いま蘇る柳田國男の農政改革 (新潮選書)

著者 :
  • 新潮社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106038228

作品紹介・あらすじ

この国を深く、真剣に見続けた柳田の目には農業の行く末が映っていた! かつて農商務省の官僚だった柳田國男は日本の農業の弱点を見抜き、改善策を次々打ち出した。が、その思いは時の体制に葬られ、志を継ぐ後輩たちも、やがて忘れさられた。国際競争力はおろか、補助金で命脈を保たれる今日の農業。近現代を貫いて横たわる農政の病とは何か? 柳田が見出した希望の策を現代に蘇らせる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹
1955年岡山県生まれ。1977年東京大学法学部卒業、農林省入省。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、同次長などを歴任。2008年農林水産省退職。1982年ミシガン大学応用経済学修士、行政学修士。
主な著書に『バターが買えない不都合な真実』(幻冬舎新書、2016年)『日本農業は世界に勝てる』(日本経済新聞出版社、2015年)『農業ビッグバンの経済学』(同、2010年)『農協の大罪』(宝島社新書、2009年)、『「亡国農政」の終焉』(ベスト新書、2009年)、『農協の陰謀』(宝島社新書、2011年)、『日本の農業を破壊したのは誰か』(講談社、2013年)、『農協解体』(宝島社、2014年)など。

「2016年 『TPPが日本農業を強くする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いま蘇る柳田國男の農政改革 (新潮選書)のその他の作品

山下一仁の作品

いま蘇る柳田國男の農政改革 (新潮選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする