昭和史発掘幻の特務機関「ヤマ」 (新潮新書 (026))

著者 :
  • 新潮社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100260

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2003年刊。◆戦前日本に存在した防諜機関。その組織はトップシークレットで、活動内容も不明なまま現在まで推移。が、所属メンバーのメモが発見され、これに関係者のインタビューを加え、日本国内の防諜機関の実像に迫る。◆なお、日本有数のスパイ摘発事件ゾルゲ検挙。この検挙を奏効に導いたゾルゲ所在地の特定に、特務機関「ヤマ」が重要な役割を果たしたのは興味深い。◆ただ、関係者が次々死亡する中、残存資料も乏しいテーマを、本書のごとく追跡し続けるのは困難な気がしなくはない。本書ですら「ヤマ」のさわりにすぎない内容だから。

  • 「秘録陸軍中野学校」と合わせて読んでみると、吉田茂に対する工作については事実誤認があるように思われる。「陸軍・・・」が工作員の手記と聞き取りを元にした一次資料でありながら、参考文献にはその名が挙がっておらず、二次資料「私は吉田茂のスパイだった」を使用している点は腑に落ちない。

  • 平成22年10月19日読了。

  • 世界戦争期における、日本の特務機関について。

全5件中 1 - 5件を表示

昭和史発掘幻の特務機関「ヤマ」 (新潮新書 (026))のその他の作品

斎藤充功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする