テムズ河口の貝売り屋台、週末に向かう海の家、田園の果樹園で作るジャム、力強い緑に覆われたアロットメント(貸し農園)の畑、欠かせない一服の紅茶…。そして、英国独特のアーリーリタイアの考え方まで、人生を味わい豊かなものにしてくれるOFFの楽しみが詰まっている。

  • 2013.12.30.代官山蔦屋書店にて

    ジャム作りの所が面白かった。

  • 良いね英国。大人の国だ。

  • 英国在住20年でたくさんの現地人のお友達にと強い好奇心に恵まれた著者が、ロンドンを中心に極上の「お休みスポット」を奇麗な写真とあわせて紹介していて、楽しかった。週末にLeigh On Seaに出かけて貝をたべる。う〜ん。江ノ島に行って、生シラス丼を食べるという感じかな、ふむ、ふむ、と日本に置き換えながら読みました。でもWhitstableの牡蠣は代替が見つからなかった。悔しい!今度英国に行くようなことがあったら、是非試してみたいです。あと東インド会社まだあるんですね。何か買ってみようかな。

全10件中 1 - 10件を表示

入江敦彦の作品

英国のOFF: 上手な人生の休み方 (とんぼの本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×