ハリウッドで勝て! (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101779

作品紹介・あらすじ

企画はテレビの二番煎じで、当てても誰も儲からず、製作・配給システムは硬直化…。日本映画界の構造問題は指摘されるようになって久しいが、実態はなかなか変わっていない。映画が「産業」になっているハリウッドに対し、日本映画界の「道楽」体質も相変わらずだ。面白い映画を作る-そのために本当に必要なこととは何なのか。日本映画界に見切りをつけた業界の異端児が語る、日本映画界への挑戦状。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旧態然とした日本映画界の体質はどなたも指摘されていることだけど、これもその一冊。ビジネスを悪と見なす職人気質は広告の世界、アニメの世界にも通ずるものがある。ダメだね、ホント。

  • [ 内容 ]
    企画はテレビの二番煎じで、当てても誰も儲からず、製作・配給システムは硬直化…。
    日本映画界の構造問題は指摘されるようになって久しいが、実態はなかなか変わっていない。
    映画が「産業」になっているハリウッドに対し、日本映画界の「道楽」体質も相変わらずだ。
    面白い映画を作る― そのために本当に必要なこととは何なのか。
    日本映画界に見切りをつけた業界の異端児が語る、日本映画界への挑戦状。

    [ 目次 ]
    第1章 ウルトラQと角川映画
    第2章 駆け出しプロデューサー
    第3章 日本にとどまっていちゃダメだ!
    第4章 儲からなければ意味がない
    第5章 シネコンと携帯電話
    第6章 Jホラー、世界を制す
    第7章 立ち上がれ日本映画

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本のインディペンデントの映像プロデューサーの最高峰にいるであろう一瀬隆重氏の自伝的な本。
    次にハリウッドで勝つ日本人は誰なのか?俺もハリウッドで勝つぞ!

  • 映画プロデューサー目指すなら。

  • 「無駄の芸術」映画への思い。「リアリティーの対価」としてかけるべきところにはお金をかける。組織が儲かるより、個人に対価を支払わせる仕組みを。

全6件中 1 - 6件を表示

ハリウッドで勝て! (新潮新書)のその他の作品

一瀬隆重の作品

ツイートする