日本人の美風 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.60
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104367

作品紹介・あらすじ

勤倹力行、篤志、陰徳、義理、諧謔、思いやり…、この国には、不朽の礎がある。大津波から村を救った異能の実業家、分度を守り復興を成し遂げた二宮尊徳、著名な学者を唸らせた無名の人の志、貧しくても守り通した義理から生まれる人の縁、災厄のときこそ人心を慰める皇后の読書歴-日本人の美点を体現した人びとの凄みを、歴史の襞の中から見つけ出す秘話七篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の風土に育まれた風習・文化だけでなく、日本人気質までもが急速に失われてゆく世の中だった。グローバル化なんて美辞に酔い、やたら迎合して失った日本人の美風。この著でそれを認識し、多少なりとも日本に生まれた誇りを回復した。

  • 最近よくあるどこか体が痒くなるようなタイプの日本人礼賛の本ではない。優秀だが地味で控えめ、目立つことを好まない7人の日本人について書かれている。そんな感じの人々は、明治〜昭和初期の人物が多い。どの人物も非常に本好き。日本人の本好きは昔からなんだ。個人的に第一高等学校 校長であった菊池久人の言葉が身に染みた。

  • この著者の書物エッセイは楽しんで読んで来たが、本書は少々散漫になっているか。東日本大震災で注目された日本人の美風だけど、それにこだわらない方がよかったかも。歌と像しか知らなかった二宮金次郎の話は興味深かった。

  • 野口英世の話がおもしろかった。あんなにむちゃな人とは思わなかった。

  • 明治29年の大津波の際に、機転を利かして村人を助けた篤志の人々のエピソードは、3.11にも通じる日本人の美点。
    客観的に日本人の国民性を考えるには、こうした過去の人々の行動も裏付けになる。

  • 「稲むらの火」の原典がどのようなものか記されている。自分の田に火をつけて村人を救ったという話ではあるが、そのあとどのように復興をしたのかまでは知らなかった。
    今は、このような人物は残念ながらいない。

  • さあ、元気だそうって感じだな。二宮尊徳と野口英世の項に興味深い指摘あり。改めて伝記を読んでみようという気になった。

全8件中 1 - 8件を表示

日本人の美風 (新潮新書)のその他の作品

日本人の美風(新潮新書) Kindle版 日本人の美風(新潮新書) 出久根達郎

出久根達郎の作品

ツイートする