「小皇帝」世代の中国 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.60
  • (3)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101472

作品紹介・あらすじ

「小皇帝」と呼ばれる一人っ子は一億人前後と推定される。社会人も急増し、現代中国を左右し始めている。新たな反日に走り、「打倒小日本!」と叫ぶ小皇帝世代とは。経済的繁栄の謳歌、巨龍(大国)意識…。しかし、このチャイナ・ドリームには闇も存在する。過保護に育てられ、出世競争に追われ、結婚難にあえぐ彼らは、精神的に深く病んでもいるのだ。旧来の常識がまったく通用しなくなった隣国の現在。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    「小皇帝」と呼ばれる一人っ子は一億人前後と推定される。
    社会人も急増し、現代中国を左右し始めている。
    新たな反日に走り、「打倒小日本!」と叫ぶ小皇帝世代とは。
    経済的繁栄の謳歌、巨龍(大国)意識…。
    しかし、このチャイナ・ドリームには闇も存在する。
    過保護に育てられ、出世競争に追われ、結婚難にあえぐ彼らは、精神的に深く病んでもいるのだ。
    旧来の常識がまったく通用しなくなった隣国の現在。

    [ 目次 ]
    第1章 新たなる反日(二〇〇五年四月九日・北京;羅剛事件の意味するもの;反日の娯楽化が始まった)
    第2章 巨龍意識(「小皇帝」たちが大人になった!;紅色旅行の少年四人組;中国不可侮辱)
    第3章 チャイナ・ドリーム(小資族時代がやってくる;帰国する頭脳集団)
    第4章 苦悩する青春(十三億の競争;地方出身大学生を襲う貧富の格差;病む心)
    第5章 未来への架け橋(日系企業離れが拡大している;新世代とのコミュニケーション;温度差を越えて)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

「小皇帝」世代の中国 (新潮新書)のその他の作品

青樹明子の作品

ツイートする