立ち上がれ日本人 (新潮新書)

制作 : Mahathir Bin Mohamad  加藤 暁子 
  • 新潮社
3.85
  • (12)
  • (16)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100451

作品紹介・あらすじ

日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。なぜ欧米の価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。そして、若者は何を目指せばいいのか-。日本人には、先人の勤勉な血が流れている。自信を取り戻し、アジアのため世界のためにリーダーシップを発揮してほしい。マレーシアの哲人宰相が辞任を機に贈る、叱咤激励のメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても良かった。
    日本の政治家はこれを読んでいるのだろうか?

  • マレーシアの宰相マハティール氏のスピーチや主張をまとめたもの。
    2003年の出版だけあって、その後の激動した世界情勢においては通用しない箇所もいくつか散見される。
    中国はアジアの脅威にはならない、北朝鮮は核を持たない、持ったとしてはすぐに処理できる、等々。
    90歳を超えて中国による脅威から再び宰相の地位に返り咲いた今、その主張は明らかに変わっている。
    それでも一貫しているのは、日本を信じてくれていること。
    日本の政治についてきついことも書いてあるけれど、今は状況も変わっている。手を取り合って難局を打開したいところ。

  • 訳者が学生時代に教師に盲従して国歌斉唱の際に起立しなかったり、歌わなかったことも度々あった、と書いてありびっくり。左思想の人じゃん。

    よくマハティール氏のルック・イースト思想を訳そうという気になったこと。インタビューや演説原稿を基にした訳者がまとめた英文原稿の方はマハティール氏が一語一語直したそうなので、訳者の思想バイアスはかかっていないとは思うが、英語原文やインタビューそのものや演説そのものを載せてくれた方が良かったと思う。本書には原典は一切書いていない。

    2018年、マレーシアの首相にマハティール氏が再度選ばれた。マレーシアを牽引した氏の思想に触れる事は意義があると思う。
    盛田昭夫氏の本を読み、盛田氏や松下幸之助氏を尊敬するという。日本はまずマレーシアの人すら読んでいる盛田氏の本を読んでいるのか?を自問すべきだね。そういえば、日本電機産業が次々と中国企業へ身売りされる中、ソニーとパナソニックは独立を維持している。やはりこの二社は起業精神がしっかりしているということだろうか?

  • 盲従するな。ごもっとも。

  • マレーシア、マハティール元首相からのメッセージ。
    冒頭文がかなり熱くて素敵。勇気をもらえる。
    <メモ>
    ・軍国主義はよくないが、愛国主義は悪いことでない。愛国主義は困難を乗り越えるために助けになる。
    ・イスラム教は非イスラム教に対して「あなたに平和が訪れますように(アッサラーム・アライクム)」と挨拶する。なぜなら砂漠地帯に平和はほとんど訪れたことがなかったから。平和は彼らにとって最も大事なことだった。
    ・挨拶には人々の願いが込められているもの。中国では「もう食事はしましたか」という挨拶が買わされる。これは過去飢えで国が苦しんでいた時代が長かったから。
    ・世界で 対立やレジスタンスが起きたりしているのは、異なる宗教間であっても、基本的には土地の没収や政治的抑圧に原因があるもの。

  • 自国に対する誇りを持つことって、自分らしく生きる上で大切なことだと思っています。
    日本に対する悲観論に飽き飽きした頃に読んで、刺激を受けた本。

  • [ 内容 ]
    日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。
    なぜ欧米の価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。
    一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。
    そして、若者は何を目指せばいいのか―。
    日本人には、先人の勤勉な血が流れている。
    自信を取り戻し、アジアのため世界のためにリーダーシップを発揮してほしい。
    マレーシアの哲人宰相が辞任を機に贈る、叱咤激励のメッセージ。

    [ 目次 ]
    序章 日本人よ誇りを持て
    第1章 ルック・イースト―日本への憧れ
    第2章 教育こそ国の柱
    第3章 中国に怯えるな
    第4章 日本人こそイスラム世界を理解できる
    第5章 富める者の責任
    解説 アジアの哲人宰相

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 欧米以外の視点から見た日本像。疑問に感じる点も多かったが

  • 2011/1/26読了。
    国家として独立すること。国力の差や歴史に囚われず、必要であれば大国や国際世論と対峙することをも厭わない。先を見据えて自国に合った政策を実行していく。
    日本の政治の力不足を再認識。民族を超えるための愛国心教育や英語教育、固定相場制導入などの大胆な政策を知れば、今の自民と民主のマニフェストの差異なんて誤差の範囲に思えてくる。その中で良し悪しを判断している自分の頭がどれだけ凝り固まっているのか恐ろしくなった。
    日本から多くを学び、自国の発展につなげたマハティールだからこそ憂う日本の現況はどうにかならないものか。日本の文化を見直し、それに合致する政策,道筋を示せる政治家の出現を期待せずにはいられない。

  • ルック・イースト、ジャパンに習え。日本がロールモデルとして、アジア各国に注目されていること、これは常に意識しながら、その見本たるよう頑張らなければならない。日本人ほど自虐的な国民はいないと言われるが、クヨクヨしないで自信持たなきゃいけないことを実感。日本人はどうなったら満足する日が来るのだろうか?そういえば何年後にこうなりましょう!っていう元気な議論ってなされていない気がする。何年後にはこうなります、という話は多いけど。(たいてい悲惨な結末ばかり。。)

全17件中 1 - 10件を表示

立ち上がれ日本人 (新潮新書)のその他の作品

立ち上がれ日本人(新潮新書) Kindle版 立ち上がれ日本人(新潮新書) マハティール・モハマド

マハティール・モハマドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

立ち上がれ日本人 (新潮新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする