漱石と日本の近代(下) (新潮選書)

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106038068

作品紹介・あらすじ

一貫して漱石が描こうとしたもの、それは「女」という謎であった――。都市空間に住む家族の物語を描き続けた漱石。明治民法によって家の中にも権利の意識が持ち込まれ、近代的「個」の自覚、生活に浸透する資本主義、家族を離れた愛など、新たなテーマが見出されていった。中でも漱石にとって最も謎に満ち、惹かれた対象は「女の心」だった……。後期六作品を中心に時代と格闘した文豪像を発見する試み。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漱石が生きた時代の精神を踏まえたこのような深みのあるテキスト論に出逢えたことで、漱石の作品に一層魅力が増して、何度も作品を読み返したくなりました。物語的主人公と漱石的主人公がいるという指摘に興味が魅かれました。

  • 小説的主人公・物語的主人公/言語ゲーム

全2件中 1 - 2件を表示

漱石と日本の近代(下) (新潮選書)のその他の作品

石原千秋の作品

ツイートする