昭和史発掘幻の特務機関「ヤマ」 (新潮新書 (026))

著者 :
  • 新潮社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100260

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020.12.9 読了

    190ページ

    通算1796冊

  • 2003年刊。◆戦前日本に存在した防諜機関。その組織はトップシークレットで、活動内容も不明なまま現在まで推移。が、所属メンバーのメモが発見され、これに関係者のインタビューを加え、日本国内の防諜機関の実像に迫る。◆なお、日本有数のスパイ摘発事件ゾルゲ検挙。この検挙を奏効に導いたゾルゲ所在地の特定に、特務機関「ヤマ」が重要な役割を果たしたのは興味深い。◆ただ、関係者が次々死亡する中、残存資料も乏しいテーマを、本書のごとく追跡し続けるのは困難な気がしなくはない。本書ですら「ヤマ」のさわりにすぎない内容だから。

  •  幻の特務機関「ヤマ」の名称は何に由来するのか。 それは「山」と言えば「川」のヤマからとられた。ふざけてるわけではない。ただの秘匿名だから正式名称は違うし、そもそもそんな機関は存在しないのが表向き。


     「ヤマ」は陸軍大臣直轄の防諜機関だったため、国内で諜報活動をするスパイを捕らえることに活動の主眼があった。
     「ヤマ」の活躍により逮捕にいたった最大のスパイは、誰もが知るゾルゲだ。ゾルゲを逮捕したのは憲兵隊ということになっているが、電波探知のプロであった「ヤマ」の人間による執拗な調査、そして登戸研究所によって開発された新装備によって初めて可能にだった。
     ゾルゲ事件についての本を読んだことがないので確かなことは言えないが、たぶんこのゾルゲ摘発を可能にしたのが「ヤマ」だというのが、新事実なのだろう。 
     
     スパイは本国にむけて必ず無線電波をつかって連絡をとらなくてはならない。それはできるだけ短く、そしてどこから発信しているのかをバレてはいけないのが鉄則だ。そして、その当時の常識では、これくらいの電波で、これくらいの時間だったら発見されないだろうと考えられていた範囲内だった。そしてその予想通り、憲兵隊には発見できなかったのだが、最新設備を使い、防諜訓練を積んだ「ヤマ」の人間には発見できたというわけだ。


     吉田茂の近辺にも「ヤマ」は貼りついていた。吉田は戦前戦中を通して、親米英の立場をとっていたので、捜査、監視の対象となっていた。なんとか決定的な証拠をおさえたいということで、スパイを書生として潜り込ませていた。
     吉田は米英を利する行動をおこしたわけではないので、犯罪を犯してはいないが、親米英派の一掃という政治的な駆け引きのなかで、逮捕されることになる。その際には「ヤマ」が集めた証拠が採用されている。


     興味深いことに、吉田の家にはもうひとり中野学校出身の諜報員が書生として潜り込んでおり、そのあたりの事情は『私は吉田茂のスパイだった』という本に詳しいらしい(自分は読んだことはない) どうも、お互いがスパイだということは知らなかったようだ。


     文献資料がほとんどなく、元機関員と関係者の口承だけで伝わってきた幻の機関なので、全貌がよくわからないのが現状だ。 


     明らかになる日があるのだろうか。

  • 「秘録陸軍中野学校」と合わせて読んでみると、吉田茂に対する工作については事実誤認があるように思われる。「陸軍・・・」が工作員の手記と聞き取りを元にした一次資料でありながら、参考文献にはその名が挙がっておらず、二次資料「私は吉田茂のスパイだった」を使用している点は腑に落ちない。

  • 平成22年10月19日読了。

  • 世界戦争期における、日本の特務機関について。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1941年東京市生まれ。ノンフィクション作家。東北大学工学部中退。陸軍中野学校に関連する著者が8冊。共著を含めて50冊のノンフィクションを刊行。近著に『ルポ老人受刑者』(中央公論新社)。現在も現役で取材現場を飛び回っている。

「2021年 『陸軍中野学校全史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤充功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×