虎屋―和菓子と歩んだ五百年 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.42
  • (2)
  • (6)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101328

作品紹介・あらすじ

室町時代に京都で創業し、五世紀にわたり和菓子の最高級ブランドであり続けてきた虎屋。羊羹で知られる老舗の顧客は、歴代天皇や皇族をはじめ、将軍、大名、財閥や陸海軍、やがては大衆へと広がっていった。それはまさに、時代の中心の変遷でもある。虎屋の菓子を愛した人々と、その菓子を創り守った人々のエピソードを通じて十七代当主が綴る「人と和菓子の日本史」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018年10月1日に虎屋赤坂本店が改装OPENすると聞いて、この本を思い出す。
    同じ和菓子の世界にいる者として、同業の先輩達が築いてきたもの(お客様との信頼や業界の地位)を再確認できる大事な本。

    天皇や公家、文化人や財閥まで、商売の華やかさに驚かされるが、
    何と言っても虎屋さんの凄さは、”続けてきたこと”だと思う。
    江戸時代の終焉、幾度の戦争、震災に加え、御用差し止めや御用代金の回収不能。
    荒波が何度となく商売を襲ったはずだが、長く続けてこられた要因は何か。

    それは御菓子へのこだわり、そしてお客様への丁寧さだと思う。
    鼻が高くなってしまいそうな立ち位置で、これを続けて来られるというのは凄い。
    客がそれらを肌で感じさせられるため、高いお金を出しても虎屋の羊羹をお使いものに選ぶのだと思う。

    利益至上主義を感じやすい世の中だが、それとは一線を画す存在。
    その虎屋さんと共に、皆で守っていかないといけないのが”和菓子”。
    新感覚、変革も必要だと思うが、御菓子へのこだわり、そしてお客様への丁寧さは忘れずやっていきたい。
    たまにこの本に立ち返り、虎屋さんの爪の垢を飲ませて貰おう。

  • あの虎屋ですら、500年の歴史。京都のあぶり餅が平安時代から1000年の歴史を持っているのに比較すると、東京負けてる、と悔しい思いにもなりますが、もちろん500年でも凄いことなんですよね。

  • 公家、武家、文化人から一般人まで。500年に渡って愛される虎屋と、そのお得意さんたちの歴史。
    読書家の社長が、様々な文献やら、虎屋内の資料を読み込んで書かれてるし、歴史上有名な人が、どんなときにどんなお菓子を買ってたなんてことがわかると、ものすごく人間味を帯びてくる。
    とてもおもしろかった。

  • 羊羹が食べたくなる。

  • 「虎屋」の当主が語る人々と和菓子のエピソード

  • 2009/01/08 内容は興味深いがもう少し編集手を入れてほしかった。

全10件中 1 - 10件を表示

虎屋―和菓子と歩んだ五百年 (新潮新書)のその他の作品

黒川光博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
エーリッヒ・フロ...
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

虎屋―和菓子と歩んだ五百年 (新潮新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする