ザ・殺し文句 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
2.71
  • (1)
  • (2)
  • (13)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 112
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106958

作品紹介・あらすじ

たった一言で、仕事も人間関係も一変する。実業家、プロ野球監督、政治家等の「すごい一言」を徹底解剖して見出した10の法則。その構造を理解し、血肉とすることで殺し文句の使い手となれる驚異の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世の中の殺し文句についての解説。色々な業界で、人の心を動かした言葉の傾向を分析した一冊。
    読了して思うのは殺し文句、と言われる言葉に共通するのは相手への配慮であり、愛であるということ。
    名言では無いかもしれないが、その人の背景、考え方を考慮できていれば殺し文句になるものだと思います。以下抜粋
    ----------------------
    ・ユニクロ柳井さん→ジルサンダー
    「僕もやったことのない、あなたもやったことのないものを一緒にやりませんか?」

    ・福沢諭吉が「speech」を「演説」と訳すまで日本では自分の意見を言う時に人前で話すという習慣はなかったといいます。

    ・「当社のご提案は、御社のためになってますか?」

    ※部下への殺し文句
    ・あなただけを強調する
    ・相手の利益を語る
    ・二者択一で問いかける
    ・リスクを追って断言する
    ・プライドをくすぐる

  • 【C & P】ザ・殺し文句 / 川上 徹也 / 20170515 (47/643) <206/77537>
    ◆きっかけ
    ・日経広告

    ◆感想
    ・殺し文句は伝家の宝刀を抜く勢いで。
    ・逆に殺し文句に殺されることのないようリテラシーも必要。


    ◆引用
    ・このまま一生砂糖水を売り続けるつもりか?それとも世界をかえてみようと思わないか?(スティーブ・ジョブスが、ジョン・カリー(ペプシコーラ事業担当社長)を引き抜く時)
    ・リリーフでオレと一緒に革命を起こしてみないか?(野村克也/南海ホークス監督が、江夏豊にリリーフ転向を打診した際)
    ・殺し文句10か条
     -あなただけを強調する
       あなただだけにお話しします、お前しか頼る人がいないんだ、君だからお願いするんだ、私のことをちゃんと見てくれているのは部長だけです、あなたの力が必要助けてください。
     -相手の利益を語る
        利益は一種類ではない(金銭、名誉、地位、実績等々)
     -二者択一で問いかける
     -リスクを負って断言する
     -プライドをくすぐる
       まだ誰にも話していないのですが、やっぱり部長はちがいますね、部長が○○なので助かります
     -下手に出る
     -巧みや比喩で語る
     -大義を訴える
     -相手の発言に乗っかり切り返す
       ヒラリー:(田舎のガソリンスタンドの店主を指して)昔のボーイフレンドよ、ビル:僕と結婚してなかったら、君はこの田舎町でGSの奥さんだったんだ、ヒラリー:何言っているの?私と結婚してたら、彼が大統領になっていたのよ。
     -本気でぶつかる

    ・殺し文句に簡単に殺されないというリテラシーも必要
    ・上司への殺し文句:
     -あなただけを強調する
     -プライドをくすぐる
     -下手に出る
     -巧みや比喩で語る
     -大義を訴える
    ・部下への殺し文句
     -あなただけを強調する
     -相手の利益を語る
     -二者択一で問いかける
     -リスクを負って断言する
     -プライドをくすぐる
       君の能力を見込んで頼みたい仕事があるのだけど、簡単すぎる仕事かもしれないけど、君がいなければ、このプロジェクトは成功しなかったよ、

  • 説得して人を動かす能力に長けている人たちがどのような言葉で相手の決心をつけさせたか、経営者、野球界、政界の有名な人たちのエピソードが紹介されていた。

    後半はその名ゼリフを分析して10通りに分類し、我々も使えるように解説されていた。

    紹介された内容は成功した事例ばかりであったが、同じセリフを言っても成功しなかった場合も考えられ、その殺し文句を言ったから成功していたかは定かではないが、かなり相手の心に響くものがあったのではないかと思う。
    どの例にも共通しているが、絶対に成し遂げるのだという強い信念に裏打ちされた言葉だと感じた。

  • 言葉をうまく使える人間になりたい

  • Yotsuya

  • 前半1~3章ではスティーブ・ジョブズさん、星野仙一さん、松下幸之助さん等、偉人達が放った殺し文句を紹介。後半4~5章では殺し文句をどのタイミングでどんな事を放てば良いのかが具体的に書かれています。一度はテレビで聞いた事が有る様な事もありますが、それらについても詳しく書かれており、読み易い本です。

  • 新聞広告で気になって図書館で借りた。政治家のエピソードなどが面白い。実用編よりエピソードだけでもよかった。

    ①あなただけを強調する
    ②相手の利益を語る
    ③二者択一で問いかける
    ④リスクを負って断言する
    ⑤プライドをくすぐる
    ⑥下手に出る
    ⑦巧みな比喩で語る
    ⑧大義を訴える
    ⑨相手の発言に乗っかり切り返す
    ⑩本気でぶつかる

  • 政治家の殺文句が面白い。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

川上徹也(かわかみ てつや)
コピーライター。湘南ストーリーブランディング研究所代表。大阪大学人間科学部卒業後、大手広告会社勤務を経て独立。東京コピーライターズクラブ新人賞、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴多数。特に「経営理念」「企業スローガン」など会社の旗印になる「川上コピー」を得意とする。「物語で売る」という手法を体系化し「ストーリーブランディング」と名づけた第一人者としても知られている。著書は『物を売るバカ』『1行バカ売れ』『「コト消費」の嘘』(いずれも角川新書)など。海外にも多数翻訳されている。
2018年10月、『物を売るバカ2』を刊行。

川上徹也の作品

ザ・殺し文句 (新潮新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする