迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.77
  • (17)
  • (36)
  • (24)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 218
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104046

作品紹介・あらすじ

「お坊さんになって悟りたい!」-。悩めるドイツ人青年の危機を救ったのは、祖国で出会った坐禅だった。出家の覚悟を決めて来日するも、そこで見たものは、この国の仏教のトホホな姿。算盤を弾くばかりの住職、軍隊のような禅堂、仏教に無関心な世間…。失望と流転の末、ようやく辿り着いた理想の修行は、小さな山寺での自給自足・坐禅三昧の生活だった。日本人が忘れた「一瞬を生きる意味」を問う、修行奮闘記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドイツ人にもかかわらず、日本の禅寺で住職を務めている方の、手記になります。
    意外にも、欧米では「禅」が文化の一つとして周知されているそうで。

    一貫しているのは「人の生きる意味」についての深い思索、でしょうか。
    かといって悟りきっているわけでもなく、折々で懊悩されています。

     「自分だけがまともな修行をしていると思い込んで壁を作り、皆を見下していた」

    また、純粋に宗教として見た場合、その理念と現実の乖離には、、
    日本の仏教界もかなりドロドロしているなぁ、とも。

    といっても、ビジネスとて捉えればそれもある意味道理の一つでもあり、
    これはローマ法王などから見るキリスト教も同質の病巣?はあるかな、と。

     「「生きる意味があるか」と問うのは、はじめから誤っている」

    ちょうどこの書と入れ違いに読み始めた『知の逆転』で、
    「人生は無意味」なんてフレーズが出ていたのとシンクロしました。

    それぞれのスタンスも専門も、全く異なっていながらも、
    本質として同じことを言わんとしているのは、非常に興味深く落ちてきました。

    こういうことがあるから「読書は刺激的」なのだと、思います。

     「人生こそが問いを出し私たちに問いを提起している」

    けだし真理であると、実感してしまいました、、
    ん、人は常に問われている、その在り様を、なんて。

  • ドイツ人の禅僧である「ネルケ無方」さんの著書です。
    外国人での禅を支持する方は多いですが、出家得度し禅僧となり、しかも禅寺である安泰寺の住職も務めているという突出した経験をお持ちです。

    本人が仏道を志し、日本に渡り現在に至るまでの紆余曲折の経緯を時系列に書かれています。

    私自身、禅僧の方が書いた本を何冊も読んでいるのですが、禅僧の方は常人離れした達観の域に達していると思っていましたが、この本を読んでイメージが変わりました。

    普通に人間関係で揉めたり、悩んで凹んだり、逃げ出したりと、俗人とあまり変わらないですね。
    まぁ、考えてみれば同じ人間なので煩悩も同じようにあるのが当たり前ですが。
    ただ、それらに正面から向き合うという姿勢と覚悟が違うということでしょうか。それこそ座禅(修行)ということのようです。

    著書自信が悩みつつ会得した内容なので、リアリティがあり、読んでいて非常に面白かったです。

    この本でも何度か出てきますが、「離してみてこそわかる」という内容が印象に残りました。
    私も離すことで変わるものを沢山掴んだままにしています。

  • シンプルで分かりやすい。日本仏教以外の仏教のことはどう考えているのだろう。

  • ひょんなことから体験した禅。
    実際に修行する人はどんな生活をしているのかが分かる本。日本社会が求める”お坊さん”の役割とその修業の目的が結びついているから、本当の仏教修行と呼べるのかという問題提起が興味深かった。
    日本人はこんな内部事情を赤裸々に書けなさそう。

  • 雲水が自給自足をしているお寺、安泰寺の現住職の自伝的な本。ミーハーな話ですが、映画にしたら面白そう。
    落ち着いていて中立的な視点で書かれているのに、とても身近に感じられました。

    頭でっかちと言われていた著者が、理不尽に厳しい修行(要するにいじめ…)も含め、たくさんの経験を積み重ね変化していくのが素敵です。生きることって楽しい。

  • 2011年1月20日、初、並、帯無
    2015年6月9日、名張BF

  • ドイツ出身の禅僧の著作。

    仏教・禅の解説は既知のものだったが、寺の内部描写の方に関心を持った。
    そして読んだ結果、臨済宗が「パない」ことは分かった。

  • ドイツ出身の禅僧、ネルケ無方さんの出家のお話。ヨガの先生がブログで紹介されていて以前から気になっていた本。とっても興味深く読めた。

  • 面白かった!頭の中でしか生きていなかった、自分探しの迷子君が坐禅をして身体というものを発見し、禅僧になりたくて来日。修行を積み、いまではお寺の住職として、自給自足しながら世界各国からくる修行者に坐禅を指導しているという内容。生まれ育った文化によって身体感覚や修行に対する意識が異なり、強調しなければならない点が違うということが、今、安泰寺における最大の公案なのだそうだ。人を見て法を説くことは難しい。

    地によって倒れた者は、必ず空によって起き、空によって倒れた者は、必ず地によって起きる

  • お寺の静謐な厳かなイメージを覆される、ネルケさんの波乱万丈な修行人生が読める。お坊さんのイメージが、野蛮で粗野で骨太なものに変わった。

全34件中 1 - 10件を表示

迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)のその他の作品

ネルケ無方の作品

迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする