国家の品格 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.42
  • (557)
  • (858)
  • (1809)
  • (243)
  • (115)
本棚登録 : 6867
レビュー : 1126
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【速読】前に「B層」を読んだことを下敷きに。現代は「美徳・教養」を兼ねた「日本人論」新書が売れるんですね。「B層」で志向される日本人像と本書のはだいたい同じでして、そして両者に共通するのは理由はないけど「多くの人が共感できる」話題を幾つも用意していること。著者のボヤキです。「教養」を問うけど新書そのものでは「教養」が身につかないというパラドクス?それともこれが新書のあるべき姿なんでしょうか。てことで内容には触れませんけど、これならオレグの武士道の話の方が、ずっとためになります。

  • (2006年頃読んだ直後の感想です)
    『国家の品格』(藤原正彦/新潮新書)について、「論理的におかしい文章が山ほどある」とか、「事実誤認や誇張のカタマリだ」とか、そういう野暮なことを指摘するのは、もういいやと思う。それより、この本が200万部も売れた理由のほうを考えてみたい。

     この本のいいところはどういうところ? ネット書評で惜しみなく★★★★★をつけている気前の良い皆さんに聞いてみよう。まず、平易でわかりやすい。読んでて「そうそう、まさにその通りだ」と思える。日本人であることに誇りを持てるようになる。そして、読んで元気になれる。すばらしい効果だ。まさに五つ星にふさわしい! では、その効果の源泉はどこにあるのか?

     この本が「わかりやすい」というのは、たとえば水戸黄門が「わかりやすい」のと似ている。あらかじめスジが決まっている時代劇のように、読者側がすでにそう思っていることを、さまざまな事例を出してスッキリ言い放ってくれるから「わかりやすい」のだ。
     この本が「心地よい」のは、『キャンディキャンディ』と同じ理由による。少女マンガの王道は「そのままの君が好き!」だ。リクツなんてどうだっていい。論理には限界があるのさ。好きになるのに理由なんていらない! 著者はみんなのアタマをなでて「そのままでいいんです」と言ってくれたのだ。
     この本を他人に勧めてまわる人がいっぱいいる。中には配ってまわる人もいるという。きっと「まさに自分の思ったとおり!」の本だから、みんなにわかってほしいんだね。占い師の決まり文句に、こういうのがある。「あなたは懸命に努力しているのに、周囲の人はわかってくれないんですよね?」 みんな「そう、そうなんです!」と大きくうなずくそうである。

     水戸黄門と少女マンガと占いである。最強だ。これより強力なおもてなしなんて思いつかないほどだ。読者はこの本を読んで、爽快感と慰安と勇気をもらう。こんなにお得な本はナイではないの。
     こう考えていくと、この本は確かに「リクツ」の本ではない。はっきり「セラピー」の本である。「あなたに心地いい言葉を言ってあげる」……スピリチュアルな江原某の本とか、美容の天才な齋藤某の本とかと、おなじなのだ。
     そしてこの本は、まさにそのように作られたものだという。雑誌の記事などでは、まず最初に結論が決まっていて、それにぴったりくることを言ってくれる人を探すものだ。この本は「ちょっと愛国心とかはやってるから、読者にキモチイイこと言ってくれそうな人はいないかなぁ……」と編集部が調べるうちに、講演などで注文通りのことを言っている著者を発見し、その講演原稿を手直しする形であっという間に作り上げたそうである。(かなり情報ゆがめてますか、スミマセン、でもそんなふうに聞こえたのです、リクツじゃないのです)
     そもそも講演というのは、カネを払って聞きに来た客を、たのしませてナンボである。言うなれば芸人といっしょ。めんどくさいことをしろとか、おまえらは頭が悪いとか言っていては、次のお座敷がかかるものか。客をもちあげておだてていーい気分にして帰すのが優れたスピーカーに決まっている。藤原先生は、ものすごく優秀な芸人さんなのである。

     ちゅうわけで、『国家の品格』はすばらしい娯楽本である。さすが200万部も売れる本は、売れるだけの理由がある。ちょっと心配なことといったら、この本を正しく「娯楽」として消費するのではなく、「本気」にしちゃうイタイ人が、ごくごく少数出ちゃったらこまるなぁくらいのものである。
     なぜなら、この本はひとつの取引を持ちかけているからだ。リクツ抜きに癒し、励まし、自信と誇りを持たせてあげる。だって、ただ日本に生まれただけで、あなたはすばらしい歴史と感性をその身に備えているのだから。その代わりに、リクツ抜きでこの国を愛しなさいと。
     果たしてこの取引、お得だろうか。考えない代償というのは、だいたいにおいて高く付くような気が私はするのだが。まぁ、そんな後先考えない取引に応じてしまう人は、この本を「娯楽として」読んでいる人にはいないだろうと思うのだが…………。

