斎藤茂吉 異形の短歌 (新潮選書)

著者 :
  • 新潮社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037412

作品紹介・あらすじ

とても変なのに、たまらなく面白い! 茂吉短歌の怪物的魅力を読み解く。茂吉の短歌は素朴なリアリズムではけっして理解できない。その本質は大胆な造語、文法からの逸脱、日常がそのまま非日常と化してしまう異様な写生術にこそある。にもかかわらず、代表作「死にたまふ母」が現代国語の定番教材となったのはなぜか。茂吉ワールドの謎を、教科書的鑑賞から遠く離れて、平易かつ精緻に解き明かす。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九五九年群馬県生まれ。東京大学人文科学研究科博士課程単位取得修了。聖心女子大学文 学部教授などを経て、現在東京大学教授(大学院総合文化研究科)。主要著作は、単著=『万葉集の発明 国民国家と文化装置としての古典』新曜社、二〇〇一年(上代文学会賞)。 『斎藤茂吉 あかあかと一本の道とほりたり』ミネルヴァ書房、二〇一〇年(斎藤茂吉短歌文学賞、 日本歌人クラブ評論賞)。『斎藤茂吉 異形の短歌』新潮社、二〇一四年(やまなし文学賞)。共著=『古典日本語の世界 漢字が作る日本』東京大学出版会、二〇〇七年。『古典日本語の世界 二 文字とことばのダイナミクス』東京大学出版会、二〇一一年。東京大学教養学部編『分断された時代を生きる』二〇一七年、白水社。編著=『鬼酣房先生かく語りき』二〇一五年、青磁社。『「国書」の 起源 近代日本の古典編成』二〇一九年、新曜社。

「2020年 『万葉ポピュリズムを斬る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

品田悦一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×