人は見た目が9割 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
2.86
  • (78)
  • (254)
  • (1385)
  • (377)
  • (177)
本棚登録 : 4578
レビュー : 753
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101373

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もうタイトルだけで内容の9割を理解出来たと思っていいと私は判断したが、一応どうしてそういえるのかなどが説明されているので、中身も目を通したほうがいい。『人は見た目が9割』というのは全くその通りで、「話せばいい人」なんて、そこに至るまでの努力が無ければ得られない貴重なコメントであるのはもはや常識であろう。度々、自分の容姿のせいで「日本人じゃないでしょ」とか「怖い」とか言われてきた私には耳にタコだ。若干赤道近くの人々寄りの顔をしているが、私は一応日本人である。いいね、美人は得していいね。ふぅ……。まあ、私についてはどうでもいいが、コミュニケーションなどを円滑にしたい人にもお勧めできる豆知識本なのではないかな。

  • その当時、とても衝撃を受けました

    福祉職のぼくにとって

    お客様と接するうえで

    見た目をよくすることの

    大切さを

    学べた一冊です


    メッキがはがれる『話し方』より
    一生使える『見栄え』を考えよう

  • 納得。

  • 服飾の本かと思ったらσ^_^;
    ノンバーバルコミュニケーションが占める割合は言葉の占める割合に比較して圧倒的に高いというものです。
    確かに言葉は伝達手段なんですけど目は口ほどに物を言うって

    まあ非言語をうまく使いこなせないと仕事もうまくいかないので。
    まあ使うように努力してますσ^_^;

  • 非言語コミュニケーションについて書かれた本。
    タイトルだけ見ると外見のみについて述べられているように勘違いしてしまうかもしれないが、見た目やふるまい、においや間(ま)など、様々な非言語のコミュニケーションについて考察している。
    最近読んだ新書の中では群を抜いて面白かった。

  • 言葉だけで伝わることは、7%
    あとはそれ以外の情報、顔の表情や声の質で内容を判断している。

    人気者とは人の気持ちが入っていく人のことである。

    政治家などの謝罪の場合、人に分からせるつもりで言葉が発せられることはない。頼む察してくれ。

    言葉尻や話す内容を正確に捉えようとするのは、ムリ。それ以外の情報からも、多くのことを捉えなければならないし、自然とみんなそうして判断している。

  • 単に格好がいいとかじゃなくて、

    姿勢や行動が大切だということ。

  • いかに題名が大切とはいえ、題名から期待させる内容がはずれてしまってはいけない。

    本著は「ノンバーバル・コミュニケーション」を劇作家、マンガ(哲也~雀聖と呼ばれた男)原作者でもある著者がどういう風に理解して表現しているか書いた本である。簡単にいえば、言葉以外の顔や仕草での表現で人はどのように情報を受け取るかの解説である。劇や漫画で決まり切ったいわゆる「お約束」の表現はどのようなものか、ということである。

    題名から連想するのは、「この見た目では人はどう思うか」のマニュアル本のような内容。見た目をよくする教科書のような印象を与える。

    ここに題名と期待内容のミスマッチが生じ、多くの読者が低い評価を付けてしまっている。

    しかし、内容自体は非常に興味深く、ミスマッチが非常に残念である。

    本著の要旨は、言語から人が受け取る情報はわずか7%しかなく、その他は言語以外(ノンバーバル)の表現によって受け取っている。言語以外の表現はどういったものか、どういった表現ではどのように伝わってしまうかを、マンガのコマ割や演技方法で詳しく説明している。

    営業であれ社長であれ技術者であれ、すべからく仕事は人と人とのコミュニケーションである。そのコミュニケーションの基礎となる「表情」や「間」とはどういった理屈から「お約束」になったのか、とても面白く読了した。

    以下、印象に残った文章。

    ・活字の本よりマンガの方が、圧倒的に売れている。その理由は様々だが、私見では「文字だけ」より「文字と絵の組み合わせ」の方が、受け手に理解されやすいからだ。伝達力が高いと言っても良い。

    ・人が他人から受け取る情報(感情や態度など)の割合について、(中略)話す言葉の内容は七%に過ぎない。残りの九三%は、顔の表情や声の質だというのである。実際は、身だしなみや仕草も大きく影響するだろう。ついついコミュニケーションの「主役」は言葉だと思われがちだが、それは大間違いである。

    ・マンガ家は、映画で言うなら、次のスタッフの能力が求められる。脚本家。照明家。カメラマン。監督(演出)。デザイナー(絵と吹き出しの構図やページのデザイン)。本当に大変な職能である。

    ・テレビや映画の映像表現に比べて、マンガの弱点は音声がないことである。そこで、音声表現を何とかして視覚化しようと試みることになる。

    ・日本人のコミュニケーションの特徴を、次の八つにまとめている。「語らぬ」「わからせぬ」「いたわる」「ひかえる」「修める」「ささやかな」「流れる」「まかせる」。

    ・キリスト教の伝統の中では、永遠こそが大事であって、瞬間というのはそれほど重大な意味はもたない。しかし、日本では瞬間というものがもつ意味は大きい。

    ・「間違い」「間に合う」「間抜け」「間が悪い」「間が良い」・・日本語には間の大切さを教える言葉がたくさんある。私は演出をする時、役者に「一間置いてください」ということがある。

    ・「何たる偶然」とはどんなゲームか。二人に役者に対坐してもらい、片方が相手に質問し、お互いの共通点を十個探すのである。で、共通点が見つかると、二人同時に「何たる偶然!」と叫ぶ。十個見つける頃には、二人の心理的距離は相当縮まっている。(中略)このメソッドをやった後は、演技の稽古がやりやすくなる。

    ・微笑みの持つ重層構造。学習によって習得された笑いは基本的に「親和行動」である。「あなたに敵意はありませんよ」あるいは「親しくしましょう」というメッセージである。

  • 2007年5月

    「9割」は言いすぎでしょ!

    ノンバーバル・コミュニケーション。顔つき、仕草、目つき、匂い、色、温度、距離等々、「言葉」以外の情報の意味を考える作品です。

  • そうですよね~。
    人の話は,誰も聞いていません!

著者プロフィール

名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 教授

「2016年 『機械学習のための連続最適化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人は見た目が9割 (新潮新書)のその他の作品

竹内一郎の作品

ツイートする