私の日本古代史〈下〉『古事記』は偽書か―継体朝から律令国家成立まで (新潮選書)

著者 :
  • 新潮社
3.21
  • (1)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (3)
本棚登録 : 95
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037214

作品紹介・あらすじ

日本という国号はいつ成立したのか?大王家はなぜ天皇へと変わったのか?万世一系に断絶はなかったのか?そして最大の謎、『古事記』は果して偽書なのか?…『記』・『紀』の神話学をはじめ、宗教、民族、考古学、また朝鮮史や中国史など東アジア全体をも見据えた幅広い視野で提示する、「上田史学」の集大成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上巻に比べると、さすがに資料増えてきたおかげかはるかに良い内容になっています
    逆に言えば新鮮さがなくはありますが、古代日本史入門の手引きとしては有益な仕上がりに下巻はなっていると感じます

  • 日本における中華思想いまも

    上巻に続いていかにも学者らしい冷静な筆致で、継体朝から律令国家の成立までをバランスよく記述している。最近「聖徳太子」が実在しなかったとか、「古事記」は偽書であるなどという俗説が商売繁盛しているようだが、それらが事実無根の妄論であることもこの本を読むと納得できよう。

    世間では神代の昔から現代まで一貫して天皇制が存続したなどと考えている人も多いようだが、そもそも「天皇」という言葉が使用されるようになったのは天武朝からだし、それまでは「大王」と称されていた。王とは各地の部族の長で、それらの親玉を大王と称したが、大王が天皇に成り上がるためにはいくつもの階梯を経なければならなかったのである。

    まして「天皇制」に至っては著者が説くように古代の律令国家と「旧大日本帝国国家」においてのみきらきらしく存在を誇示したにすぎず、誰からもその必要を認められず、見捨てられておおむね幕藩体制の陰にうずもれていたことを私たちはよく顧みる必要があるだろう。

    「倭」がようやく「日本」に変身するのも天武朝からであるが、本書を読んでいるとその古代日本がいかに大唐を懼れ、へつらい、そのうっぷんを「夷狄」「蛮国」である朝鮮半島の国々にぶつけてみずからの「中華思想」を振りまわしていたかがうかがえて興味深い。

    「大唐」はその後「西欧」にとって変わった。するとわが親愛なる日本国は、好悪相半ばする東アジアの大先輩をにわかに前近代的な後進国とみなして唯我独尊・武断暴虐の限りを尽くし、過ぐる大戦で一敗地に塗れても、まだ往時のかりそめの優越感を忘れることが出来ないので、かの石原慎太郎のごとく悔し紛れに「大唐」を「支那」よばわりして己の低劣さを世界に晒す下品な手合いが跡を絶たないのである。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1927年、兵庫県生まれ。1950年、京都大学文学部史学科卒業。京都大学教養部助教授・教授、大阪女子大学学長、島根県立古代出雲歴史博物館名誉館長を歴任。2016年没。
【主要編著書】『日本武尊』(吉川弘文館、1960年)、『日本神話』(岩波書店、1970年、のち角川ソフィア文庫、2010年)、『上田正昭著作集』全8冊(角川書店、1998-99年)

「2019年 『日本の神話を考える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上田正昭の作品

私の日本古代史〈下〉『古事記』は偽書か―継体朝から律令国家成立まで (新潮選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×