妻に捧げた1778話 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.25
  • (26)
  • (108)
  • (178)
  • (47)
  • (11)
本棚登録 : 1471
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100697

作品紹介・あらすじ

余命は一年、そう宣告された妻のために、小説家である夫は、とても不可能と思われる約束をする。しかし、夫はその言葉通り、毎日一篇のお話を書き続けた。五年間頑張った妻が亡くなった日、最後の原稿の最後の行に夫は書いた-「また一緒に暮らしましょう」。妻のために書かれた一七七八篇から選んだ十九篇に、闘病生活と四十年以上にわたる結婚生活を振り返るエッセイを合わせた、ちょっと風変わりな愛妻物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 僕が青春時代、既にオールドタイプのSF作家という認識でいました。何冊か読んだ事はあると思うのですがあまり覚えておりません。(不定期エスパーシリーズを読んだ記憶があります)
    本作はカズレーザーさんがアメトークの読書芸人で紹介した事で一気に広がったと思うのですが、(僕も見ていました)メチャクチャ感動する泣ける、という方向の紹介だった為泣かせて欲しい症候群の人々が群がったのがとっても残念でした。
    淡々とした筆致で奥様との日々を語り、短編を淡々とつづる。
    長い時間を共有した夫婦だからこそ醸し出せる奥深い空気感。
    誰にでも訪れる別れに、わが身を置いてこそ感じるしんとした切なさ寂しさ。
    最後の一文に込められた感情に背筋が伸びます。自分もこんな風に配偶者に向き合いたいと強く想いました。

    「感動するって聞いたのに泣けませんでした」というようなレビューを書いている人が沢山いるのにびっくり。どれだけ慟哭したいんだよとガックリ来ました。

  • 癌になった妻のために、筆者は“何か自分にできることはないだろうか”と考え、“毎日、短い話を書いて妻に読んでもらうこと”を思いつきます。“癌の場合、毎日を明るい気持ちで過ごし、よく笑うようにすれば、体の免疫力が増すーとも聞いた”(p9)からでした。

    病気の妻を読者としたため、書くものには制約を設けました。エッセイではなくお話にする、商業誌に載ってもおかしくないレベルを保持する、読んであははと笑うかにやりとするものであることなどです。

    病気の妻に捧げる話と聞いて、もっと深刻で哀しい話なのかと勝手に想像していましたが、初めは病気とは関係のないショートショートでした。病気だからこそ笑える話を、という発想が素敵でした。そして妻はそんな筆者の協力者であることに自負心と誇りを持っており、理想の夫婦だと思いました。

    最後は“病気の変化と進行には無関係ではいられなかった(p13)”、“ナマの気持ちを表に出してしまっている作品(?)(p182)”ですが、その話の変化に胸が苦しくなりました。

    話の変化から筆者の気持ちの変化を感じましたが、泣ける話というよりは、夫婦のお互いへの思いやる気持ちを感じて、憧れるような物語でした。

  • 最後、泣きました。
    眉村さんがどれだけ奥さんのことを想っていらしたか、そしてお二人がどれだけ望ましい関係であられたかがよくわかりました。

    一日一話の物語をすべて読んでみたいです。
    単純に眉村さんの書く話がおもしろいと感じました。
    この本に収録されているものの中では、「ある書評」「書斎」「秒読み」などが読んでいてとてもワクワクしました。
    読んでいる途中はSF作家なんだ!ぐらいに思っていましたが、読み終わったあとに気がつきました。
    眉村卓さんは「ねらわれた学園」の原作者なんですね。
    現代版のアニメ映画しか観たことありませんが、設定がおもしろい作品だなと感じたのでいつか原作もチェックしてみたいと思っていました。
    いいきっかけになりそうです!

  • 構えて読んだのだけど、あっという間に読み切ってしまった。

    妻に「捧げた」とあるけれど、あとがきで想定した読者は妻であって、でもそれだけではない、誰が読んでも通じるものを、とある。
    この言い方が、とてもよく分かる。

    妻の病状が進むに従って、それを全く抜きにしては語れないであろう、無意識下の想像が浮かび上がってきたり。
    また、作者自身の想いが、物語を通して逆に気付かされるようなことだってあったはずだ。
    二人にしか味わえない何かが、きっとある。

    そして、二人の迎えた結末を知っている「私」が、リアルタイムで書かれたショート・ショート達を更に外側から読んでゆく。
    不思議な読書体験だった。

    1778話を連ねてゆく中で、その表側にはどんな1778日が在ったのか。
    作者が取り上げた幾つかのお話に添えられたあとがきから、ほんの少し垣間見える生活。
    長くなるほど、止めることで何か起きるんじゃないか、と思うこと。
    二人が看病する者と看病される者を離れ、共同作業として編んだ作品たちを、素敵に読ませていただいた。

    私としては、一万円が降ってくる話がお気に入り。
    結局一万円は消えてなくなった、という教訓めいた終わりにするのではなく、最後は消えてなくならなかった、という終わらせ方が意外だった。

    文庫版では更に多くの話が入っているよう。
    1776日目が飛んでいたことも気になるけれど、全話完全版を、是非とも美しい装丁の本で読んでみたいなぁと思う。

  • 作家眉村卓さんが病に伏した奥様の為に1日1作品の短い話を作り聞いて貰うことと決めて5年間の闘病に寄り添った1778作品の抜粋と眉村さんの所感です。夫婦が互いに信じ合い共に生きる為には二人の生きる根っこ目指す方向が同じでありさえすれば良い という箇所に共感しました。私達もそのようにありたいものです 笑。

  • 【悲幸福感】
    話もいいですが、注釈など話の合間がいい感じです。

  • 先に『僕と妻の1778話』(以下「僕と妻の」)を読み
    話題の本書を手にする。「僕と妻の」と比べると、
    お二人の日々(過去、現在)と創作時の心情が
    より深く語られており、
    短編を読むためなら「僕と妻の」(感想にも書いたが、
    解説とあとがきを含めて、一つの物語だと思う)、
    本書は、作家眉村卓とそれを陰で支えた(?)
    奥様の最後の日々、作家・家族のこころの動きが
    より深く語られ、あるひとつの夫婦の姿、
    闘病を支える、ともに戦う家族の姿、
    それを背景に創作された短編が紹介される回顧録
    エッセーと読んだ。

    「僕と妻の」では作家である夫、その第一の読者である妻という、これまでの形を残された時間の中で
    できる限り続けていくことを、お二人が望み
    生まれた1778話という印象だったが、
    本書を読むと、作家である夫という姿を
    奥様が望み1778話が生まれたという印象が強い。

    葬儀への要望、祈願のお札のエピソードは
    不意打ちに近くガツンとやられた。
    同志として生き、相手を思い、一緒に暮らしたい
    と思う存在。そう思ってもらえるよういたく、
    そう思いたい。

  •  SF小説作家・眉村卓は、余命1年と宣告された妻のために一日一話ずつショートショートを書いた。
    自分に課した制約は、
    ①四百字詰め原稿用紙3枚以上
    ②エッセイではなく短編小説
    ③全て商業誌に載ってもおかしくないレベルを保持する
    ④病気や人の死、深刻な問題、病人の神経を逆なでする内容は書かない
    ⑤必ず日常とどこかでつながっていること、など。
    それから妻が亡くなるまでの五年間、毎日書き続け、総作品数は1778話。階下に妻の遺体を安置し二階で書き上げたという最終回が読者の胸を打つ。
     40年以上に亘る結婚生活を振り返ったエッセイとともに、妻に捧げた19編を掲載した、静かに心潤うある夫婦の愛の実話。

     アメトークでカズレーザーが「泣いた」と紹介し興味を持って購入。実際に読んでみて、眉村夫妻の互いを理解する愛の形を素敵だと感じたものの、泣くようなことはなかった。
     妻との思い出と妻に捧げた短編小説を交えながら最終回、妻の死へと向かっていくが、悲壮や哀切を大して感じさせない書き方は好感が持てた。色んな夫婦の形があって、これもひとつの素敵な一例、程度にしか感じなかったが…。

