妻に捧げた1778話 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.25
  • (26)
  • (108)
  • (178)
  • (47)
  • (11)
本棚登録 : 1471
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100697

作品紹介・あらすじ

余命は一年、そう宣告された妻のために、小説家である夫は、とても不可能と思われる約束をする。しかし、夫はその言葉通り、毎日一篇のお話を書き続けた。五年間頑張った妻が亡くなった日、最後の原稿の最後の行に夫は書いた-「また一緒に暮らしましょう」。妻のために書かれた一七七八篇から選んだ十九篇に、闘病生活と四十年以上にわたる結婚生活を振り返るエッセイを合わせた、ちょっと風変わりな愛妻物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奥様のおっしゃるとおりこれエッセイやんかと思うお話もあるけれど、奥様への愛情に溢れた一冊。
    続けることは尊い。誰にでもできることではないよね。

  • ‪末期ガンの妻のため一日一遍話を書き綴る本作。‬

    ‪著者の終末を感じながらも表に出さないよう毎日粛々と書き続ける心の葛藤や、非常を日常として受け止める決断には胸が詰まった。‬

    ‪1778話の最終回が近づくにつれて溢れ出てくるナマの感情には心が震え、涙を拭いながら読んだ1冊‬

  • 子供の頃読んだ謎の転校生以来の眉村卓。
    ちょっと本来のSF作品という感じとは違うけど、これはこれでグッときた。

  • 短編のエッセイ集。
    読みやすい作品ではあるが、前評判が良かったので、そこまででは…と感じてしまった。

  • 本のおすすめ番組(アメトーク)で知った。最後が感動すると紹介されたけれど、私は最後より割と初めの方にある妻と私の、初段と協力者のところがぐっときた。
    初段がどの位難しかったか、知らんかってん
    わたし、してもらいたいことがある
    のところ
    二人の長い時間と絆を感じた

    224古い硬貨、1242天からお札、1563土産物店の人形、1592秒読み、1680聞いて忘れて下さい、が好き

  • ずいぶん前のアメトーークでカズレーザーが紹介してた本。
    ずっと読みたくてやっと読了しました。

    すごく読みやすくて、読了までに時間はかかりませんでした。
    ただ、読む前の期待値が高かったぶん、少しガッカリ。
    泣ける、と謳っていますが、わたしは泣けませんでした(グッとはきた)。

    わたし自身がもっと人間的に成長したら、この本の本質というか、大事な部分に気付けるのかも。

  • 妻に捧げた1778話
    著:眉村 卓

    余命1年を宣告された妻に対して一日一作品、妻のために作品を綴る。そして妻に向けたその作品はプロである著者が商業的な読み物として世に出せるものという水準が求められている。

    妻に向けながらもその先にある読者を考慮する作品。
    全1778話の中から厳選された作品が本書にて編纂されている。

    著書の作品を紡ぎあげる目的は何だったのだろう。余命一年を宣告された妻に対しての想いを綴るそれは、手紙でもなく、そしてその作品によって完治を図るものでもないように思う。ただ目の前の人に喜んでもらう。その妻の喜びは裏・将来の読者を意識した喜びが叶えてはじめて妻も喜ぶ。

    難しく深い作品が本書にはつめこまれている。
    どんな心境で読み進めるべきか迷う時も多いものの、何か期待を込めて読んでいる自分がいた。

    一日一作品を紡ぐ大変さはあったとは思うが、妻と著者との関係はこの作品によって永遠なものとなっている。話すとはまた違った残り方に心が動いた。

  •  小説家がガンになった妻の為に1日1話ショートショートを書いた経験を振り返る。

     載っているショートショートは1778話のごく一部で(別の本に掲載)、その過程の妻とのやり取りなどが書かれている。ショートショートをその時の状況などを振り返りながら簡単に解説していて面白い。
     1000編を超えるショートショートもさることながら、妻の為に毎日書き続けたこと自体が一番の素晴らしいストーリーであると実感できるつくり。

  • 僕が青春時代、既にオールドタイプのSF作家という認識でいました。何冊か読んだ事はあると思うのですがあまり覚えておりません。(不定期エスパーシリーズを読んだ記憶があります)
    本作はカズレーザーさんがアメトークの読書芸人で紹介した事で一気に広がったと思うのですが、(僕も見ていました)メチャクチャ感動する泣ける、という方向の紹介だった為泣かせて欲しい症候群の人々が群がったのがとっても残念でした。
    淡々とした筆致で奥様との日々を語り、短編を淡々とつづる。
    長い時間を共有した夫婦だからこそ醸し出せる奥深い空気感。
    誰にでも訪れる別れに、わが身を置いてこそ感じるしんとした切なさ寂しさ。
    最後の一文に込められた感情に背筋が伸びます。自分もこんな風に配偶者に向き合いたいと強く想いました。

    「感動するって聞いたのに泣けませんでした」というようなレビューを書いている人が沢山いるのにびっくり。どれだけ慟哭したいんだよとガックリ来ました。

  • がっかりした。つまらなくて。

全179件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

眉村卓(まゆむら たく)
1934年、大阪市西成区生まれ。大阪大学経済学部卒。耐火煉瓦会社勤務の傍ら、SF同人誌「宇宙塵」に参加。61年、「SFマガジン」第1回SFコンテストに投じた「下級アイデアマン」が佳作入選し、デビュー。63年、処女長編「燃える傾斜」刊行。その後コピーライターを経て、65年より専業作家に。企業社会と個人の関係をテーマにしたいわゆるインサイダー文学論を唱え、ショートショートやジュニアSFでも健筆をふるい、絶大な人気を博す。71年、未来の管理社会を描いたインサイダーSF「司政官」シリーズを開始。79年、その長編第一作『消滅の光輪』で第7回泉鏡花文学賞を受賞。癌を患った妻に日々、自作のショート・ショートを捧げた。妻が逝去したのち『妻に捧げた1778話』として発刊、大きな反響を呼んで2011年1月に映画化、代表作の一つに数えられる。

妻に捧げた1778話 (新潮新書)のその他の作品

眉村卓の作品

妻に捧げた1778話 (新潮新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする