国家の品格 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.42
  • (556)
  • (858)
  • (1809)
  • (243)
  • (115)
本棚登録 : 6866
レビュー : 1125
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 欧州式“論理的”な物事の進め方を批判、日本が持つ“情緒性”こそが大事だと主張する本。

    確かに論理の出発点はその個人によるものだから、その個人の発想、思考力、着眼点がしっかりしていないと変な方向に物事が走る、という指摘はなるほどと思った。

    論理はあくまで手段。まずはしっかりとしたリベラルアーツを養って正しい進路を見出し、論理を駆使して行動して行くことが大事やなと。勉強なりました。

  • 筆者いわく、日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことであると説く。その主張に諸手を上げて賛成はできませんが、一理あると思います。

    僕は寡聞にしてわかりませんが、この本には随分と毀誉褒貶、もしくは賛否両論があるそうですね。それはさておいて、数学者でエッセイストの藤原正彦氏がとく『国家の品格』これは講演の記録を加筆訂正したものだということを実際に音で初めて知ることができました。ここで説くのはグローバル化によってアメリカンスタンダードになっていく世界、日本に対し、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。と説くという趣旨のもとでお話が続いていきます。

    筆者のおっしゃることは概ね納得できるのですが、ナショナリズムとパトリオティズムについて説くところについて、自分たちの故郷を愛せないものは信用出来ない、という箇所を読んで、自分にそういう感情がないだけに、自分という存在が改めて『故郷喪失者』であるということを思い知らされました。それはさておき、昨今では小学生から英語を学ぼうということをおっしゃっているみたいですが、筆者は断固反対で、情緒を要請するのはやっぱり国語であると。そう説いております。

    例えば、楽天やユニクロを営むファーストリテイリングは海外市場を狙うということで社内公用語を英語にするというのは個人出来には別にいいと思っております。ただし、それは会社の中でやればいいということで、三木谷さんなんかは低学年から英語学習を積極推進しておりますが、ここだけは賛同できませんでした。

    話は脱線しましたが、自分が『コレは』と思ったのは筆者がイギリスに行っていた時に現地の教授から『夏目漱石の『こころ』の先生の自殺と三島由紀夫の自殺は関連性があるのか?』と聞かれた箇所で、この問いに対し、自分だったらどう答えるだろうかとそんなことを考えておりました。皆さんだったらどう答えますか?

  • ブクログ登録日以前の読了の為レビュー無しです
    ※興味グラフ表示させる為に入力してあります

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(佐藤優選)147
    国家・政治・社会

  • 論理の出発点は、その人の情緒や形にのって形成される。この言葉が一番心に残った。
    国際人であることは日本人としてそこに存在することが必要であり、そこに従属する必要がない事。
    あくまで英語は、手段であること。
    国際人として日本人の代表になるのならば、英語力より、日本語力。

  • かなりはっきりとものもうされていました。
    すごくわかりやすかったように思います。
    日本という国を改めて考えました。
    教育という観点からも大切な本だと思いました。

  • 教養をつける
    →歴史を学ぶ、言葉をしっかり話す、国の美を知る
    自国を知っている国際人

  • Kindle版を購入。リーマンショックを三年前に予言していたのが興味深い。

  • 数学者の藤原正彦のベストセラー。今更ながらですが、この本結構売れたんですよね。そんなに売れるような内容ではないと思うんですが。。「若き数学者のアメリカ」とかよかったんですがね。「祖国とは国語」あたりの論調をもう少し先鋭化させたという事か。

  • 遅ればせながら現在読了。
    論理(特に近代市場原理)の危険性を説き、情緒や形(武士道精神などのダメなものはダメという考え方)を育むべきというのが筆者の主張。
    保守保守しい本だけど、一読の価値あり。日本のことを知らないと海外では通用しないというのは同意。西洋史なんか勉強するより日本史を勉強せねば…
    ただ、家族愛→郷土愛→祖国愛→人類愛という流れはマッツィーニも『人間の義務について』で述べていること。

  • 大学生の内に日本の古典に親しんでおこうという気になった。
    もっと、日本人の先人に学ぶべき思想はたくさんあるだろう。
    そして、そのためにはその思想を受け入れることのできる感性を研ぎ澄ましておかねばなるまい。

  • 数学者はどう考えるのかを知りたかった。
    「数学者」でありながら、感受性が豊かな人だという認識があった。

    今回の題名が、「国家の品格」という題名で、ちょっと驚いた。
    あまりにも、飛躍している題名だ。
    なんで、数学者がとおもった。

    「はじめに」で、
    「論理的に正しいということはさほどのことではない。」
    といっているのは、非常におどろいた。
    数学者は、ある意味では、「論理」を重んじる人種であると思っていたからだ。

