キプロス島歴史散歩 (新潮選書)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106035500

作品紹介・あらすじ

神話の浜、ギリシアの神殿、ローマの劇場、十字軍の城にオスマンのモスク…めくるめく九千年の歴史を持つキプロスには、これら全てがひしめいている。1974年の紛争後は南北に分断され「再統合」という課題を背負い、ヨーロッパ人には陽光豊かなビーチリゾートとして愛される、東地中海の美しい島キプロスの、歴史、現状、見所を、懇切かつ生き生きと紹介した書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アサクリ・ブラッドラインの舞台がキプロス島で、どんなところか歴史が知りたくて読んでみた。
    キプロス島のギリシャとトルコの問題はすごく難しいなと思うけれど、それも含めて歴史を知れたことは収穫だった。
    国と国の問題は複雑だけれど、人と人の関係はものすごく簡単じゃないかな。国が人との関わりを邪魔してるのは嫌だよ。

    キプロス島は歴史の詰まった島で、いろんな文化や歴史が混ざった建物や遺跡はすごく魅力がある。
    1度行ってみたいけれど、まぁ無理だろうな。
    もっと1つ1つの歴史を詳細に知りたい。

  • 書店で一目惚れ? して購入した本。
    日本ではあまり知られていない、地中海の島・キプロス島の歴史を扱っています。
    一番古い遺跡は新石器時代のものというこの島は、美の女神アフロディテが流れ着いた場所でもあり、ローマ帝国時代、十字軍の遠征、イギリスの植民地時代と、さまざまな時代の遺跡が存在しているそうです。
    とても勉強になり、楽しく読めました。たぶん、ちょこちょこ再読するんじゃないかと思います。

  • キプロス島はその位置から、欧州と中東を結びつける。遺跡も古代から現代までの歴史を凝縮している

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。津田塾大学英文科卒。雑誌編集者を経て、フリー。1981年に初めてイスタンブールを訪れ以来、足繁く訪土を続け、現在はトルコ研究者としてトルコ文化をメインに、旅行記や歴史物語を執筆。主な著者に「なにかを始めたいあなたへ」(じゃこめてい出版)「イスタンブール、時はゆるやかに」(新潮文庫)など。故・澁澤龍彦氏の妹。

「2008年 『女、五十歳 さあ、これから』 で使われていた紹介文から引用しています。」

澁澤幸子の作品

ツイートする