  • 著者は、奥様が余命を宣告されたときに、「これから一日一話、妻に捧げる話を書こう」と決意した。その1778話が創られていく過程を描いた本だ。

    夫として妻に本気で何ができるのか。
    眉村氏は、プロの作家として、そのテーマに全力で挑んだ。
    そのことを読んだ次の瞬間、当然読者としては、自分だったらどうかということを考えしまうものだ。

    平凡なサラリーマンとして、自分なら本気で何ができるのか?あるいは、子どもに、家族に、愛する人に、本気で何ができるのか、ということを一瞬考えてしまうものだ。

    著者は、プロの作家として、この方法を選び成し遂げた。
    一日も欠かさず成し遂げたという事実がプロであることを感じさせるし、妻に対する愛情の本物を感じさせる。

    文字や文章は思いを伝える手段。しかしその思いが言葉を超えているときに、プロの作家ならどう表現するのか?

  • 奥さんが病気で余命宣告されてから、一日一話、ちゃんとしたショートショートを書いていったもの。

    最終話は、パッと見はわからなかったが。どう言うことか考えたら少しわかった気がした。

    泣こうと思って読んだら泣けない。前編感動ということではなく、奥さんに笑ってもらいたくて書いているショートショートなので、感動とかではない。が、作者の感情を解説もしているので、そこもよかった。
    人生経験を積んだ人の方が泣けるのかなと思いました。

  • 本屋で読書芸人を拝聴して読了。

    最終回が読みたくて手に取ったのだが
    あっというまに(ものの2時間くらいで)読めてしまう。
    癌を患った妻に一日一話、物語を書く。
    エッセイにはしない。
    必ずお話にする。
    原稿用紙3枚以上。
    病人の神経を逆なでしない。
    病気や人の死、深刻な問題、大所高所からのお説教、専門用語の乱発、ラブロマンス、官能小説、不倫は避ける。
    夢物語でもいいが、どこかで必ず日常につなげる。
    などなど、細かな規定を自ら設け、毎日書く。
    病床の妻が手にとって読むことが出来なくなってきてからはご本人が読み聞かせをしたらしい。

    奥様が死後、お葬式の際に表記する名前をお願いしたこと、読み続けたお話に対して、これでは他の人にわからないと感じたら文句をつけたこと、「慰め」ではなく「仕事」として物語を評価していたことが、ほんとうに著者を作家として尊敬し、認め、支えていたのだなあとわかった。

    そして最終回。
    亡くなられた直後に書かれた妻への物語は、ただただ、読んでくださいと言いたい。

  • ‪末期ガンの妻のため一日一遍話を書き綴る本作。‬

    ‪著者の終末を感じながらも表に出さないよう毎日粛々と書き続ける心の葛藤や、非常を日常として受け止める決断には胸が詰まった。‬

    ‪1778話の最終回が近づくにつれて溢れ出てくるナマの感情には心が震え、涙を拭いながら読んだ1冊‬

  • 短編のエッセイ集。
    読みやすい作品ではあるが、前評判が良かったので、そこまででは…と感じてしまった。

  • 本のおすすめ番組(アメトーク)で知った。最後が感動すると紹介されたけれど、私は最後より割と初めの方にある妻と私の、初段と協力者のところがぐっときた。
    初段がどの位難しかったか、知らんかってん
    わたし、してもらいたいことがある
    のところ
    二人の長い時間と絆を感じた

    224古い硬貨、1242天からお札、1563土産物店の人形、1592秒読み、1680聞いて忘れて下さい、が好き

  • ずいぶん前のアメトーークでカズレーザーが紹介してた本。
    ずっと読みたくてやっと読了しました。

    すごく読みやすくて、読了までに時間はかかりませんでした。
    ただ、読む前の期待値が高かったぶん、少しガッカリ。
    泣ける、と謳っていますが、わたしは泣けませんでした(グッとはきた)。

    わたし自身がもっと人間的に成長したら、この本の本質というか、大事な部分に気付けるのかも。

  •  小説家がガンになった妻の為に1日1話ショートショートを書いた経験を振り返る。

     載っているショートショートは1778話のごく一部で(別の本に掲載)、その過程の妻とのやり取りなどが書かれている。ショートショートをその時の状況などを振り返りながら簡単に解説していて面白い。
     1000編を超えるショートショートもさることながら、妻の為に毎日書き続けたこと自体が一番の素晴らしいストーリーであると実感できるつくり。

  • いつ泣けるのかと読み進めたけど泣けなかった。
    ただママの事を考え、最後の時は結婚して良かったと思われたいのでこれからもママの事、大切にしたいと思わせてくれた一冊。

  • 【感想】
    タイトルだけで泣ける・・・晩年の良い夫婦のスタイル
    自分の妻がそういう状況になった時、自分はこんなにも色んな事を妻にしてやれるのかな?いや、出来ないな。
    ただ、妻に捧げた1778話の内容がほとんどくだらない空想なのは如何なものか。
    正直、話の一つ一つは読んでいて全く面白くなかった。

    両方が元気なうちに、いっぱい思い出を作りたいなーと、読んでいて漠然と感じた。


    【引用】
    p9
    妻が退院してから、私は考えた。何か自分にできることはないだろうか。
    思いついたのは、毎日、短い話を書いて妻に読んでもらうことである。
    文章の力は神をも動かすというが、もちろん私は、自分の書くものにそんな力があるとは信じていない。
    ただ、癌の場合、毎日を明るい気持ちで過ごし、よく笑うようにすれば、体の免疫力が増す、とも聞いた。


    p203
    ひとつひとつ記憶がよみがえるたびに、あのときああすればよかったのではないか、こうすればよかったのではないか、との悔いが出てきて、しかも何が正解だったのか、いまだにわからないのである。
    そして今となっては、たしかめるすべもない。

    私は癌になった当人ではなかった。
    その私が、妻の心境をいくら推察しようとしても、本当のところがわかるはずがない。

    人と人とがお互いに信じ合い、ともに生きて行くためには、何も相手の心の隅まで知る必要はないのだ。
    生きる根幹、めざす方向が同じでありさえすれば、それでいい。

  • 草彅剛と竹内結子が夫婦役の映画で
    この作品の存在を知った。
    決してカズレーザーに感化された訳ではない。
    奥さんへの想いが現れた行動が積み重なって
    生まれた作品たちは筆者のルールとして
    出版されても恥ずかしくないレベルだから
    読んでいて楽しめるショートショートだし、
    それが書かれた当時の出来事も分かるから
    感情移入せざるを得ない。
    奥さんだけが読める最終回の内容と
    その最後の1行には体が震えた。
    他の作品も読みたいし、
    映画も見てみたい。

  • 余命宣告をされてしまった奥様のために、一日一話クオリティの高いSSを作り読んでもらう。楽しんでもらえれば病と共存し、命をつなぎ止められると思うから。作家様の深い愛情と思いが込められた一冊。奥様なしでは生まれなかった1778のSSのうちの一部を、複雑な気持ちで読みました。こんなに想ってもらえるなんて、いいなぁ。

  • 癌に侵された妻のために、1日一話ショートショートを書くことに決めた筆者。その日々は5年にも及ぶ。

    妻のためを思って書いた短編集でもあり、それが全てでもないという筆者の言わんとしているところは何となくわかる気がする。


    筆者の本意ではないかもしれないが、個人的にはショートショートそのものよりも筆者がショートショートを書き進める中で、妻の病状も含め、どのようなことを考えていたのかいわばエッセイのような部分に興味が惹かれた。

    そして、ラストの短編集で、
    ありがとうございました。
    また一緒に暮らしましょう。
    という言葉に心打たれた。

  • 読んでいて胸が苦しかった。
    がん患者の家族の気持ちが率直に書かれてる。
    いい夫婦。

  • もう少しショートショート見たかったです。
    泣けなかったのは残念でしたがとても心温まる本でした。

  • すばらしい夫婦だったのだなあ
    奥様の詠んだ俳句には闘病の辛さを感じるが、そこを感じさせない温かな闘病記だ

    癌の身のあと幾たびの雛まつり

  • ちょっと前評判がハードルを上げてた感が否めないかも。
    にしても自分が出来ることの最善と言う意味合いでは作者自身もある程度折り合いがついたのではないかと。
    今と理想の折り合いをつけていかないと辛い思いばかりが残ってしまうように思います。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    余命は一年、そう宣告された妻のために、小説家である夫は、とても不可能と思われる約束をする。しかし、夫はその言葉通り、毎日一篇のお話を書き続けた。五年間頑張った妻が亡くなった日、最後の原稿の最後の行に夫は書いた―「また一緒に暮らしましょう」。妻のために書かれた一七七八篇から選んだ十九篇に、闘病生活と四十年以上にわたる結婚生活を振り返るエッセイを合わせた、ちょっと風変わりな愛妻物語。