    藤原氏の奥さんは、あなたの「話の半分は誤りと勘違い、残りの半分は誇張と大風呂敷」といったとか。

    ふーむ。
    私と同じようなシチュエーションであるが、藤原氏は、マジメだ。

    状況認識として、
    先進国はすべて荒廃している。治安の悪化。家庭崩壊。教育崩壊。
    ・・・一体その荒廃はどこから来ているのか?
    というのが出発点にある。

    その原因は、「西欧的な論理と近代的合理精神の破綻」であるという。

    つまり、
    「論理を徹底すれば問題が解決できる」という考えはあやまりである。ということを、論理的に説明しようとしている・・?

    (1) 論理そのものに限界がある。
    (2) 最も重要なことは論理で説明できない。
      論理は、世界をカバーしない。
    (3) 論理には出発点が必要・・・出発点を選ぶのは情緒や形
    (4) 論理は長くなりえない

    具体的な例を挙げれば、
    日本でのこと・・・中学生が質問した
    「なぜ、人を殺していけないのですか?」

    これを論理的にこたえるというより、
    「ダメなものは、ダメ」ということが必要と説く。

    なぜ人を殺していけないか?
    いまの教育の中で、「論理的回答」をしようとすればするほど、
    こたえることができない。

    では・・・・どうすればよいと言っているのか。

    「西欧的な論理と近代的合理精神の破綻」にたいして、
    「情緒」・・・なつかしさともののあわれ
    「形」・・・武士道精神から来る行動基準
    日本人を特徴づける「情緒」と「形」が重んじられるべきである・・・という。

    日本人が持つ自然に対する感受性。
    (このことは、日本の気候・風土が、かなり関係していると思う。
     瑞穂の国と言われるが、やはり、水と緑に覆われ、四季の影響は大きい
    ・・藤原氏は、それは、日本だけでなく世界に共通する普遍性があると説く。

    「情緒」と「形」は、
    普遍的価値を持ち、文化と学問を創造する上で重要であり、
    真の国際人を育て、人間のスケールを大きくし、
    人間中心主義ではなく、戦争をなくす手段にもなるという。

    日本人(松尾芭蕉)の発明した俳諧。
    その基準は季節をあらわすことが含まれている。
    外国の詩は、韻を踏むことで構成されている。
    この違いは、言葉に奥行きを持たせる。

    藤原氏の本では、
    アメリカ大陸で、夕陽に涙するのは、日本人である私である
    というのを読んだことがある。
    その意味で、日本人的な情緒、もののあわれ。
    は、きわめて自然な感情だった。

    「国家の品格」を読みながら、私が注目したのは、
    「卑怯を憎む心」ということであった。

    「法律違反だから万引きをしない」ということではなく、
    「親を泣かせる」「先祖の顔に泥を塗る」、「お天道様が見ている」
    ということから、自制していた日本人の心を大切にする。

    今回のムラカミさんのやり口は、
    この「卑怯」というのに・・あたるのだろう。

    自らの経歴から、巨額のお金を集め、そして、儲ける・・・
    「儲けてなぜ悪い」・・・・という言葉の意味は大きい。
    儲けることは、確かに悪くない・・・
    しかし、「儲け方」が問題なのだ。

    一緒に、日本放送を買い占めよう・・・といいながら、
    お金を持っているものは、オカネが集まるというが、
    (貧乏人のひがみでいっている・・・ぶんもあるが
    「買うということを聞いちゃったもんね。」と・・・いう卑怯さ。
    買おうといったのに、買おうと聞いたにすり替えている
    高値になったら、売り抜けた・・・という卑怯さ。
    これは、ホリヱモンを途中で裏切ることになる。

    法律で裁かれる・・・より、
    ホシノさんがいった・・・「天罰が下る」・・・
    という表現が、やはり日本人として一番適切なのだと思った。
    (ムラカミさんは、反論したが・・・
    やはり、「お天道様が見ているのだ。」

    藤原氏の作品は、西欧に滞在したり、行くことが多いので、
    西欧主義についての造詣は深いが、
    やはり、もっと、中国との関係で、物事を見てくれると、
    日本というもののよさが、わかるようになるのかもしれない。

  • 良著でした。
    なんでもかんでも「論理的」であることが良いことではない。

    日本人本来の価値観は理屈では説明できないもの。アメリカナイズの風潮の中で、それを失ってはいけない。



    会津藩の教え「什の掟」は「ならぬことはならぬものです」という文句で結ばれている。
    そこに論理なんてものはなく、問答無用、いけないことはいけないと言っている。

