誰の味方でもありません (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 78
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106108105

作品紹介・あらすじ

「正論」って、本当に正しいんだろうか。いつの時代も結局見た目が9割だし、血のつながりで家族を愛せるわけじゃない。多方面で活躍する著者が独自の視点で綴った、痛快エッセイにして現代社会論。

著者プロフィール

古市憲寿(ふるいち のりとし)
1985年東京都生まれ。東京大学大学院博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。株式会社ぽえち代表取締役。専攻は社会学。若者の生態を描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)で注目される。大学院で若年起業家についての研究を進めるかたわら、マーケティングやIT戦略立案、執筆活動、メディア出演など、精力的に活動する。著書に、『誰も戦争を教えられない』(講談社+α文庫)、『保育園義務教育化』(小学館)、『だから日本はズレている』(新潮新書)、『希望難民ご一行様』(光文社新書)などがある。2018年から小説を書き始めている。小説作に「彼は本当は優しい」(『文學界』2018年4月号)。「平成くん、さようなら」で第160回芥川賞ノミネート。

誰の味方でもありません (新潮新書)のその他の作品

古市憲寿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
若林 正恭
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
辻村 深月
又吉 直樹
小野寺 史宜
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする