「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (74)
  • (136)
  • (59)
  • (12)
  • (7)
本棚登録 : 801
レビュー : 130
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104572

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1TWhあたりの発電方法別死者数は、化石燃料に対して原子力は圧倒的に低いので、安全、としていますが…。
    原発だけでなく、中間貯蔵施設や再処理施設で何かあった場合にその土地が使えなくなるというのはいいんでしょうか?そこに住んでいる人はどうなるのでしょうか?

  • 膨大な人が避難するマイナスは考慮されないの?など、むむっと思うところもあるけれど、①原発を止めても必ずしも安全性は上がらないこと、②耐用年数に達しない原発を止めると利益なく制御コストと減価償却のみ必要なこと、③火力発電での代替えは化石燃料の負担を生むこと、④そのコストを自分たちで払うこと、⑤高価なエネルギーは貧しい国では使えないこと、⑥蓄積されてきた原子力に関する知識や技術が失われること について、覚えておこうと思った。2012.06

  • これはひどい。
    エネルギー密度の話で強引に正当化しようとするのは
    おかしい。ヒューマンエラーこそが問題でそれに対してno thank youだということがわからないのか。

  • 久しぶりにまともな原発論を見た。

  • 著者であり、人気ブログ「金融日記」の管理人の藤沢数希氏は理論物理学の博士号を取得しているというのは、著者のプロフィール欄で初めて知った。
    本書では、原発以外のエネルギーでの発電の方が、実は死者が多く出る、低線量被ばくの危険性というのは、科学的にはほとんど根拠のないものであるなどの反原発派にとっては不都合な真実を膨大なデータをもとに証明して行く。一つ一つの主張を数々のデータや研究論文にもとづき、丁寧かつ非常にわかりやすく解説する。
    また、後半の原子力発電の仕組みに関する解説も非常にわかりやすかった。

    特に印象に残ったのは、原発が原爆にならないということの例えとして、ろうそくをどんなに集めてもダイナマイトにならないといったのは非常にわかりやすく、しっくりきた。

  • 専門家じゃないからこその客観性がある。
    こんな風に冷静になりたい。

  • 初心者向け分かりやすい、反原発ダメ論
    再生可能エネルギーは世界的に総崩れで、経済的に成り立たないことが実証されつつある。
    石炭は安いが、大気汚染の問題がある。
    原発事故の被害は大したことはない。
    事故の損害賠償金を考慮に入れても、火力のほうがコスト高。
    ガスタービンコンバインドサイクルは有望。

    太陽光発電が経済的に引き合わないのは、うちのケースでは計算済み。
    もともと独占企業が作っているわけではないので、今からコストが劇的に下がるなんて信じられないね。

  • 原子力発電は他の発電方法を圧倒する発電効率を有する.その発電効率から鑑みると安全性が高く経済的であると言える.(単位発電量あたりの人々への影響,すなわち死亡者数が少ない)

    放射線被曝という観点から見ても,原発はセンセーショナルな報道ほど健康被害はないと主張している.

    エネルギー施策が与える人々への害という観点だと火力発電がもたらす大気汚染による健康問題の方が深刻である.また発電効率の差から経済的な機会の損失がある.

    太陽光は発電や風力発電も同様で独自の問題を抱えている.

    メディアは原発の危険性をセンセーショナルに伝えるが死亡者だけで見ると交通事故やタバコ,大気汚染などの問題の方がはるかに深刻.

    経済と命はトレードオフではない(統計的には経済が豊かな国ほど,人々は健康で長生きする)

    原発は,他の発電方法に比べ発電所周辺の地域にリスクが偏るという特徴がある.しかしこれはそういった地方への税制優遇というインセンティブで対応できる.

    原子力発電の仕組み,太陽光発電(半導体)の仕組み,そのもの核分裂とはといった科学的な前提知識もわかりやすく解説している.

  • 前まではバカだったので、ニュースに印象を受け、原発は危険だと思っていたが、この本を読み、定量的に考えると、原発はもしかするとベストな発電方法なのでは、と思うようになった。
    しっかりと、数字を見つめ、統計的に考えることができるようになることを当分の間の目標とする。

  • 読んでよかった。 原発に対する考えが変わるし マスコミに対する考えも、 情報は自身で正しく判断が必要

全130件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤沢数希の作品

ツイートする