    現実の世界は数学の世界と違い、すべてを論理で説明することはできない。
    論理・合理性だけでは世界は破綻する。

    ダメなことはダメだと価値観を押し付けることも必要なのだ。

    (p47)

  • 読み始めは入り込めず、相容れない部分もあったけど大事なことも多々あり。
    『ならぬものはならぬのです』は今年の大河ドラマにもあったな。

  •  最近、日本がおかしいと感じるようになった。考えられないような特異な事件、いじめや体罰といった教育問題、金銭至上主義、自己中心的な犯罪など、安心できる世の中であることには間違いない。戦後、アメリカ主導で進められてきた、資本主義、自由主義的社会はもはや限界を迎えているのではと感じざるをえない。言い換えると、資本主義が日本の美徳を奪ってしまったのかもしれない。
     著者は、数学者の藤原正彦氏である。本著の中で、欧米の論理というものが必ずしも正しいからといって、それを徹底すると人間社会は破綻すると説いている。なぜなら、論理には仮説から始まる出発点があり、その仮説は論理ではなく、選ぶ人の情緒によるものだからだ。アメリカがイラク戦争を起こしたのも、誰もが戦争はいけないと分かっていながら、「大量破壊兵器がある」という仮説を論破したからである。だから道理的に間違ったことでも、論理的には正しいということになる。
     そうした懸念から、著者は、日本人古来が持つ「情緒」と「形」を重視すべきだと主張している。自然を大切にし、自然とともに生き、自然美を形として重んずる日本人の美的感覚、慈愛や誠実、正義や恥の意識などの古来の武士道精神が土着している日本人の道徳観、これらは日本人が世界に誇れるものである。しかし、戦後から現代に至るまでの経済成長の中で、自由や権利といった欧米の考え方が正しいとされてきた。その結果、貧富の差が拡大し、勝ち組や負け組といった価値観が生まれ、自殺者や生活保護受給者を増やしてしまうことにつながった。権利ばかりを主張し、クレームや言った者勝ちになってしまう風土。流行や新しい物ばかりを追い求め、培ってきた文化や古典を大事にしない風潮。このままでは、日本の良さを日本人が捨て去ることになる。日本人が真の国際人として、世界から認められるよう、もう一度我が国の在り方を見つめ直し、自分たちの歴史や文化に誇りを持つことが求められている。

  • アクティブブレインの読書法セミナーの教材となった本。セミナー中に本書の要点を抽出し、アウトプットのための書籍紹介(5分間)をした。同時にフォトリーディング&高速リーディングを個人的にした。
    著者の論点は、日本は今、アメリカ主導の「論理」の世界にいるが、かつてあった「情緒と形」の世界、とりわけ武士道の世界に戻り、国家の品格を立て直すべき、というもの。この日本独自の国家の品格は、「論理」によって崩壊しつつある世界を救えると著者は主張するが、同時にこの日本の国家の品格も死につつあると警告している。
    著者は論理の世界が何故破綻するかと説明し、同時になぜ情緒と形が大切なのかも説明。その中で新渡戸稲造の解釈した武士道を引用し、新渡戸が日本の武士道も滅びつつあるかもしれないがそれは世界を救うものである、といったことを受けて日本の武士道が世界を救うと締めくくっている。
    個人的には日本人キリスト者として私が、日本の文化を主イエスのために贖わなければと思っていたこととつながると感じた。新渡戸は桜の散る様が武士道を説明しているとしたが、日本の文化が贖われれば世界を救う散る桜となるのかもしれない。実に興味深い発想だ。著者の藤原氏はキリスト者ではないので、ひょっとしたら著者よりも私のほうが新渡戸の武士道を理解できたのかも知れないと、かなり本気で思っている。星四つ。

  • 作者は数学者。日本人も数学に強かったのは美的情緒に秀でていたから。今はアメリカかぶれで国力が落ちている。日本人の心を大切にしなければならない。

  • なかなか過激な表現もあるけど、教育において、英語英語という前にまずはきっちり日本語を勉強すべきだという提言にはすごく共感をもてる。武士道!新渡戸稲造の武士道読んでみようと思う。

  • 理論のもとになるスタートが誤っていると破滅をたどる。
    根本となる「情緒」の大事さについて。
    ベストセラーになった意味が理解できた。

  • 論理に破綻はないが、「始まり」の設定が大事

全1125件中 161 - 180件を表示

国家の品格 (新潮新書)のその他の作品

国家の品格 (新潮新書) Kindle版 国家の品格 (新潮新書) 藤原正彦

藤原正彦の作品

ツイートする