ミッドウェー海戦〈第2部〉運命の日 (新潮選書)

著者 : 森史朗
  • 新潮社 (2012年5月1日発売)
3.89
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037078

作品紹介

「本日敵出撃ノ算ナシ」-全艦に発信されたこの敵情報告に油断し、正規空母四隻の南雲艦隊は待ち構えていた米機動部隊に大敗北を喫した。絶望的戦況で米軍に一矢報いた空母飛龍の反撃など、生き残った戦闘員への綿密な取材を元に、参謀や指揮官の言動、パイロットや整備兵の奮闘まで、「太平洋戦争の天王山」全過程を克明に描く壮大な戦史ノンフィクション。

ミッドウェー海戦〈第2部〉運命の日 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この選書シリーズには珍しいノンフィクション小説。いよいよ後編にあたる本書では、具体的な戦闘の内容に入る。米軍機襲来がもう五分遅ければ、戦闘機の準備が整えられて適切な反撃も出来たとする「運命の五分間」という俗説を暗に全否定。そして戦後処理の「甘さ」を痛烈に批判している。いずれも共感できるところが多く、とても興味深く読んだ。

  • 今日でも、日本人がミッドウェー海戦の敗戦から学ぶべきことは多々あると思う。

  • 歴史は繰り返されるのだと改めて思った。ミッドウェー海戦は今から70年前の惨劇であった。この海戦敗北の事実を公表するかどうかで三日三晩対策にあけくれ、その結果大本営発表は虚偽に満ちたものになった。以降もミッドウェー海戦敗北の真相は軍関係者達によって、意図的かつ徹底的に隠蔽され続けたのである。同じことが2011年東日本大震災による福島第一原子力発電所事故における真相解明についても言えるのではないのだろうか。日本国の人(政治家)や組織(特に役人や企業)はいったい歴史から何を学んで来たのであろう。あまりに悲しい。

  • 20120704紀伊国屋書店三宮

全4件中 1 - 4件を表示

ミッドウェー海戦〈第2部〉運命の日 (新潮選書)のその他の作品

森史朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

ミッドウェー海戦〈第2部〉運命の日 (新潮選書)はこんな本です

ツイートする