  • うーむ・・・・。
    何でバカ売れしたのか全然分からない・・・・。

    要約すると
    最近の荒廃感はすべて論理中心の‘欧米的’価値観がもたらしたもので
    日本の‘もののあはれ’的情緒感覚が最も優れていて、世界を救うのは日本人しかいない、と・・・・(閉口)

    以下簡単にツッコミを。

    ‘欧米では・・・’
    ↑このセリフを使う人は全く世界を知らない。
    ヨーロッパの中だけでも全然違うのに。

    ‘欧米では自然は征服するもの’
    ‘自由や平等はフィクション’
    ‘プロテスタンティズム=金儲け主義=現代社会の荒廃の源’

    どれも嘘っぱちです(笑)

    論理を否定して感覚重視だからこんな文章になるのか・・・・。
    飲み屋で酔っ払いオヤジの愚痴でも聞いているような内容。

  •  終始平易かつ理想主義的、誘導的な文体で昔の日本を全肯定、礼讃した本。文章が平易なのも一種の落とし穴か?さらに、イギリスのお茶の風習を貶したり、諸外国は拝金主義で野卑と言ってみたりと実に杜撰な内容。

     フォローするなら、武士道の中軸である「惻隠」の心とか、グローバル化への反対など、多少共感できる箇所があったこと。と、言いたいけど戦国時代から江戸時代初期にかけては朝倉宗滴や藤堂高虎のように武士の中でも卑怯というか現実主義的なことを言っている人もいる。

     そもそも武士は自らの支配を強化するため、忠誠心を重んじる君臣関係を肯定する儒学(特に朱子学)を江戸幕府の正統的な学問としたわけだし。「忠義」とか「切腹」という単語が武士道の本質だと言うのは一面的だと思う。
     
     何だかんだ言いつつも日本という国の、今という時代が好きな一個人として言わせて頂く。日本の歴史や文化を知り、長所、短所の両方に目を向けた上で国及び郷土を愛するべきだと思った。

  • 駄作。
    読んでいて、イラつきが絶えない本に久しぶりに出会った。
    どこかの編集者の言葉を引用するなら、
    筆者自身が「品格なき筆者による品格ある国家論」と自己評価を加えている、その諧謔精神がせめてもの救い。


    「論理」を否定したからこそ、
    ここまで出鱈目な批評を述べることができるのか。

    それとも、

    「論理」を否定することで、
    自己正当化を図りたいのか。


    先人の思考格闘の成果である「古典」を読むことを通じ、
    現実社会の表象的混沌を再構成しなおすという作業もせず、
    ただ「ロックの無責任発言」などといった一面的な戯(たわ)けを抜かす筆者には、全くもって開いた口が塞がらない。これでは大衆をだますことに他ならない。

    所詮、人が1人では生きられないとの同様、
    国家も孤独にして生きてゆくことはできない。

    日本古来の無形資産である「礼儀」とは、
    そもそも相手を尊ぶ精神だったはず。
    そんな「礼儀」のない暴論こそ、
    駆逐されるべきだろう。

  • 別に表現が右翼だから☆1つなのではない。

    物事を単純化して捉えすぎている。
    言ってることにムリがありすぎ。
    懐古主義者で物事の解決方法を特定の方向からしてみてなくて全体が見えてないので全く説得力なし。

    読みやすい本ですが、ですます調なのがいけない。

    初等教育で算数と国語が大事で、エリートは必要で民主制はクソってのは賛同できる。

    でも小学校で英語を教えることに反対していて、英語は喋れなくても大丈夫などとほざくこいつはきっと友だちがいなくてコミュニケーションがまともに取れない人間なんだろう。

    なんでこんなクソみたいな本が売れたかっていうと、日本に懐古主義者が多くて年功序列の時代を懐かしむ人たちが妙に同調したからではないのでしょうか。

  • 売れた本だから敢えて書くけど。
    酷い。
    知識のない人が適当に書き散らしたとしか思えない。

  •  昔は良かったという本。品格ブーム(?)の火付け役?経済や歴史観については色々とツッコミどころのある本。とは言っても、大学3年生の頃に読んだときは、とてもすばらしい本だと思っていた。

     現在の感想としては、過去を美化し、昔に戻れというのは、成長を放棄するのと同義であると思っている。僕は、何事も過去の考えや文化を打ち破って、新しいモノがはじまると思っている。もちろん古い物がすべてダメなわけではない。古いものでもすばらしいものであれば、ちゃんと後世に何らかの形で残るはずだと考えている。なくなるにはなくなるだけの理由があるはず。

     数学や理論物理などすぐには役に立たない学問をしっかりやれるほどの厚みのある国が伸びるというような記述があるが、そうだろうか?そうではなくて、すぐには役に立たない学問をやっていても生きていけるほど豊かな国がまず最初ではないだろうか?

     これ以降の○○の品格というタイトルで便乗している本は読む気にならない。

     「○○の品格」というタイトルには、『私には「品格」を語る資格がありますよ』、『自分にはその事柄について語るにふさわしい能力と実績がありますよ』という傲慢さを感じてしまうのだ。もし仮に「品格」を語る資格がある人がいたとしたら、その人はきっと実力と謙虚さを兼ね備えた人だと思う。そしてそんな謙虚な人には「○○の品格」なんていうタイトルはつけられない気がする。

  • 読んでいて気分が悪くなった。あれも駄目これも悪いの応酬だし、著者が余りにも自分の考えに自信があるし、日本人日本人と棚に上げすぎ。著者はそういう環境にあったらしいからまだいいかもしれないが、武士道を定義すること無しにそれを広めることなど到底無理だろう。自己満足に過ぎない。
    ただ唯一褒められるところと言えば、この本が良く売れたことで、彼の言う中身のない国民が多くいるということが、身を挺して証明されたことだろう。

  • 面白くなかった
    この本が売れることこそ日本人が弱っている証拠
    この本が売れれば売れるほど
    著者が心配している通り日本人が
    自分たちの美徳を失って自信がなくなっている
    著者としてはある意味悲しい
    逆せつてき

  • これが大変売れているというのがすごい驚きである。合理的過ぎる社会を否定しているためか、かなり感情的に押し込んでくる構成になっている。

    ちょっと論理的にうなずけない話が多い。日本の昔というのを過剰に美化しすぎている感じが強くする。
    昔は昔、今は今である。日本という国の名前は変わっていなくても世界や文化そのものが大きく変動している。

    今の日本人に求められているのは過去への回帰ではなく、新しい社会への適応である。もちろんその答えが西欧社会ではないとしても、昔の日本だけがその答えでもない。

    まあ過度に自信を喪失した人にはある程度の癒し効果はあるかも知れないが、これを若者が読んで日本の未来に希望を持てるかというのはかなり難しいだろう。

  • 読むのが辛くなって始めの1/3で読むのを辞めました。私には思想的に合わない内容なんだと思います。

  • 論理を否定してるのに、言語を使ってるのがよくわからないなーというのが第一印象。
    とにかく欧米は悪、日本(戦前)は善である。という主張が繰り返されているようで、果たしてそこに著者のいう「国家の品格」があるのかといえば非常に怪しい。

  • 戦争に対する執拗なまでの論述に違和感あり。本書の大半が戦争の話。タイトルから期待したものとぜんぜん違う。

  • 品格?
    著者による祖国愛が詰まった本。ほとんど全てにおいて独断的。自分の知見をベースに話しているようなので、言説の論証は都合の良い実例を上げることに代えられている。客観的全体的なデータの提示がない。

    筆者は口を開く前に、西洋哲学、論理学、倫理学、政治学、経済学、教育学、戦争論など前人の知恵を学んでいたほうが良かったのではないかと思われる。西欧を批判する前にもうちょっとその本質を”謙虚に”知ろうとしたほうが良かったのではないかと思う。
    自由とか平等とかいった概念を全部ロックにきせてしまっているが、それこそ暴論ではないだろうか。ヘーゲルやマルクスの議論を抜け落として何が自由批判なのか。意味がわからなかった。

  • 少し前の話題の書ながらひどい内容。中途半端な自説を展開。しかも上から目線。個人の偏った持論にこれっぽっちも共感を感じられない。

  • 何年か前にベストセラーで話題になった本。
    日本のあり方を考える。懐古主義的な発想。
    かなり偏った感じがします。主張に一貫性がなく論理が破綻しており、文章にまとまりがないような感じです。国自体に閉塞感が漂っている中こんな感じの本が売れるのもわかりますが[m:79]
    いろんな点で疑問を禁じえない著でありました[m:54]

  • 30Pでギブアップ。うーん。

  • かなしいかな読んでしまった。通り一遍のことしか書いておらず、個人的には全く役に立たないと思っている。

  • 耳障りのよいはなしばかりですが じゃあどうするというところが抜けていて 本を閉じた瞬間現実に戻ってしまい この本のことなど忘れてしまう

国家の品格 (新潮新書)のその他の作品

国家の品格 (新潮新書) Kindle版 国家の品格 (新潮新書) 藤原正彦

藤原正彦の作品

ツイートする