仁義なき英国タブロイド伝説 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.76
  • (3)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100970

作品紹介・あらすじ

王室のタブーを暴露し、ベッカムを「スーパースター」に仕立て上げ、時には政権の行方をも左右する英国大衆紙。ネタを演出し売上げを伸ばすためなら、潜入取材、隠し撮り、やらせと手段を問わない。紙面には、大スクープと大誤報、ゴシップと偏見、政策論議とヌード写真までが、ごった煮のごとく詰まっている。読んでもちっとも賢くならないが面白すぎてやめられない、英国タブロイドの世界へご招待。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ネットで見かけて。

    英国のタブロイド紙がかなりえげつないことは知っていたが、
    その成り立ちや抗争が書かれていて面白かった。

    まずは、
    警察がきちんと捜査しなかった黒人男性の殺人事件の犯人を追及したのが、
    移民排斥の傾向がある保守派のタブロイド紙だった理由が、
    編集者が被害者の父親を使用人として雇ったことがあったからという
    かなり個人的なものだったのが意外だった。

    二大タブロイド紙が、
    オーストラリア人と東欧移民がオーナーとなっていたのも面白いし、
    海千山千の記者や編集者たちがインチキなネタをつかまされるのも面白かった。

  • 「読んでもちっとも賢くならないが面白すぎてやめられない」英国タブロイドの世界のご本。ベッカム・ダイアナなど日本でも有名な方の(裏)話に加え、とても国家権力に操られているとは思えない歯に絹着せない報道っぷりにスカっとします。確かに、賢くはならないと思いますが、非常に楽しめる本かと。

  • うん、面白い!
    イギリスのマスコミのえげつなさが笑えます。
    週刊誌、夕刊紙もびっくりのタブロイド伝説。
    この土壌があってはじめて変態で魅力的なジャーナリストも生まれるのかもしれない。

  • [ 内容 ]
    王室のタブーを暴露し、ベッカムを「スーパースター」に仕立て上げ、時には政権の行方をも左右する英国大衆紙。
    ネタを演出し売上げを伸ばすためなら、潜入取材、隠し撮り、やらせと手段を問わない。
    紙面には、大スクープと大誤報、ゴシップと偏見、政策論議とヌード写真までが、ごった煮のごとく詰まっている。
    読んでもちっとも賢くならないが面白すぎてやめられない、英国タブロイドの世界へご招待。

    [ 目次 ]
    第1章 これぞタブロイド魂!―王室潜入ルポと殺人者「名指し」報道
    第2章 ダイアナは永遠に
    第3章 「ベッカム様」の作られ方
    第4章 奇人変人大集合―タブロイド小史
    第5章 ブレアとマードックのアブナイ関係
    第6章 権力を握ったタブロイド記者―アレスター・キャンベル物語
    第7章 プロパガンダと大誤報―イラク戦争とタブロイド

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 学科の授業で取り上げられてたんだけど、<BR>
    この本おもしろい! <BR><BR>

    イギリスのタブロイド、クレイジーすぎ。<BR>
    だって、身分偽って王室に潜入して内情をぶちまけるとか、 <BR>
    ベッカム熱とか、すごすぎ。 <BR>
    壮絶なタブロイドの世界。 <BR>
    とにかく無謀。おもしろすぎ。<BR>

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

上智大学文学部英文科教授、英国フットボール史専攻

「2004年 『サッカー文化の構図 熱狂の文化装置論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本浩の作品

ツイートする
×