さっちん (フォト・ミュゼ)

著者 :
  • 新潮社
4.08
  • (34)
  • (14)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 140
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106024054

作品紹介・あらすじ

昭和30年代の活々とした子供たちの笑顔。第1回太陽賞受賞の幻のデビュー作ついに刊行。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 元気をくれる本

  • 圧倒的。凄すぎ。こんなん誰も超えられないす。

  • 天才アラーキーのデビュー作にして最高傑作。

  • 昭和の下町、超元気なこども達の、つきぬけた笑顔!ヘンな顔!パンツ丸だし!
    「さっちん」見ると、「ま〜、明日も元気に、いくかぁ〜!」って気になる。

  • 昭和37年のガキ大将さっちんと周辺を写した最初期の作品。
    対象との近すぎる距離はいつ何を撮っても変わらない。

  • 名作。復刻版。

  • 歯が入れ替わる前の子、屈託を持ち合わせる前の子。
    そんな子供が子供でいる時を、弾むようなテンポで綴った写真集でした。
    子供達のドアップ写真は、フレームから飛び出るような迫力で、息遣いや独り言がこぼれそうです。
    スナップは年数が経つと更に味わいが生まれると思います。図鑑や教科書よりも、世相や文化を如実に表すでしょう。
    スマホのように気軽に撮影できるツールをを持つ人が多い現代のスナップは、いつかの未来において、予想もしない味わいを持つことになるのかな。
    それは、未来を生きる楽しみになるかも。写真の味わいはスルメのようだなあ。
    写っている子供達はおそらく、撮影当時の年齢くらいの孫がいる状況だろうな。

  • こんな写真見せられたら、ほんと元気になるしかないよ。天才の原点がここにある。人を撮らせたらやはり天才だと思います。

  • アラーキーのデビュー作。

    これ見ると、やはり自由に撮っていいんだなと思える。
    被写体がフレームに収まってない写真もあれば(しかも顔が)、ブレてる写真もある。
    けれどそのほうが、エネルギーがあるというか、表現したいものがより出ているのならそれで構わないんだなぁと。

  • 初心に立ち帰り、目指すべき子どもの未来に
    決意新たにできる本

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1940年東京都生まれ。千葉大学工学部写真印刷工学科卒業後、電通に入社し写真部に所属する。1964 年「さっちん」で第1回太陽賞を受賞。1971年、妻陽子との新婚旅行を写した『センチメンタルな旅』を限定1000部で自費出版。以降、妖艶な花々、緊縛ヌード、空景、食事、東京の街、愛猫、様々な被写体から強烈なエロスとタナトスが漂う独特の写真世界を確立し、日本を代表する写真家として内外で高い評価を受けている。

「2017年 『荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒木経惟の作品

ツイートする