西行と清盛: 時代を拓いた二人 (新潮選書)

著者 :
  • 新潮社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106036927

作品紹介・あらすじ

1118年生まれの二人の男。片や二十三歳で出家し、中世を代表する歌僧となって往生し、片や十代から出世街道をひた走り、武者の世の栄華を極めたすえに滅亡した。文と武、聖と俗-いかにも対照的な彼らは十二世紀の日本をいかに生き、新たな時代の文化と政治をどう拓こうとしたのか?中世史研究の泰斗、渾身の書き下ろし七〇〇枚。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 西行のことを知るのに購入。斜め読みしかしていないが、足取りと時代背景や当時の風俗などがわかりやすい。歌僧として伝説も多いだけに、いろいろと知りたくなる。

  • 難しかったけど、面白かったです。

  • 西行法師と平清盛、2人の同時代人を通した武士の勃興を描く。大河ドラマ鑑賞の参考にもいい。この少し後に法然と親鸞が出てくるわけで、考えてみればダイナミックな時代だなぁ。西行についての叙述に比重がかかっている感じで、和歌の引用が多く少々まどろっこしい印象も。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。東京大学・放送大学名誉教授。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。専門は日本中世史。著書『院政期社会の研究』(山川出版社)、『吾妻鏡の方法』(吉川弘文館)、『中世のことばと絵』(中公新書)、『絵巻で読む中世』(ちくま学芸文庫)、『書物の中世史』(みすず書房)など。

「2019年 『中世史講義 院政期から戦国時代まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味文彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×