竹宮惠子カレイドスコープ (とんぼの本)

  • 新潮社
4.14
  • (6)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022692

作品紹介・あらすじ

ジルベール、ふたたび。青春の衝撃が甦る! 竹宮ワールドの決定版、誕生! 「風と木の詩」ジルベールが、「地球へ…」ジョミーが、「変奏曲」エドナンが、甦る! 少女マンガを変革する〝カウンター〞でありつづけて50年、いま、竹宮惠子が万華鏡のごとき竹宮ワールドの全貌を語り尽くす、ファン垂涎の決定版。原画130点余、「風と木の詩」クロッキーノート全ページ初公開。カバー表紙は待望の描き下ろし!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 風木が(多分、他の作品も)耽美さや性の多様性、解放というより、あらゆる差別を意識して作られたものだったとは知らなかった。
    女性であること、こどもであること…色々な現実の不条理さが作者の中でトグロを巻き、それに少女たちが共鳴する機が熟したこと、必然だったのだと改めて感じる。
    では、今はどうなのか。
    あのような作品の登場とそれを受け入れる読み手との煌くスパークはあり得るのか。
    少女漫画の力は凄まじい。

  • ネームと完成原稿を交互に見せてくれる序盤の構成は分かりやすくて好き。

    氏の漫画は風と木の詩の1巻しか読んだことはないし、悪しからずファンではないが、幅広いテーマに挑戦していることを知って感心した。
    各作品に本人のコメントもあり、当時の勢い、スランプや苦悩が伝わる。
    近年では大学で教えたり、トークショーなど精力的に行なっているようだ。

    著名らしい他者との対談はわりとどうでもよい内容だったのでもう覚えていない…

  • <閲覧スタッフより>

    --------------------------------------
    所在記号:726.101||タケ
    資料番号:10234874
    --------------------------------------

  • とっても充実した内容で買って良かったー!と興奮もの。「風と木の詩」の構想を得た1970年から連載開始の1976年まで、編集に拒まれてもあきらめず作品を創り続けた先生の執念が伝わる。先生自身が選んだ作品について、原画と共に先生が語るという作品も、好きな作品が取り上げられていて嬉しい。

  • やっぱ、ジルベールだよね

  • 「風と木の詩」は、まさに竹宮惠子の「ゲルニカ」です!

  • 1番好きな作品は私を月へ連れてってだけど、どうやらダンとニナが出てくる作品があるらしい。エデン2185シリーズ、要チェックだな('ω')

  • 少年少女を始め様々な課題に取り組んだ著者の回顧録です。
    一つ一つの絵が細やかで、丸で展示会で眺め見ているかの様でした。

    私はこの人の作品は未読ですが『地球へ…』しか知りませんでした…。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1950年、徳島市に生まれる。徳島大学教育学部中退。68年『リンゴの罪』でデビュー。70年、雑誌連載をきっかけに上京。以後、SF、同性愛、音楽、歴史などを題材に多彩な執筆活動を展開。80年、『風と木の詩(うた)』『地球(テラ)へ…』により第25回小学館漫画賞を受賞。主な作品に『ファラオの墓』『イズァローン伝説』『私を月まで連れてって!』『紅にほふ』『天馬の血族』『マンガ日本の古典 吾妻鏡』などがある。京都精華大学にて2000年~教授就任。14年~18年学長。2014年紫綬褒章受章。

「2021年 『扉はひらく いくたびも 時代の証言者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹宮惠子の作品

竹宮惠子カレイドスコープ (とんぼの本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×