翼のある言葉 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.11
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近代史や書誌をテーマとした評論家で、読書論等の多数の著書を発表している紀田順一郎が、古今東西の書物の中から、「翼のある言葉」(=ドイツ語で“Geflugeltes Wort”。時と場所を超えて胸に飛び込んでくる言葉)を集め、その作者と原典を含む解説を加えたもの。
    シュテファン・ツヴァイク『人類の星の時間』より~「一つの国民の中に常に無数の人間が存在してこそ、その中から一人の天才が現れ出るのであり、常に無数の坦々たる世界歴史の時間が流れ去るからこそ、やがていつかほんとうに歴史的な、人類の星の時間というべきひとときが現れ出るのである」
    ソロー『森の生活(ウォールデン)』より~「目を内に向けよ。そうすれば心のなかに無数の領域を見つけるだろう。まだ発見されていない領域を。そこを旅し、自分の宇宙誌の大家になれ」
    『フランクリン自伝』より~「人間の幸福というものは、時たま起るすばらしい幸運よりも、日々起って来る些細な便宜から生まれるものである」
    ほか、『論語』、セネカ『人生の短さについて』、シェイクスピア『ハムレット』、ゲーテ『ファウスト』、ホイジンガ『中世の秋』、フランクル『夜と霧』、岡本太郎『今日の芸術』、小林秀雄『私の人生観』、坂口安吾『堕落論』、カレル『人間この未知なるもの』、サン=テグジュペリ『人間の土地』、『老子』、谷崎潤一郎『文章読本』、『ラ・ロシュフコー箴言集』、アラン『信仰について』、宮本常一『萩の花』、陶淵明『田園の居に帰る』、モア『ユートピア』、南方熊楠『上松蓊宛書簡』、ミルトン『失楽園』、古今亭志ん生『なめくじ艦隊』、吉田健一『乞食王子』、などから、81の名言が紹介されている。
    読書家として有名な著者ならではの、名言集としても読書案内としても楽しめる一冊。
    (2006年2月了)

  • 著者が選ぶ名言・名句とそれに関する鋭い考察が紹介されています。読書ガイドとしてもいいかも。

全2件中 1 - 2件を表示

翼のある言葉 (新潮新書)のその他の作品

翼のある言葉(新潮新書) Kindle版 翼のある言葉(新潮新書) 紀田順一郎

紀田順一郎の作品

ツイートする