日本列島創生論 地方は国家の希望なり (新潮新書)

著者 : 石破茂
  • 新潮社 (2017年4月14日発売)
3.52
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106107122

作品紹介

「お任せ民主主義」と決別すべき時が来た。「補助金と企業誘致の時代は終わった」「官僚こそ地方で汗を流せ」――地方と中央、与党と野党、政官財、老若男女の別なく一致できる「創生への道」を示す。

日本列島創生論 地方は国家の希望なり (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  わたしが暮らすこの街のモノはどこから来てどこへ行っているのだろう。わたしのふるさとのモノはどこから来てどこへ行っているのだろう。ヒトはどこから来てどこへ行っているのだろう。カネはどこから来てどこへ行っているのだろう。そうだ、RESASにアクセスしてみよう。福島市立岳陽中学校イノベーション部の坊っちゃん嬢ちゃんはなにを考えたのだろう。

    『それ(ふるさと創生事業のために竹下内閣が全国の市町村に交付した一億円──引用者)について竹下総理にお尋ねをしたら、こんな答えが返ってきました。「石破、それ(バラまきの典型だという批判──引用者)は違うんだわね。これによってその地域の知恵と力がわかるんだわね」』58頁

  • 地方を活性化する必要性やそれをするための民間の活用方法など激しく納得。石破さんが総理大臣になることには地方再生バブルになるかも。今から仕込まないとね。

  • この人が、今政権にいないことが、首相の暴走を止められない原因では?
    もっと出てきてほしい人物

  • 総理を狙って閣外に出て、書き始めた本にしては
    なんだかイマイチも印象。
    地方でもやればできるんだ、
    こんな例があるんだという内容。

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

全6件中 1 - 6件を表示

日本列島創生論 地方は国家の希望なり (新潮新書)のその他の作品

石破茂の作品

日本列島創生論 地方は国家の希望なり (新潮新書)はこんな本です

ツイートする