    読み終えて、闘病生活の奥さんにとって作者の書いたお話は生きる楽しみだったんじゃないかなぁと感じました。
    また作者にとっても 奥さんとのいつの日かのお別れのためには必要な事だったように思った。
    全てのお話は載っていませんが 私は好きです。とてもいろんな事を想像させてくれるお話だと思いました。
    たくさんの本を読んできて 脳内で情景を思い浮かべながら読める作品は 自分にとっていい意味でとても影響された作品なんだろうなぁ感じています。
    最終回で〝また一緒に暮らしましょう。〟と書いた作者も奥さんも共に幸せな人生だったのだろうなぁと感じました。

  • 作家 眉村卓が闘病する妻に一日1作品短編のお話を綴った。その時の様子と作品集。

    私的にはご夫婦の様子が目に浮かんで、小説のように感じられた。お互いを信頼しあい、なんでもないやり取りが愛おしく感じる。

    短編の話は 好きなものあり、???の物ありであったが、「最終回」は 目頭が熱くなった。
    きっと 作者の頭の中にはちゃんと話があって、それを語ると 奥さんはにっこり笑って うなずいて、「完成したね」なんて労って・・・

    妄想入りました。ごめんなさい。

  • 番組を観ていたので、
    とにかく最後のページが見たくて見たくて、
    それを我慢しながら読むのがつらかった。
    がっつり短編集かと思いきや、
    そうではなく、
    夫婦の在り方が淡々と書いてある。

    うちの両親もお互いに癌が発覚し、
    見舞いに行っている間は
    いろいろなことを思っていたのだろうな。
    今、二人とも健在で
    一緒に出かけて行く姿はまさに奇跡だな。

    泣いたかと言われれば、泣かなかった。
    だからといって、感動しなかったわけではない。

  • 「アメトーーク! 読書芸人」での紹介を機に反響のあった一冊。余命1年の妻に毎日書き続けたショートショートの抜粋と最後の一編までの過程がまとめられている。抜粋された作品群よりも妻への気遣いや関係性にこの本が絶賛される理由なのだろう。‬

  • 芸人が薦めてたので買ってみた。星新一と比べちゃかんと思いつつ、ショートショートの落ちの落差が少ないことに不満を感じながら読んでくと、単話としての落ちよりも連続で読むことでの変化が面白い。最後は圧巻。たまに聞く「心地よい浮遊感がある読後感」ってやつを初めて味わった。

全179件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

眉村卓(まゆむら たく)
1934年、大阪市西成区生まれ。大阪大学経済学部卒。耐火煉瓦会社勤務の傍ら、SF同人誌「宇宙塵」に参加。61年、「SFマガジン」第1回SFコンテストに投じた「下級アイデアマン」が佳作入選し、デビュー。63年、処女長編「燃える傾斜」刊行。その後コピーライターを経て、65年より専業作家に。企業社会と個人の関係をテーマにしたいわゆるインサイダー文学論を唱え、ショートショートやジュニアSFでも健筆をふるい、絶大な人気を博す。71年、未来の管理社会を描いたインサイダーSF「司政官」シリーズを開始。79年、その長編第一作『消滅の光輪』で第7回泉鏡花文学賞を受賞。癌を患った妻に日々、自作のショート・ショートを捧げた。妻が逝去したのち『妻に捧げた1778話』として発刊、大きな反響を呼んで2011年1月に映画化、代表作の一つに数えられる。

妻に捧げた1778話 (新潮新書)のその他の作品

眉村卓の作品

妻に捧げた1778話 (新潮新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする